「血と霧2 無名の英雄」

 2017-07-22
多崎礼が、以前から一度書きたいと思っていたという、ハードボイルドな作品。
満を持してそこにチャレンジした作品の後編にあたるのが、今回、「本館」に先がけた読了本紹介に選んだ、『血と霧2 無名の英雄』です。

端的に言って、非常に面白く、優秀なエンターテインメントでもある作品でした。
が、ここでその内容について何か書いてしまうと、この作品をこれから読もうという人にとって興醒め極まりないことになってしまいそうなので今回は避けておきます。

一言でコメントするならば、これは、最後までハードボイルドであったと同時に、深く一途な愛の物語であったと言えるでしょう。
この、決してハッピーエンドとは言えない終わり方をどう受け止めるかは、読者それぞれによるところではありますが、私としては大いに満足のいく内容だったと言えます。
それに、ハードボイルドに攻めるのであれば、むしろ当然こうなるべきだとも思うのです。
なるべくしてなる、というか、このテーマでこういう展開であれば、これしかない、という感じ。

全6話で構成されている物語は、もっと丁寧かつ細かく描いて行こうと思えば、それはそれでできたのでしょう。
けれども、むしろ、必要なことのみを絞って描いてこのボリュームに抑えたことで、ハードボイルド的なストイックさが増したようにも思えます。
それは、本作の場合にはむしろプラスに働くことですよね。

ちなみに、そんな本作は読者にもかなりウケが良かったようで、(元々の部数がそれほど多くなかったということもあるかもしれませんけれど)結構順調に重版もされたようです。
ずっと作品を追いかけている好きな作家だけに、新たな出版社、新たなレーベルでの仕事で、新たな読者も開拓できていればなと思うのですが、さて、どうなっていますでしょうか。
重版こそがその証である、ということなら、何より嬉しいですけれど。

ともあれ、早川書房的にもこのセールスは満足の行くものであったというのは、おそらく間違いないでしょう。
となれば、全3部作として構想されているという本作の第2部、第3部の刊行も大いに期待されるところになります。
まぁ、一度に一作品にしか手を付けれないという多崎礼が、今は別の作品を書いている途中ですので、第2部が出るとしても、そちらが終わってからになるのは、ほぼ確実ですが。

その場合、 それまで早川書房と読者が待っていてくれるか、例えば1年後、2年後に第2部が出ることになったとして、それでも読者がついてきてくれるのか、どれがちょっと心配にもなりますけれど、ここは、なるようになる、と思うしかありませんね。





タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫