FC2ブログ

「青ノ果テ 花巻農芸高校地学部の夏」

 2020-02-22
伊与原新の『青ノ果テ 花巻農芸高校地学部の夏』は、文庫書下ろし作品。
まずは、裏表紙に印刷された粗筋を読んでみてください。

東京から深澤が転校してきて、何もかもおかしくなった。壮多は怪我で『鹿踊り部』のメンバーを外され、幼馴染みの七夏は突然姿を消した。そんな中、壮多は深澤と先輩の三人で宮沢賢治ゆかりの地を巡る自転車旅に出る。花巻から早池峰山、種山高原と走り抜け、三陸を回り岩手山、八幡平へ。僕たちの「答え」はその道の先に見つかるだろうか。「青」のきらめきを一瞬の夏に描く傑作。


つまり、花巻他を舞台に、宮沢賢治をストーリーの軸として描かれる、青春小説です。

このブログだけでなく、「ぱんたれい」の本館を隅から隅までご覧になられている方はご存じでしょうが、私は小さい頃から実家に宮沢賢治全集があり、また、賢治の童話の朗読LPを聞かされて育った関係もあって、結構な賢治ファンです。
自分自身でも ちくま文庫版の全集を揃えてしまっていますし、賢治ネタを絡めた小説や漫画やCDとなれば、それだけで無条件に「買ってみようかな」と思ってしまったりもします。

本作に関しては、それに加えて、私が結構意識していて、その著作は全て揃えていこうかなと思っている伊与原新が作者なのですから、これは、買わないという選択肢は初めから存在しませんよね。

そんなわけで、結構な期待ともに読み始めた『青ノ果テ 花巻農芸高校地学部の夏』。賢治モノというよりは部活モノ、そして青春モノとしての色彩が強いという印象です。
賢治はあくまで、それを語るための題材の1つに過ぎない。
とはいえ、それが悪いというわけではなくて、逆に効果的に賢治要素をストーリーに絡めているため、青春小説としての本作に賢治は不可分にして欠かせないものとなっています。

つまり一言でいうならば、伊与原新、上手いなぁ、ということでしょうか。

「銀河鉄道の夜」とその異稿の相違が物語上の重要な要素になるというのは、最近どこかで読んだなと思ったのですが、山田正紀の『カムパネルラ』がそういう話でしたね。
あちらは歴史改変的なSFでしたので、本作とはジャンルがそもそも異なる、テイストも大きく違う作品ですが。

本作を読んで、花巻その他、作中に出てきた地域への関心が更に増してきてしまいました。
賢治ファンを自任しているにも関わらず、まだ花巻に行ったことが無いという事実に、改めて恥じ入るばかりです。




タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫