バルベルデも調子、良いですね

 2014-04-24
アルデンヌ3連戦の2戦目となるのは、今年はバストーニュからスタートすることになったベルギーはワロン地方のレース、フレッシュ・ワロンヌ。

このレースは、最大斜度26%、全長1.3kmの激坂ミュール・ド・ユイ、通称「ユイの壁」が名物です。

なお、先週末のアムステル・ゴールドレースで見事に10位に入った新城幸也は、今週末のリエージュ~バストーニュ~リエージュで成績を出すことを優先する為に、このレースは出場せずに調整期間に充てています。
そんな中、優勝候補は、やはりアムステルを制したBMCレーシングのフィリップ・ジルベールが筆頭。
しかし、この日のジルベールの走りは少し振るわず、ゴール地点のユイの壁を最速で駆け上がったのは、ここのところ各地のレースで好調を維持しているモヴィスターのアレハンドロ・バルベルデでした。

春のクラシックシーズンも大詰めですが、次のリエージュがどんなレースになるのか、ジルベールの巻き返しはあるのか、新城がどのような走りを見せてくれるか、週末が楽しみでなりません。




タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1231-220f27e3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫