祈りと共に、約束を

 2013-04-13
本日が、彼のお通夜でした。



場所は、私の住んでいるアパートから車で、高速を使えば30分、一般道なら約1時間の場所にある公営の斎場。
公共交通機関を利用するには、やや不便な立地なので、ここはマイカーで行くことに。
少々熱っぽい体調だったので、安全の上に安全を重ね、時間的な余裕もかなり持っての運転を心がけましたが、特に帰路は、涙が時々滲んできてしまって、ちょっと危なかったです。





いかにも彼らしく、ちょっとした量の缶ビールに左右を飾られた遺影に祈りを捧げていたら、彼がまだ元気だった頃を思い出してしまったのでしょう。





タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1032-104186ce

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫