20周年のSFU

 2013-09-24
ソウル・フラワー・ユニオンが、その前身である2つのバンド、ニューエスト・モデルとメスカリン・ドライブが発展的に合併する形で誕生してから20年。
それを記念したツアー東京公演が昨晩23日に赤坂BLITZで行われたので、行ってきました。

思えば私が彼等の音楽に注目したのは大学時代、1994年にリリースされた2ndアルバムからの PV「もののけと遊ぶ庭」を、TVK の番組で見たことがきっかけ。
それ以来ずっと活動を追いかけてきているので、私のファン歴はかれこれおよそ19年ということになります。
そりゃあ、こちらも年を取りますわな。

そんな私ですから、この20周年ライブも企画を知った段階から楽しみにし、チケットも発売日にきっちりと確保して当日が来るのを待ち望んでいました。

今回のライブはメモリアルであるから色々な曲をやる、ということを中川敬がMCで言ったりしましたが、結果的にセレクトされたセットリストは案外といつも通りという感じ。
それがファンにウケのいいラインナップでもありますし、年代的にも、古い楽曲も確かに演奏されていました。
なお、これは決して否定的な意味で言っているのではなくて、つまり人気曲を中心としたラインナップでいつも通り大盛り上がりのライブだったということです。

ちなみに、今回はゲストに、最新シングルのカップリングで「アンパンマンのマーチ」を共演したチャラン・ポ・ランタンが来ていて、1回目のアンコールは同曲が締めでした。
これが、結構ハマっているんですよね。

MCによると今年12月のライブでは うつみようこ がゲストにやってくるそう。
正直、年末のソウルフラワーは予定に入れていなかったのですけれども、これは行かなければいけないかなと、思案中です。

赤坂BLITZのソウルフラワーライブ

踊れ!踊らされる前に踊れ!踊らされる前に
(2013/06/26)
ソウル・フラワー・ユニオン
商品詳細を見る
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1117-74548546

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫