FC2ブログ

DURAN DURAN 「Save A Prayer」 他

 2019-12-18
こういうことを書くと年齢がバレるのですが、とはいえそれは今更だろうとも思うので素直に書いてしまうと、いわゆる第2次ブリティッシュ・インヴェイジョン、そしてMTVの隆盛というのに、多感な重大に私はモロに直撃されてます。
まぁ、一番ハマってLPを買ったりしていたのは長姉の方で、私は彼女が聴いているそれらを何となく耳にしながら、いつの間にかすっかり影響を受けていたクチなのですけれど。

そんな環境でいくつものグループ、ミュージシャンのPV等を観ていた中で、自分自身も気に入ったミュージシャン、グループは複数あるのですが、今回紹介するのは、長姉自身も好きで、私もかなり気に入ったグループ、DURAN DURAN です。
まあ、長姉はその後、そちらの方向からは音楽的趣味がちょっとズレて行ったりもするのですが……
私の方は、インプリンティングがあまりにしっかりと染み込んだからか、その後も興味・関心は抜けないまま。
ついには大学進学後のバイト代とか、就職してからの給与等を注ぎ込んで、既発売のアルバムを全て買い揃えるまでに至りました。

その後も、新譜が出るたびに発売日に購入をし続けているというのは、「本館」を長くご覧になっていただけていれば、あるいは、ここに書くまでもなくご存じのことかもしれません。

今回は、その DURAN DURAN の楽曲の中から、私が彼らの音楽を好きになった頃、つまり初期の名曲として、「Hungry like the Wolf」 と 「Save A Prayer」、そしてその少し後の 「Notorious」の3曲の動画を、貼ります。
これ等は、今の耳で聴くと、確かに少し音の厚みが足りない(そういう時代でしたしね)ところが物足りなさを感じさせたりもするのですが、それをカバーして余りある、曲自体の良さがあると思います。









最後に、一度トップまで躍り上がりながら、その後少し停滞する時期があった彼らがの人気が復活するきっかけになった曲を貼りましょう。
1993年の『THE WEDDING ALBUM』に収録された、「ORDINARY WORLD」です。
素晴らしいバラードなので、是非、じっくりと聴いてみてください。





タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫