「不良少年と彼女の関係」

 2013-11-06
「本館」に先駆けての読了本紹介、今回は蝉川タカマルの、この作品です。

お嬢様と慇懃無礼な執事、お嬢様と口は悪いが心優しきヤンキー、という組み合わせは小説にしろマンガにしろあまりにベタな設定すぎて、今さら感が半端では無く漂ってしまいます。
そこを、敢えてそのジャンルで作品を書いてきたのが、本作。

あとがきの冒頭で作者は、「執事とお嬢さまと言えば、鉄板の組み合わせではないでしょうか」と書いています。
それは確かにそういう風に言えるでしょうけれど、裏を返せば「ありきたり」であり「使い古されたパターン」であるということでもあるわけです。
で、本作の場合、そこを回避するのに何かしらのアイディアを投入するようなことをしてきているかというと、そんなことは全くありませんでした。
様式美に殉じたというか、ベタな設定とベタな物語展開に敢えて身を投じた感じで、その意味で、ワンパターンで類型化された、「どこかで読んだことのある」よくある作品で終わってしまっているのは否めないところでしょう。

そのように、新鮮味がちょっと乏しかった本作についてちょっと厳しいことを書くならば、これといった不可は無いけれども、逆にこれぞという長所も特に無い、平凡でありきたりな目立たない作品だ、と言ってしまってもいいかもしれません。

とはいえ、内容が全くつまらなかったというわけではありません。

お約束として定着している「ベタさ」を基本に忠実にきちんと押さえている分、普通に娯楽作としての面白さはありました。
あくまで「普通」レベルの話、ということでは、あるのですが。

最後に、この作者は自分の好きなジャンルの自分の好きなパターンを自分の好きなように好きなままに書いたんだろうなと、なんだか微笑ましい気分になったというのも、念の為に付け加えておきましょう。
プロとしてそれが正しい姿勢なのかどうかというのは、分かりませんが。

不良少年と彼女の関係 (メディアワークス文庫)不良少年と彼女の関係
(メディアワークス文庫)

(2013/06/25)
蝉川タカマル
商品詳細を見る
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1140-49edbc03

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫