PICASSOのライブで代官山に行ってきました

 2013-10-23
おそらく私の世代にはアニメ『めぞん一刻』のエンディングを担当していたことで、その記憶に鮮明な3人組、PICASSO。
そんな彼らが新型シュレッダーのイメージソングとしてタイアップ用の新曲を作り、更にそれが入ったミニアルバムも近日リリースすることになったそうです。

で、それに先立って昨晩、代官山でワンマンライブを行うと公式サイトで発表されたのは、実に先月末の29日のことでした。
いかにも急な話でしたが、スケジュールも何とかなりそうでしたし、前回彼等のライブに行った後に高校時代の友人に、次のワンマンライブには彼の分もチケットを買おうか、という話をしていたりしていたものですから、とりあえずすぐさま2人分をメール予約しました。

ちなみに、この友人とは先週末に一緒にカラオケに行ったばかり。
私の某国家試験の受験などもあってタイミングが合わず、かなり久し振りに会うことになったと思ったら、一週間もたたないスパンで立て続けに2回会うというのも、我ながら何だか妙な気がしないでもありません。
もともとが、色々と忙しかった事情も落ち着いてきたし、久し振りにカラオケにでも行かないかという話を先月半ばにしていて、そこにこのライブの情報が飛び込んできたので、結果的にこういうことになった次第なのです。
さて、肝心のライブなのですけれども、
今回の編成は前回から1名増えて、アコギ、ベース、キーボードというPICASSOの3人に、ゲストとしてエレキギターとパーカッション、そして弦のカルテットという、総勢9名の大所帯。
人数は多めですが、楽器がこういった編成ですので、サウンドとしてはやかましさの無い、アコースティック寄りのオトナのポップスになります。
そもそも彼等の楽曲はデビューのころから、そういった系統の色合いを帯びていて、それが他のバンドと違う魅力でもありました。
前回も今回も、その持ち味をじっくりしっかりと堪能できましたし、私の好きな曲の多いセットリストだったのもあって個人的には彼らのライブには大満足。
同行することになった友人がどう思ったかは……まあ、彼もこのグループのことは好きな方なので、楽しんでくれたものと思います。

なお今回のライブでは、前述のイメージソングが焼かれたCD-ROMが無料配布されました。
以前に別の曲で聴いたようなフレーズがちょっとだけあったりもするのですけれども、いかにも彼等らしい、なかなかの良曲です。
ミニアルバムなんて言わないで、いっそフルアルバムを出してくれないか、な。

ピカソ ゴールデン☆ベスト ヒカリモノ~PICASSO SINGLE COLLECTION PLUS~ゴールデン☆ベスト
ヒカリモノ
PICASSO SINGLE
COLLECTION PLUS

(2006/07/05)
ピカソ
商品詳細を見る
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1133-2a9dda90

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫