「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

 2017-08-22
もともとは1993年にTV放送され、後に映画にもなった岩井俊二のドラマを、何故か今になってアニメ化したという 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』 を観てきました。
ドラマ版は未見で行ったので、余計な前知識抜きだったというのは、良かったと思います。

で、肝心要の、今回のアニメ版ですが……
うーん、やりたいことは分からなくもないのですけれど、しかし、これは微妙な。
まずのっけから、ストーリーそっちのけで気になってしまったのが、渡辺明夫のキャラクターデザイン。
いや、基本的には、彼の画は嫌いじゃないんですよ。というか、わりと好きな方のデザインであると言ってしまってもいいかもしれないくらいなのですけれど、それと、作品に合っているかいないかは、別問題。
今どき、いわゆる旧スクなのもどうかと思うし、何より、制服のスカート、あれは、無いなぁ。
作品の内容が内容なのだから、そういうところは、(主人公たちの通う中学校の校舎のデザインも含め)リアリティーを持たせて、いかにもそこにありそうな、ありふれた普通のデザインにしておいた方が、ずっと良かったように思います。
ああいう、いかにもアニメ的(それも萌え系)な制服を持ち出されても、率直に言わせていただいて、それは興醒めなだけでした。

ストーリーについては、可も無し不可も無し、かな。
宣伝方法がアレだったので、『君の名は』 的なものを求めて観に来た人も相当数いたようであり、上映終了後に「訳が分からない」などの不満の声も聞こえたのですが、私はもとからそういうものだと思って観に行っていたから、ループものの時間テーマであり、夏の夜の少年少女のちょっとした逃避行(当然、失敗前提です)の作品だと分かっていたので、問題なし。
全く明瞭ではない、そこはご自分でお考え下さい、という終わり方への批判も多いようですが、むしろ、こういう題材で、こういう展開の物語であれば、こういうラストにした方が完成度は高まるだろうな、というのが、私の意見。
主役2人の声の演技は……端的に評して、いいかげん、こういうのに俳優を起用するのはやめないかな、という感じ。
ダメダメだったとは言いませんが、ところどころに、拭い切れない違和感がありました。

基本的に、ちょとマニアックな方向に行っている映画なのを、マスにウケる作品のように宣伝しているのが、この作品にとってはむしろ致命的なミスになるんじゃないかと、そんなことを思ってしまった1本です。

個人的には、こういうのも、嫌いじゃないけれど、例えば夏休みの親子連れとか、彼女連れの一般客とか、エンタメ系作品が好きなアニメファンとか、そういう層に向けた作品じゃないでしょ、これは。


公式サイトはこちらから

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫