「ながら」に「ながら」を重ねる

 2017-08-31
現在、TVでプロ野球の横浜-中日戦と、サッカー日本代表のオーストラリア戦を2画面視聴しつつ、杏子のCDをかけて、PCにて文章を入力中。

「ながら」 作業も大概にしろ、と怒られそうですが……
やることを複数抱えていると、こういうスタイルで作業することが普通になってしまって、個人的には、とりたてて不自然さその他は感じず、まぁこんなもんだよね、というくらいになってしまっています。
これを「通常」にしてしまうというのは、さすがに、本来なら望ましからぬことだという自覚は、ありますけれど。
それでも、ついついこんなことになってしまうのは、貧乏性のなせることなのか。

せめて、CDを聴くのはやめればいいのに、と思いますよね?
正直、自分でもそう感じないわけではありません。
でも、まぁ、聴きたいものは、聴きたいので、仕方が無いのですよ、と、ここは、開き直ってみることにしましょう。
自分以外の他人が同じことをやったら、後ろから小突き回したくなりそうな行為ですが、「他人に厳しく自分に甘く」というのも、たまにはいいでしょう。

……あっ、ベイスターズが負けた。
うーむ。

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫