FC2ブログ

「悪魔のトリック」

 2019-12-28
青柳碧人の『悪魔のトリック』は、ちょっと特殊な設定のミステリー。

作品タイトルの「悪魔のトリック」というフレーズから皆さんがどういうものを想像するかということなのですけれども、普通に考えれば、通常の人間であれば思いつかないような、大胆かつ悪辣で残酷非道な驚愕のトリック、緻密で完璧なアリバイといったようなものを指すのではないかと思うのではないでしょうか。
それを、主人公である刑事もしくは探偵が切り崩して真相を明らかにする、というような作品なのだろうなと。なる程、それならばこういうタイトルになるのも理解できるかもしれませんからね。

しかし、本作に関してはその想像は間違いです。
ここでいう「悪魔」とは、そのものズバリ、文字通りの「悪魔」すなわち Devil なのです。
魂と引き換えに願いをかなえてやろう、的なアレですね。
「えっ、それってどういうことなんだ?」といぶかしく思う人もいらっしゃるでしょうから、ここで、公式の粗筋を紹介してみましょう。

麻薬の取引現場を押さえそこねて負傷した新宿東署の刑事有馬孝信は、職場復帰後、不気味な刑事九条一彦の下で特別任務を命じられる。九条によれば、この世には悪魔が存在し、強い殺意を抱いた人間に一つだけ“悪魔の力”を授けるという。草木を腐らせる力、水を宙に浮かせる力……不可思議な力と殺しはどうつながるのか?超難解、離れ業トリックに刑事二人が挑む!


これを見て、要するにファンタジー要素を大胆に導入しているということなのかと考えられたならばそれも間違い。
本作は体裁としてはあくまで普通のミステリー、殺人があって、謎解きをすることで犯人が誰なのかを暴くという流れになっています。

もっとも、殺人のトリックに物理法則や科学常識を無視する「悪魔の力」なんていうものが絡んでいる時点で、それは通常の謎解きミステリーでは無いということになるわけですが。
それを反則と捉えるか、たまにはそういう「ヘンな」ミステリーもいいのではないかと思うか、それは読者次第。
ミステリーを読むのは好きですが、ジャンルの作法にはとりたてて拘りの無い私としては、これはこれで、まぁ面白くていいのではないかという感じです。

ラストが少しあっさりしすぎかなとは思いましたが、まずまず、楽しく読ませていただきました。



タグ :

ベトナム-クリスマス

 2019-12-24
2019年のクリスマスイブですね。

そういえば先日、マライヤ・キャリーの「All I Want For Christmas Is You」が1994年のリリースから25年を経た今年に、初めてビルボードチャートで第1位を獲得したというニュースもありました。
だからといって、ここでそれに対抗して山下達郎や辛島美登里を聞こうとは思ってはいないのですけれど、まぁ、なんぞ、ちょっとしたクリスマスソングか讃美歌といったものくらいは、聴いてもいいかもしれません。
私はクリスチャンでは無いですけど、この国においては、それは言ってもヤボなだけでしょう。

さて、クリスマスといえば、音楽だけではなく、食事においても、七面鳥他、特別な料理を用意したりするものです。
皆さんは、クリスマスの食事として何かしら特別なものを食べられたりしたのでしょうか。
一人暮らしの独身男性である私は、残念ながら、クリスマスだからといっても普段のままであって、とりたてて何にももないイブを過ごしました。
夕食はコンビニの弁当です。
何だか侘しいことを言っているなと思われるかもしれませんけれど、本人は全く気にしていません。

しかし、それでは話がつまらなすぎます。

ですので、クリスマス云々というような企画ではなかったのですけれども、ちょっと前に行くことがあって、とても美味しかった店の料理を紹介します。
大久保駅のすぐ近くにあるベトナム料理屋、「ベトナムちゃん」で食べた品々の写真です。
パクチーやニョクマムが苦手というような人には、さすがにお勧めすることはできませんけれど、どれも最高に美味しくて、大満足の一夜でした。

なお、下には写真を貼っていませんけれども、実際にはこれ等の6種類の料理の他にも、ベトナム料理といえばコレというイメージの方もいらっしゃるであろう、麺料理の「フォー」と、ココナッツミルクベースのデザートの「チェー」も、この日は食べており、それも凄く美味しかったです。


タグ :

「砕け散るところを見せてあげる」

 2019-12-22
浅野いにお の表紙イラストと、裏表紙の粗筋紹介に惹かれるものを感じたものの、ちょうど仕事他で忙しくて読書断ちをしている時分だったのもあって、ほぼ発売日に買っていながら積読の山に直行してしまい、結局そのまま今まで放置してしまっていたとのが、竹宮ゆゆこ の『砕け散るところを見せてあげる』。
この作品の粗筋は、こんな感じ。

大学受験を間近に控えた濱田清澄は、ある日、全校集会で一年生の女子生徒がいじめに遭っているのを目撃する。割って入る清澄。だが、彼を待っていたのは、助けたはずの後輩、蔵本玻璃からの「あああああああ!」という絶叫だった。その拒絶の意味は何か。“死んだ二人”とは、誰か。やがて玻璃の素顔とともに、清澄は事件の本質を知る……。


正直なところ、読んでいて気持ちいい話なのかと問われると、読了感はわりといいものの、さてどうだろうなというところです。
とはいえ、竹宮ゆゆこ のクセのある文体も作品に合っていましたし、良くも悪くも、いじめ の描写にあまり「痛み」というものを感じさせずに読ませる仕上がりでしたので、(もちろん読む人によって感じ方はそれぞれですが)そこまで重くは無い、とも言えそう。
本作では敢えて多くを語らずに済ませている部分もありますから、そこで訳が分からない、と感じる人は、いるだろうなぁ。
私も全てを分かったとは言えないのですが、そこは感覚的に何となく理解して流して読了しています。
それでストーリーが分からなくて困る、ということも無いので、その辺は、安心してもらってもいいかと。
細かいところを突き詰めようとしたら、多分、もう1回もしくは2回くらい読み返さなければいけない、かな?

ちなみに本作、Amazon 等のレビューでも書かれていますが、微妙に、桜庭一樹の『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』や 尾崎かおり の『神様がうそをつく』辺りを連想させる話であることは否定できません。
しかし、そこは確かにそうではあるのですが、いじめ 問題をこういう話に採り上げようとすると、それはまぁ、どうしたってこういう感じになるでしょう。
作者がそういった他の先行作品をどこまで意識して本作を書いたかは分かりませんが、パクりという程の類似性では無いし、そもそも、そういうところを突っつき始めると、小説全般、他の作家の他の作品等についても色々と当てはまりそうなものが出てきてしまいそうです。
特にラノベの場合、それが売れるとなったら、似たような作品が次々と出てきたりしますし。



タグ :

2019年の10冊/10枚

 2019-12-21
昨年のセレクトを振り返った先週に続いて、今週は2019年の「10冊と10枚」のセレクトをお送りします。
毎年ご説明していることではありますが、一応改めて今回も書いておきますが、これは今年に発売された新刊や新譜から選んだということではなく、発売日時は考慮せずに、この1年の間に私が読んだ、あるいは聴いたものの中から、これは良いなぁ、と思ったものを選んだものです。
なお、掲載順は私が「本館」で感想を書いた順番に従ったものであり、複数巻からなる作品の場合はその最終巻を掲載することというのが、一応のマイルールとなっています。

そんなわけで、2019年の10冊と、2019年の10枚は、こんな感じになりました。
ご笑覧いただければ、幸いです。

<2019年の10冊>


<2019年の10枚>


タグ :

DURAN DURAN 「Save A Prayer」 他

 2019-12-18
こういうことを書くと年齢がバレるのですが、とはいえそれは今更だろうとも思うので素直に書いてしまうと、いわゆる第2次ブリティッシュ・インヴェイジョン、そしてMTVの隆盛というのに、多感な重大に私はモロに直撃されてます。
まぁ、一番ハマってLPを買ったりしていたのは長姉の方で、私は彼女が聴いているそれらを何となく耳にしながら、いつの間にかすっかり影響を受けていたクチなのですけれど。

そんな環境でいくつものグループ、ミュージシャンのPV等を観ていた中で、自分自身も気に入ったミュージシャン、グループは複数あるのですが、今回紹介するのは、長姉自身も好きで、私もかなり気に入ったグループ、DURAN DURAN です。
まあ、長姉はその後、そちらの方向からは音楽的趣味がちょっとズレて行ったりもするのですが……
私の方は、インプリンティングがあまりにしっかりと染み込んだからか、その後も興味・関心は抜けないまま。
ついには大学進学後のバイト代とか、就職してからの給与等を注ぎ込んで、既発売のアルバムを全て買い揃えるまでに至りました。

その後も、新譜が出るたびに発売日に購入をし続けているというのは、「本館」を長くご覧になっていただけていれば、あるいは、ここに書くまでもなくご存じのことかもしれません。

今回は、その DURAN DURAN の楽曲の中から、私が彼らの音楽を好きになった頃、つまり初期の名曲として、「Hungry like the Wolf」 と 「Save A Prayer」、そしてその少し後の 「Notorious」の3曲の動画を、貼ります。
これ等は、今の耳で聴くと、確かに少し音の厚みが足りない(そういう時代でしたしね)ところが物足りなさを感じさせたりもするのですが、それをカバーして余りある、曲自体の良さがあると思います。









最後に、一度トップまで躍り上がりながら、その後少し停滞する時期があった彼らがの人気が復活するきっかけになった曲を貼りましょう。
1993年の『THE WEDDING ALBUM』に収録された、「ORDINARY WORLD」です。
素晴らしいバラードなので、是非、じっくりと聴いてみてください。





タグ :

1年前の10冊と10枚

 2019-12-14
毎週土曜日には「本館」に先行して、自分が読み終えた本の1冊を紹介することにしています。
でも、今回はそのマイルールには沿っていない更新です。
というのも、来週土曜の更新では、新しい読了本紹介を行わないから。
毎年の事なので「ああ、アレね」と思われた方もいらっしゃるでしょうが、要するに、今年に読んだ本、聴いたCDの中から、これは特に良かったな、と感じた10冊/10枚をセレクトする、という、雑誌などでよくあるリストアップネタをやるからです。

だからといって、今週の土曜には何も紹介しないというのも、ちょっとつまらないので、今回は、今年のセレクションを行う前に、一度、昨年を振り返っておくことにします。

今見ても、なかなかの傑作、名作揃いだなというラインナップで、2018年が非常に充実していたことがうかがえます。
さて、では2019年はどうなるのか。
それは次週の更新をお待ちいただければなと思います。

<2018年の10冊>


<2018年の10枚>

タグ :

イリヤ・クブシノブ画集 「ETERNAL」

 2019-12-12
「読んだ本」という括りは正確な表現とは言えないかもしれませんが……

書店でパッと目を惹いて仕方が無かったので、イリヤ・クブシノブの画集 『ETERNAL』 を購入しました。
今年の5月に劇場で鑑賞した原恵一監督の 『バースデー・ワンダーランド』 のキャラクターデザインを担当した、ロシア人のイラストレーターの2冊目の作品集です。
彼のイラストにどういう傾向、どういう特徴があるのかは、下に表示している表紙のイラストがいいサンプルになるかと思います。
もちろん、もっとデザインよりのマットな塗りのものや、シルエット重視のものもありますし、バストショットだけではなく色々な種類が収録されているのですけれども、「これこそがイリヤ・クブシノブである」という特徴は、この表紙から受ける印象と違いません。
もちろん、人間は成長していくものなので、あくまでそれは「現在の」特徴であり、今後、彼のイラストがどのような変化を遂げていくのかは、神ならぬ私には分かりようもないのですけれど。

書店で見かけた時に期待した以上に、素晴らしい画集でした。
これは、1冊目の画集 『MOMENTARY』 も、すぐに買わなければならないですね。



タグ :

「HUMAN LOST 人間失格」

 2019-12-10
新宿で3時間ほど時間をつぶさなければいけない必要性が出てきたので、ちょうど公開中の映画、『HUMAN LOST 人間失格』を観てきました。

率直に言って、私としては本作に対して事前にはそこまでの期待はしていませんでした。
これは偏見というか、思い込みもあってのことであり、要は太宰治の 「人間失格」 を原案としてディストピアもののSFアニメを作るという発想に興味を覚えなかったんですよね、実は。
フル3DCGによるキャラ表現は、今でもそこまで好きじゃないですし。
それでも、冲方丁がストーリー原案を担当し、かつ、脚本を書いているし、それなりに面白いものになっているのではないかなと思って、上映に挑んだのですが……

いや、これは凄く面白いですね!
勝手な思い込みで忌避しようとしていたことを、真剣にお詫びしなければならないレベルです。

ガチガチにSFをしている部分がある作品なので、様々な設定には結構難しめのものも含まれています。
それ等をいちいち丁寧にセリフなどで説明していなかったりもするので、この手のSFに慣れていないと、一見では気が付かない、理解できないということもあるかもしれません。
が、それ等については公式サイトの用語解説では結構丁寧に説明されていますし、映画を最初から最後まで集中して丁寧に鑑賞していれば分からないことも無いのではないかなと思ったりもします。
まぁ、それは、この手の作品、ハードSF等に慣れているかいないかで、かなり左右されるような気もしますが。

ともあれ、想定をはるかに超えて面白くて、これなら Blu-ray 等が出たら買ってもいいなと思わされた本作、お勧めです。
太宰治の 「人間失格」 に強い思い入れを持つ人は、否定的な気分になるかもしれませんけれど……


公式サイトは こちら から

タグ :

「叙述トリック短編集」

 2019-12-07
収録されている全編を叙述トリックものに限定するという趣向の、似鳥鶏の『叙述トリック短編集』。
昨年の9月に発売されて、石黒正数の表紙イラストにもちょっとした仕掛けが施されたことが話題になったりもした作品です。
例によって、発売後すぐに買ってはいたのですが読むのは随分と月日が経過したこの時期になってしまいました。

叙述トリックと言われてもピンと来ない人の為に、冒頭において似鳥鶏が説明しているところを引用すると、「「叙述トリックとは」、小説の文章そのものの書き方で読者を騙すタイプのトリック」であり、かつ、「叙述トリックは「作者が読者に対して仕掛けるトリック」という言われ方も」するものになります。
つまり、例えば作中に田中薫というキャラクターが登場したとして、それがいかにも男性であるような状況を重ねて誤読を誘引しておいて、実は文中の描写では男性とはどこにも書いておらず、実際には田中薫が女性であることが事件の重要なカギとなるというようなパターンですよね。
基本的に読者は作中の記述、特に地の文の記述は信用する(というか、そうしなければ小説において物語を語るということが成立しにくくなってしまいます)ものですから、それを逆手に取ったトリックなわけですけれども、それが故に、卑怯だとかズルイだとか言われてもしまいます。
で、本作は更にそれを逆手に取ったというか、だったら最初からこの作品は叙述トリックを使用していますよ、ということを宣言しておけば問題なかろうという、そういう方向で書かれた作品ということになるわけですね。

叙述トリック作品というのは、それを紹介するにあたって迂闊な説明をしてしまうと、それだけで作品として一番のキモであるところのトリックをバラしてしまうことになりかねないものです。
特に、間違っても未読の人に対して「この作品は叙述トリックを使っているんだよね」というようなことを言ってしまってはいけません。
この作品は容疑者となる登場人物たちの言動だけではなく、それ以外の地の文章などでもこちらを引っ掛けようとしてくるぞという覚悟をしながら読むことで、本来であれば心地よく騙されてくれるはずの読者が騙されてくれないというのは、作者と編集者の意図や苦労を無にしてしまうことにもなってしまいますし、何より、非常に心苦しいですから。
やはり、叙述トリックの作品は何も事前知識などを持たずに読み始めた上で、素直にトリックに驚かされるのが正しい読み方でしょう。

ですので、本作についてもこれ以上の事はここには書かないで済ませることにします。
こんな紹介で、どこまで本作の面白さが伝わったかは分かりませんが……




タグ :

「超人ロック Classic」 上巻

 2019-12-04
生誕50周年を過ぎて、現在もなお、2つの雑誌で同時連載が続いている、聖悠紀の 『超人ロック』。
その 『超人ロック』 の、作者も望んでいたという少年画報社から特別発売されたコミックスが、今回紹介する 『超人ロック Classic』 上巻。

ここには、そもそも同人サークルである 「作画グループ」 の肉筆回覧同人誌で発表された、『超人ロック』 誕生の1作 「ニムバスと負の世界」、2作目の 「この宇宙に愛を」 の2つの長編、そして 「エネセスの仮面」 と 「ライザ」 の2つの短編が収録されています。
もともとマンガを描いたこともなかったような聖悠紀が、ほぼ初めて描いたのが 「ニムバスと負の世界」 で、当然、今とは絵柄が全然違っています。
当時(1967年)の時代が反映されているなぁと思える絵は、実際、センスがあってかなり上手いのですが、今の流行からはかなり乖離しているので、この2019年にこれを見た人がどういう感想を抱くのかは分かりません。
私が初めて読んだのは、多分 『アストロレース』 のコミックスが出たころだったでしょうか(年齢がバレそうですが)。
その時で既に、古臭いなぁとか、違和感が強いなぁとか思った絵柄ですから、今のマンガに慣れた、例えば十代の人達が見たならば、果たしてどう感じるか……。

今回収録されている作品は、既にSG企画のコミックスで所有しているのですが、それでも敢えてまたコミックスを買ったのは、要するにファン心理の成せることです。
ですので、少年画報社が今回こうshてコミックスを出してくれたことに対しては、とりたてて文句というようなものはありません。
むしろ感謝しているくらいです。
ただ、強いて言うならば、「この宇宙に愛を」 の巻末カラーについても、そのままフルカラー収録をしてほしかったところですが、予算の問題とか、コミックスの値段が上がってしまうことを避ける為とか、そういう事情があったであろうことは分かるので、無茶は言えませんよね。



タグ :

「GのレコンギスタⅠ 行け!コアファイター」

 2019-12-02
富野監督のファンを公言している私の事ですから、どうせ観に行ったんだろうなと皆さん思っていたことでしょう。

はい。
隠すようなことでもないのでここでご報告しますが、現在2週間限定で公開中の映画、『GのレコンギスタⅠ 行け!コアファイター』 を劇場まで鑑賞に行ってきました。

公式HPの金のかかっていない作りとか、上映館の少なさとか、そういうところに、バンダイ及び興行サイドの本作に対する評価的なものが透けて見える気もしたりするわけですが。
それでもこうして全5部作としての劇場版製作に Goサイン が出て、そして実際に公開まで漕ぎつけているというのは、富野由悠季という人物に対する、これまでの貢献への褒賞的な意味があるのか、あるいは、以前は原作者として映像化を断固拒否していた 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 の映画化を承諾するのとバーターで劇場版が認められたのか、等々、色々と勘ぐってしまったりするのは、もともとTVシリーズの評判があまり良くなかったからです。

個人的には、面白いテーマで面白い物語になり得るものであったのに、2クールという枠に詰め込むことに失敗したなぁというのが、『Gのレコンギスタ』 に対する基本的な感想でした。
スポンサーサイドの要望に応えなければならないという義務感が出過ぎて、色々なモビルスーツをどんどん登場させて行った結果、散漫になってしまったところもあると思います。
あと、演出面、ストーリーテリングの面で、おそらく誰も監督に意見できる人がいなかったことが大きな原因となって、監督1人の思いがあまりにも強く前面に出過ぎて、結局どうにもまとまらないまま最後まで進んで行ってしまった面もあったかも。

今回の劇場版でポイントになるのは、そういう負の面がどこまで整理されて、どこまで払拭できているかというところでしょう。
どのみち、この段階でストーリーがTVシリーズとそんなに変わるわけがありませんしね。

で、そうやって観に行った 『行け!コアファイター』 なのですが……
うーん、まだこれだけでは何とも言えないですね。
とりあえず、第2部以降も劇場には足を運ぶのではないかと思います。
富野ファンの義務感もありますし。


公式サイトは こちら から

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫