小平霊園と深大寺

 2013-12-02
今年の7月末に母の叔父の1人が亡くなりました。

母方の祖母の弟にあたり、私も小さい頃にお世話になった人になります。
当然、葬儀に参列したかったのですが、故人の遺志でそれは行わなかったので、では落ち着いた頃にお墓にお参りしようと思っていました。
で、納骨が終わったという連絡は受けましたし、ならばそろそろかなということで、両親を始め関係各位の予定のすり合わせをして、昨日12月1日、小平霊園に行ってきました。

母によると、戦後に母の祖父が小平駅のそばに転居して暮らしていたのもあって、小平にお墓があるということのようなのですが、横浜に住んでいる両親はともかく、私は今の勤務先に勤めだしてからは比較的近くに住んでいるというのに、ここに墓参に訪れたのは今回が初めて。
東京都の運営する都立霊園の1つである小平霊園。
かなり広いということは事前情報を得ていたものの、実際に行くと、なるほど、これは、広大な敷地です。
当然ですが、事前に目的のお墓の区画番号は確認済みなので、さすがに迷わずに済みましたが……

ともあれ、暖かい日差しで雲ひとつない晴天に無風状態と、墓参りをするにはベストコンディションだった昨日。
気持ち良い空の下、しっかりお祈りを捧げてきました。

ちなみに、小平霊園には母方の祖父の家系のお墓もあります。
また、同行した兄嫁の家の関係でも、2つのお墓があるということなので、主目的であった母の叔父の墓参に加え、昨日は結局、4か所のお墓にお参りしたことになります。

で、帰りには兄の運転する車で深大寺に移動して、少し遅めの昼食に蕎麦を。
バス通り沿いにある湧水で、皆で揃って食事をしたところで私は分かれ、深大寺にお参りしてから、アパートに帰宅するという流れです。
で、蕎麦好きの身として、どうせならと、以前から興味のあった店にも行こうかと、深大寺の奥にある松葉茶屋にも立ち寄って、そこでも蕎麦を食してきました。
ここには、他にも一度味わってみたい店があるのですけれど、さすがに1日に蕎麦屋3軒は無茶なので、今回はやめておきました。

まぁ、そこは次回のお楽しみですね。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1151-2fe7c334

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫