凄いぞ、ホーナー!

 2013-09-13
つい先ほど終わったブエルタ・ア・エスパーニャ第18ステージ。

今年のブエルタの最終局面で総合の行方を大きく左右する山頂ゴール3連戦の第1戦であるこの日のステージを制したのは、チームスカイのヴァシル・キリエンカ。
明らかに他の選手と登りの勢いが違いましたから、これは納得の勝利です。

そして、このステージは総合争いがかなり熱いことになりました。
41歳!のクリストファー・ホーナーが終盤にアタックをかけ、ライバル達の集団から抜け出し、勾配20%の激坂を軽快な走りで登り始めたのです。
そのままホーナーはタイム差を広げながら総合首位のニーバリ、3位のバルベルデ、4位のホアキンを引き離して、ステージ6位でゴール!
一方ニーバリ等の総合争いは、バルベルデが一時は切れかかってしまったものの、マイペースで刻んでゴール手前でホアキンとニーバリに追いつき、そのまま8位がホアキンで9位がバルベルデ、10位にニーバリでフィニッシュということに。

結果、ニーバリはかろうじて首位の座を守ったものの、2位のホーナーはわずか3秒差まで総合のタイム差を詰めよりました。
なお、3位のバルベルデは1分9秒差、4位のホアキンは2分24秒差。
ホアキンのタイム差はちょっと大きいですが、カチューシャのチームは山岳系アシストが好調かつ充実していますから、彼もまだまだ総合首位の可能性を残していそう。

明日、明後日のステージ、目が離せないことになりました。





タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1110-b046ad9f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫