優勝はジルベール、そして新城が10位!

 2014-04-21
石畳が特徴的な北のクラシック3連戦の次は、アルデンヌ地方で開催される3つのレース、いわゆるアルデンヌ3連戦がやってきます。

その第1戦が、オランダはマーストリヒト近郊開催の、アップダウンの多いアムステル・ゴールド・レース。

全日本チャンピオンの新城幸也も出場したこのレース、
幾度となく折れ曲がり風の影響も大きいコースで、次第に人数が減っていくメイン集団に残り、最後のカウベルグの急坂でアタックしてそのままゴールラインを通過したのが、BMCレーシングのフィリップ・ジルベール。

過去にこの大会を2連覇したこともありながら、BMCへの移籍からしばらく不振が続いていたジルベール。
ですが、今年の彼はちょっと違います。
前哨戦のブラパンツ・パイルを優勝した勢いで全盛期の復活を思わせる完全勝利を見せました。

うーん、やはり、格好良いな、ジルベール。


そして新城も、後方集団のスプリントで頭をとって見事に10位に入賞!

解説の栗村修さんもコメントしていましたが、世界でも10本の指に入る、伝統と権威のあるワンデイクラシックレースでの10位という成績は、日本自転車ロードレース界にとってもとんでもない快挙と言えます。

おめでとう、ジルベール!

おめでとう、新城!




大きな地図で見る
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1229-d46cb59b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫