立川の名物は

 2014-02-12
様々なアニメで、その舞台となる町のモデルとなることが多い、東京西部の立川。

今期も、『世界征服 ~謀略のズヴィズダー~』が、そんな立川(作中では西ウド川ですが)を舞台にして色々なネタをぶっこんできていますよね。
そんな中で、特にツボだったのは、やはり、立川駅構内にある「奥多摩そば」の名物「おでんそば」と、この地域の名物である「東京うど」。
そこで、私の持っている画像ファイルの中から、今回は、「おでんそば(がんもどき&たまごバージョン)」と、「うどの芽の天ぷら」の写真を貼ってみます。

なお、「おでんそば」の具はこの他に「さつまあげ」があり、「さつまあげ1枚」「がんもどき×2」「たまご×2」というパターンの注文も可能です。
おでん汁で煮込んだ具と蕎麦の組み合わせはなかなかのもの。
更に、この写真で がんもどき に塗っている からし がそばの汁に溶けていくと、これがまた、かなり良い味になるのです。

また、「うどの芽の天ぷら」の方は、私の実家で母が作ったものの写真になります。
天ぷらに使わなかったところ、つまり うど の、芽の部分以外はどうなったかというと、茎は煮物として、皮の部分はキンピラにして、それぞれ大変美味しくいただいています。
ちなみに、皿に一緒に盛られているのは人参の天ぷら。

「おでんそば」「うど」と言われてもイメージが湧かないなと思っていた方、それぞれ、こういうものなんですよ。

おでんそば と うど

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1189-42d6a0e8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫