2017年のブエルタが終わりました。

 2017-09-12
2017年のブエルタ・ア・エスパーニャも、先週の日曜日に無事にマドリードのゴールまでたどり着きました。

今大会で総合優勝の赤いジャージ、マイヨ・ロホを獲得したのはチームスカイのクリストファー・フルーム。
7月に開催されたツール・ド・フランスに続いての、グラン・ツール2連続制覇になるわけですが、ブエルタの開催が9月になってから、この形でのダブル・ツールは史上初だとのこと。
同一年に2つのグラン・ツールで総合優勝するダブル・ツール自体が非常に希であり、最大級に難しいと言える中、特に厳しいとされる連続する大会でのダブル・ツールは、改めてフルームの強さ、スカイというチームの強さを見せつける結果となりました。

ちなみに、今回のブエルタを自身の引退レースに選んだトレック・セガフレードのアルベルト・コンタドールは、第3ステージで体調不良により3分以上もタイムを失ったものの、その後コンディションを戻してきてからは毎ステージ、チャンスを作り出して積極的な攻撃に終始し、果敢な攻めの走りを繰り返した結果、総合では5位になっています。
しかし、コンタド-ルについては、それよりなにより、前回のエントリでも書いた、第20ステージの超級山岳アングリル頂上ゴールステージでの走りに尽きるでしょう。
なお、今大会を通してのアグレッシブな走りの結果、コンタドールは総合敢闘賞を受賞しています。
これは、偉大なチャンピオンの引退に花を添える功労賞というようなものではなく、21ステージ3週間を通じての彼の走りが勝ち取った、妥当な、そして正当であって、彼以外の誰がこの賞を手に出来ようか、というような受賞だと言えます。

ポイント賞の緑色のジャージ、マイヨ・プントスは、第20ステージを終了した時点で3位につけていたクイックステップ・フロアーズのマッテオ・トレンティンが獲得に大いに意欲を示いたのですが、フルーム要するチームスカイが、トレンティンのポイント加算許すまじ、という感じで、クイックステップの動きに張り合おうという走りを見せました。
結果、この賞は最終ステージのゴールスプリントに参加して11位にすべりこんだフルームがトレンティンとわずか2ポイント差で手にしたのですけれど、おそらく自分がグラン・ツアーのポイント賞を獲得できる最初にして最後であろうチャンスが目の前にある以上、それに挑戦しないわけにはいかなかった、というフルームのコメントを聞くと、その気持も良く分かるので、これは仕方ないかな、と思います。
クイックステップ・フロアーズというチームで考えれば、トレンティンの4勝だけでなく、イヴ・ランパルトとジュリアン・アラフィリップがそれぞれステージを獲っているので、全21ステージで6勝という圧倒的な成績を残したわけで、ポイント賞は惜しかったけれど、大成功のブエルタだと言えるでしょう。

山岳賞の水玉ジャージ、マイヨ・モンターニャは、総合争いの選手達が山岳ステージの勝負で結果的にポイントを加算して追撃してくるのを、積極的に逃げを打つことでそれ以外の山岳ポイントを稼いで何とかかわしきった、キャノンデール・ドラパックのダヴィデ・ヴィレッラが、見事にその手にしています。

総合、ポイント、山岳の3賞の順位を足した数が一番小さい選手が獲得することになるコンビネーション賞は、毎年、総合首位の選手が結果的に獲るのですが、今年もそのパターンを踏襲する結果、つまりフルームが獲得することになりました。何しろ総合1位、ポイント1位、山岳3位ですから、これはもう、圧倒的です。

チームのセレクションから当初は漏れてしまったものの、チームメイトが直前に負傷してしまったことで、急きょメンバーに選ばれたロット・ソウダルのアダム・ハンセンは、今回も見事にブエルタを完走。
グラン・ツールの連続感想記録を19回に伸ばしています。これで、来年のジロにも出場して完走したら、いよいよ記録は20回という大台に乗るわけですが、さて、どうなるでしょう。


公式サイトはこちらから

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫