「事件記者トトコ!」 2巻

 2014-02-22
「本館」に先行する読了本紹介、今回はコミックの中から、この1冊をセレクト。

大正レトロな雰囲気の漂う世界観で、世間を騒がす怪盗のことを追う事件記者を主人公にしたマンガ、丸山薫の『事件記者トトコ!』第2巻です。
こう書くとシリアスな探偵モノのように受け取られるかもしれませんけれど、実際の内容は、ややクラシックなノリのドタバタコメディ。
そのテイストは、鉄板、と言ってもいいかもしれません。

イメージとしては高橋葉介の『夢幻紳士』(冒険活劇篇)に近いかも……
作風は結構違っていたりするのですけれども、何となく。

はた迷惑なところも多いのですが愛嬌のあるトトコ。
怪盗としての技術やプライドは一流ながら、どことなく間抜けで憎めない性格の大暗黒仮面。
そういったキャラクターの生み出すエピドードは全体的に漂うとぼけた味わいが大きな魅力となっています。
絵柄も好みのツボにはまっているので、かなり気に入っている作品の1つなのです。

この、ちょっとベタでオーソドックスな雰囲気が古臭くて苦手、という人もいるでしょうが、お薦め。

事件記者トトコ! 2巻 (ビームコミックス)事件記者トトコ! 2巻
(ビームコミックス)

(2014/02/15)
丸山薫
商品詳細を見る
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1195-8e012247

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫