さいたまクリテリウム

 2013-10-26
ツール・ド・フランスの主催者であるASOが、広報活動の一環として海外でツールの名を冠したクリテリウムを行うことを発表し、その開催地が さいたま新都心 と決まったことは、以前からご存知だったという方も、あるいは多くいらっしゃるかもしれません。
その「さいたまクリテリウム」の実施日は本日10月26日。
ちょうど台風27号が関東に接近するという、まさにその日の開催となったものですから、本当にレースが行われるのかどうか、あるいは中止になるのではないかと心配されましたが、幸いにも台風の直撃は避けられてレースの方も一部イベントは中止になったものの無事に開催。

私としても、余裕があれば観に行きたいなと思っていたものの、さすがに台風が不安で今回はTVでレースの生中継番組を観戦することにしました。
結果的には、午前中こそ さいたま新都心 も大雨でしたが、クリテリウムの行われる時間には太陽も差すくらいにまで回復したのは実際に走る選手のことを考えても嬉しいことでした。

さて、2.7キロメートルを20周するこのレースに出走することとなったのは、かなりのビッグネーム。
ツール・ド・フランスの冠レースなので、当然今年のチャンピオンであるクリス・フルームがいて、それ以外にも世界選手権の覇者であるルイ・コスタやリッチー・ポート、アレハンドロ・バルベルデ、ペーター・サガン、イヴァン・バッソ、マルセル・キッテル、サイモン・ゲランスなどなどという豪華さで、日本人も、現日本チャンピオンの新城幸也、別府史之、増田成幸、そして国内で活躍する選手が参加しての総勢56名によって勝利が争われました。

日本人選手の敢闘も光ったこの日のレースですが、最終盤、ラスト2周に入ったところで3人の選手が、するすると抜け出して逃げを形成します。
世界チャンピオンであるアルカンシェルのルイ・コスタと、ツールの覇者としてマイヨ・ジョーヌを着て出走したフルーム、そして同様にポイント賞のマイヨ・ヴェールを着ている2013年シーズン最多勝のピーター・サガンという、あまりにも豪華なメンバーが、それ。

ここから、ラスト1キロくらいでフルームがアタック、ルイ・コスタとサガンが牽制に入る中を一気に差を開いてそのままゴールに飛び込みました。
なんと、マイヨ・ジョーヌが優勝です。
2位はスプリント力に勝るサガンで3位はルイ・コスタ、後続集団のスプリントを制した4位がキッテルで、日本人の最高位は5位に入った窪木一茂。
積極的に逃げを打っていた別府史之は中間スプリントでポイントをしっかりと稼いで、見事にこの日のポイント賞と敢闘賞を獲得しています。

その他の各賞ですが、山岳賞はルイ・コスタ、25歳以下が対象の新人賞がピーター・サガン、チーム賞はそのサガンが属するキャノンデールでした。

非常に熱い、いいレースでした。
来年以降もこのクリテリウムが続いて、毎年10月末に さいたま新都心 に行けばその年のツールで活躍した選手の走りを生で拝めるようなことになればいいなと、是非、恒例として定着してほしいなと思います。




大きな地図で見る

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1136-1cc8f544

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫