ドーフィネは、フグルサング

 2017-06-12
フランス南東部のドーフィネ地方で、毎年この時期に行われる約1週間のステージレース、クリテリウム・ドゥ・ドーフィネが、全日程を終えました。

今年のドーフィネは全日程を通じて好転に恵まれ、むしろかなり暑そうに感じられたくらいでした。
そんな強い日差しの中で行われたレース。
7月のツール・ド・フランスに向けて調整をすべく、各チームの総合エース候補が出場してきて、コンディショニングの仕上がり具合を確かめる、というのは例年通りの風景だったのですが……

ツールでの総合優勝最右翼と目されているチームスカイのクリストファー・フルームや、そのライバルになるトレック・セガフレードの
アルベルト・コンタドールといった辺りの調子が今一つ上がっていない。ということが何となく感じられた大会となった気がします。
概ね全日程で絶好調ぶりを見せつけたBMCレーシングのリッチー・ポートも、最終日に大失速をしてしまいましたし、何だかこの先が微妙だなという感じです。

で、今大会の総合優勝が誰の手に渡ったか、ということなのですけれど、これは、最終日に1人ずば抜けた逃げを見せた、アスタナのヤコブ・フグルサングでした。

もちろん、ドーフィネで勝てば即ちそれがツールでの勝利を約束するわけではありません。
また、仮にここでコンディションが悪くても、7月になってツールを3週間走っている間にどんどん調子が良くなることもあり得ます。

とはいえ、ドーフィネを制した者がそのままツールをも制することも多いのも事実。
その辺りも含めて、ツール・ド・フランスの開幕が怖くもあり、同時に待ち遠しくもあり、という感じで、こりゃあ何があってもおかしくないかもしれないぞ、とまで考えているのは、近年は無かったことかもしれません。


公式サイトはこちらから

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫