優勝は、モレーノ

 2013-04-18
北のクラシックに続くアルデンヌ3連戦の初戦、アムステル・ゴールドレースは先週末の日曜日に開催されたのですけれども、放送権の折衝が上手く行かずに今年は放送無し。
なので2013年のアルデンヌ・クラシックは、第2戦のフレッシュ・ワロンヌが J-Sports での最初の生中継放送となりました。

この大会の優勝候補は大きく3名。
昨年優勝したホアキン・ロドリゲスと、現世界チャンピオンのフィリップ・ジルベール、最近好調なアレハンドロ・バルベルデになります。
しかし、終わってみれば優勝はこの3人の内の誰でもありませんでした。

コース最後の激坂である「ユイの壁」で意外性のあるアタックに揺さぶられた有力勢を、突き放して優勝したのはセカンドエース格であるカチューシャのダニエル・モレーノ。
もちろんモレーノは優れた選手ですから、この結果に納得できない点はないのですが、しかし、そうか、モレーノか……

今度の週末日曜日に開催されるアルデンヌ3戦目、リエージュ~バストーニュ~リエージュは、今回勝利を逃したジルベール辺りが巻き返すのかどうか。
これは、なかなか面白い展開になってきました。



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1033-a05ad9a4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫