……

 2013-04-09
長らく病床にあったかつての同僚が、亡くなったとの連絡が昨日の朝にありました。

年齢的には私の5歳くらい年上の人で、今の事務所に入ったのは私の方が1年くらい先でしたが、職業的な意味では10年くらいの大先輩でした。
酒癖がちょっと悪いのが玉に傷という感じでしたけれど、色々と良くしてもらった、本当にいい人でした。
現在私が挑戦中の某国家試験を見事に取得して独立開業もできるような状態になったとして、その時には、彼と一緒ならばしっかりと仕事がやっていけるのではないか、良い関係を持って、共にやれるのではないかと思っていた人でもありました。
そんな風に信頼をしていた人でしたので、2年ちょっと前に突然彼が倒れた時はかなりショックを受けました。
病状からは職場復帰はまず難しく、それどころか日常への復帰も限りなく可能性が低いと分かっていましたけれど、せめて意識が回復してくれれば、また2人で話を交わすとか、そういうことができるようになれば、と、かすかな、ものすごくかすかな望みも持っていたのですけれど……

お通夜と葬儀の日程はまだ未定ですが、おそらく、今週末になるだろう、とのこと。

こうなると、彼が生きている内に、資格取得の報告をすることができなかったのが、いかにも悔やまれます。

本当に、本当に、お世話になりました。
ありがとうございました。
ゆっくりと、安らかにお休みください。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1030-87518f59

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫