FC2ブログ

「HUMAN LOST 人間失格」

 2019-12-10
新宿で3時間ほど時間をつぶさなければいけない必要性が出てきたので、ちょうど公開中の映画、『HUMAN LOST 人間失格』を観てきました。

率直に言って、私としては本作に対して事前にはそこまでの期待はしていませんでした。
これは偏見というか、思い込みもあってのことであり、要は太宰治の 「人間失格」 を原案としてディストピアもののSFアニメを作るという発想に興味を覚えなかったんですよね、実は。
フル3DCGによるキャラ表現は、今でもそこまで好きじゃないですし。
それでも、冲方丁がストーリー原案を担当し、かつ、脚本を書いているし、それなりに面白いものになっているのではないかなと思って、上映に挑んだのですが……

いや、これは凄く面白いですね!
勝手な思い込みで忌避しようとしていたことを、真剣にお詫びしなければならないレベルです。

ガチガチにSFをしている部分がある作品なので、様々な設定には結構難しめのものも含まれています。
それ等をいちいち丁寧にセリフなどで説明していなかったりもするので、この手のSFに慣れていないと、一見では気が付かない、理解できないということもあるかもしれません。
が、それ等については公式サイトの用語解説では結構丁寧に説明されていますし、映画を最初から最後まで集中して丁寧に鑑賞していれば分からないことも無いのではないかなと思ったりもします。
まぁ、それは、この手の作品、ハードSF等に慣れているかいないかで、かなり左右されるような気もしますが。

ともあれ、想定をはるかに超えて面白くて、これなら Blu-ray 等が出たら買ってもいいなと思わされた本作、お勧めです。
太宰治の 「人間失格」 に強い思い入れを持つ人は、否定的な気分になるかもしれませんけれど……


公式サイトは こちら から

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫