春の新番組 雑感 その3

 2008-04-13
春の新番組の視聴雑感、これでひとまずラストです。

1)二十面相の娘
原作は未読。クセのある絵柄も含め、興味は以前からあったものの、タイミングなどが合わず、まだ買うには至っていませんでした。
これは好みです。これから先の展開はOPとEDの映像から何となく察することができますが、なかなか面白くなりそうな予感がしてきますし、来週以降が楽しみです。

2)ドルアーガの塔
第2話は、第1話とはまるで違ったテイストでした。
ニュータイプ5月号におけるシリーズ構成の賀東招二のインタビューによれば、他の作品との差別化、「何か変なことやってるぞ」と視聴者に思わせる目的で、敢えてあのような構成、あのような演出と作画をしたそう。
ははあ……意図は分かりますし、そういうのは嫌いじゃないですが、さすがにあの作画(イタズラ書きも含め)は古臭すぎです。
正直、第2話以降を観るのは見合わせようかと、7割くらいは思ってました。一応GONZO作品だから、もう1~2回は観ておくかという判断、とりあえずは正解、だった、かな?結論はこれから先の展開次第、ですね。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/112-2802d6a8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫