2017年 夏クール 放送開始 雑感 その2

 2017-07-20
この7月、つまり、2017年夏クールに放送が始まったアニメ新番組の簡単な感想、今回は、その第2弾になります。
これで、今期の新作については、私が視聴してみたものは一通り感想を書いたことになる、かなぁ。

1) セントールの悩み

原作は、萌え路線の日常系作品と見せかけて、実は背景にかなりシリアスでポリティカルなネタを隠している所が特徴なわけですが、さて、このアニメでそちらの方向は、どこまでやるつもりなのでしょう。
ひたすら萌えを追及するというのでも、それはそれでアニメ化としてはアリなように感じられますけれど、『セントールの悩み』 といえば、形態差別とか、種族差別、種族間紛争といった要素あってこそ、とも思うので、そこはやはり、このアニメでもある程度しっかりと描いておいてほしいんですよね。
そういう、ダークなところがあるのが、魅力なわけですし。

2) プリンセス・プリンシパル

『セントールの悩み』とは逆に、思っていたよりハードだったのが、こちらの作品。
最初に新番組情報でキャラデザインとストーリーのアウトラインを観た時には、これは、あまり私の好きな方向には行ってくれないかもしれないな、とも思ったのですけれども、蓋をあけてみたら、いやいや、これは、いいですね。
この作品の場合は、どこまでハードに行けるか、どこまでシビアに行けるか、が勝負どころになりそうな気します。
出だしの掴みは、ものすごくいい感じでした。

3) ボールルームへようこそ

原作の雰囲気を、比較的再現できていた、かな……?
多々良 は、もっと情けない声のイメージでしたけれども、まあ、でも、今回のこのアニメくらいの感じが、ちょうどいいのかもしれません。
原作のどの辺までのアニメ化がされるのか、それは調べていないのですけれど、ちーちゃん は、出てくる、んですよね……?
彼女の存在も、この作品にとっては大きいと思いますし。

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫