高尾山に登ってきました

 2013-11-24
この週末の天気が非常に良かったもので、リフレッシュの為に高尾山に行ってきました。

とはいえ、この時期、しかもミシュランのガイドに載ってからというもの知名度が上がって、ちょっとミーハー的なスポットにもなってしまっている高尾山です。
当然、紅葉見物を目的としたかなりの人出が、事前に予想されます。
ですから私としては、比較的近くに住んでいる利点を生かして早起きをして出発するということを選択。
結果、8時には京王の高尾山口駅に到着することができました。

高尾山には、小学校の時に幼馴染一家と陣馬山まで行く為に訪れて以来なので、かれこれ30年振りくらいになるのでしょうか。
その時の季節がどうだったのかは覚えていないのですが、今回は、敢えてその時期を狙ってきたこともあり、紅葉も程よく見ごろになっていました。
高尾山を観光する、ということで考えれば、ベストシーズンであると言っていいでしょう。

それこそ小学生の頃は丹沢主脈縦走をするなど、かなり頻繁に登山をしていたので、基礎的な脚力はそこで養われているのか、今でも、例えば数時間の街歩きなども全然問題なく行える私ではありますけれど、山歩きとなると、また別問題。
それでも最近、また山に登りたいなという気分になってきているものですから、それで、今は少しずつこういう低めの山から観光がてらに足慣らしに登り始めているのです。
実際、今回の高尾山くらいであれば、今の私でも普通に難なく登れました。

ふむ、まだまだ捨てたものでは無いのかもしれません、これならば。

ということで、とりあえず当面の目標は、かつて頻繁に通っていた丹沢の、入門的な山であり、かつ観光スポット的な意味もある大山、ということにしようかと思います。
まぁ、これからの年末年始は何かと忙しいですし、冬の登山はまだ避けておきたいので、実際に登るのは来年の春以降になるとは、思いますけれども、

ちなみに、昼ぐらいに下山してケーブルカーの清滝駅前を通過したところ、そこには長蛇の列と、更にそれを上回るひどい人ごみが。
案の定、高尾登山と紅葉見物を目的とした人々が、続々と殺到していました。
普通に歩いて登った方がずっと早いですと職員が一生懸命にアナウンスしていましたが、なんでも、ケーブルに乗るまで70分待ちなのだそう。
そういえば、山頂へ向かう道も、かなり混雑してきていましたっけ。
やはり、早めに出かけたのは、大正解でしたね。

高尾山 薬王院

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1149-6af4b924

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫