「風立ちぬ」

 2013-09-29
どうせそのうちTVでやるだろうしなぁと思って、劇場まで行くつもりはそこまでなかったのですけれど、たまさかそんな機会があったもので、宮崎駿監督の『風立ちぬ』を観てきました。

天気の良い土曜日ではありましたが、公開されてからかなり経つのに空席がほぼない満席状態だったのは、ちょっとびっくり。
一応、収容人数の少なめのスクリーンではあったのですが、なる程、興行収入ランキングがああいう感じに好調になるわけです。

賛否両論が出ている映画ですが、私が好きな作家やマンガ家(例えば小川一水とか)は結構な人数が絶賛していたりするので、これは実は結構楽しめるのではないかなと思ってはいたのですが……
TVで流れるPVに映し出されるのが、手慣れた構図と手慣れた演出のシーンだけだったので、宮崎駿が手クセで作った、グダグダな作品だったらどうしようかという私の不安は、杞憂に終わりました。
これは、最近のジブリ作品の中でも群を抜いて出来のいい作品かもしれません。

ただ、現実のシーンの合間に夢のシーンがわりと頻繁に挿入されたる、年代を追いつつ主人公の人生を追っていくという造りが、「いつものジブリ」というパブリックイメージ通りの作品を求めた層にはウケが悪かったのかな……?

空を飛ぶということに対する憧れ、それを実現させる「飛行機」というものの魅力に捕らわれた1人の技術者が自身の「夢」を追う姿と、彼の恋愛とを描く作品ですから、明らかに大人向け、それも30代以上くらいを狙うような、これはそんな作品でした。

なるほど、小川一水が絶賛したのも、大いに納得。

『崖の上のポニョ』や『ハウルの動く城』『千と千尋の神隠し』的なもの(『ポニョ』はともかくとして、後者2つのには、色々とオトナ向けな部分はありますけれど)を期待して劇場に足を運んだ子供連れ、とくに年齢が小さめのお子さんと一緒だったのであれば、「これは違う」という気がするのも、むべなるかな。
結構ストレートに、恋愛モノをやっていますしね。

自身の趣味嗜好をかなり前面に押し出した作品を作り、そしてその評判も上々ということで、宮崎駿の(ある種、恒例にもなりつつあった)引退宣言も、これは、今度こそ本当に本気度合いが高そう。

欲を言えば、ラストシーン、最後のセリフからエンドロールへと持って行くところがちょっとあっさりしすぎていて、そこにもう少し(例えベタでもいいから)ウェットな演出を入れてくれた方が私の好みですが、まぁ、それはそれ。
いい映画でした。

遅まきながらではありましたが、TV放送を待たず、スクリーンで鑑賞して正解ですね。

風立ちぬ サウンドトラック風立ちぬ サウンドトラック
(2013/07/17)
久石譲
商品詳細を見る
公式サイトはこちらから
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1120-d14bab66

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫