ジャケットイラストも目を惹きますよね

 2008-05-07
『マクロスF』のEDを挿入曲を収録した、シェリル・ノーム starring May'n の『ダイヤモンド クレバス/射手座☆午後九時Don't be late』を購入しました。

こうしてCDで改めてフルコーラスを聴くと、劇中やEDで流れているのを聴くのとは違い、映像がない分だけ、楽曲そのものと正面から向き合って深く味わうことができます。
透明感の強いキーボードのフレーズと、そこはかとない儚さの漂う歌い出し、そして次第に盛り上がっていくサウンドと共に崩れ行く愛を歌い上げる「ダイヤモンド クレバス」。
7拍子で始まり4拍子に転じるギターイントロからドラムンベースをバックに歌い出し、押さえきれずに燃え上がる愛を情熱的かつスリリングに歌う「射手座☆午後九時Don't be late」。
どちらもアレンジにも凝っていて、マニアックさとポップさがほど良くバランスの取れている名曲だと思います。

「もってっけ~」というフレーズの突き抜けっぷりとキャッチーでノリの良いメロディーラインで、「射手座~」がすっかり話題になっていますが、個人的には真正面からバラードを歌いあげている「ダイヤモンド~」も捨てがたいと思っています。
……というか、この2曲の強いてどちらか片方だけを選べと言われたら、かなり迷うでしょうが、最終的に「ダイヤモンド クレバス」の方を挙げるかも。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/125-f1403a0b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫