シクロクロス ワールドカップ第2戦 ターボル大会

 2013-12-22
10月26日にチェコのターボルで行われたUCIシクロクロスワールドカップの第2戦が、J-Spoets で録画放送されました。

シクロクロスという競技の概略は前回のフォルケンブルグでの第1戦の時に書いていますが、最近は日本でも注目度が少しずつ増していて、色々なレースが各地で開かれたりしているようです。
確かに、シクロクロスならば、行動を使って町から町から走ったりするロードレースを開催することに比べれば、河川敷での開催里にすれば道路使用許可をとる必要が無かったりなんだりと、警察その他の関係各方面への手続きも楽でしょう。
そういう点から考えても比較的催しやすいということがあるのかも。

なお、シクロクロスもロードレース同様に、その本場はやはりヨーロッパにあります。
特にベルギーやオランダ、チェコなどのがこの競技の盛んな国として知られていて、つまり、このターボルのレースは大変な盛り上がりを見せるということです。

そんなこの日のレースなのですが、第1戦に引き続き、ベテラン勢がまたしても、メカトラブルに襲われるという展開となりました。
なんだか昨年のワールドカップでも似たような光景を見たような気がしますが……

今シーズンのワールドカップは全7戦で、シーズン序盤のこの段階で立て続けにポイント獲得に失敗したことは、ワールドカップチャンピオンの獲得の為には結構なマイナスになってしまうはず。
これは、今シーズンのベテラン勢は厳しいかな。

なお、優勝は第1戦同様、オランダの若手、ラルス・ファンデルハールでした。
出だしの勝利で弾みがついて立て続けの優勝となったのでしょうが、これが今後も続くならあるいは、というところ。

第3戦以降のベテランの巻き返しにも、大いに期待したいところです。




大きな地図で見る

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1159-ae4170a9

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫