「王の心 再臨飛翔の書」

 2017-06-10
富野由悠季の書いた「王の心」3部作の最終巻が、今回紹介する『王の心 再臨飛翔の書』。
カロッダの大地が人々のアウラ・エナジィの力で天空を目指して浮上し、宇宙を旅することを目指す様を描いた本作は、グラン王の一族が織り成す、血と策謀と死と性とに塗れた物語です。

地球から浮き上がって宇宙を目指す大地(≠舟)とオーガニックなエナジィという設定は、おそらくではありますが、『機動戦士Vガンダム』以後、精神的に少し病んで本作を執筆していた富野監督の、復帰作品であった『ブレンパワード』の原型となったのではないか、とも思えますね。
「アウラ・エナジィ」というのはつまり「オーラパワー」ですから、その辺は一連の「バイストン・ウェル」サーガにも連なる部分が無きにしも非ずですし、砂漠のように荒れた大地と空に浮かぶ島、という設定からは、同じく富野監督のオリジナル小説である『シーマ・シーマ』全3巻も思い出します。

ただし、これは別に、それぞれの話に歴史的な繋がりがあるとか、登場人物や物語がどこかで共有化されているとか、そういうことは意味していません。
あくまで、富野由悠季という1人のクリエイターの頭の中、アイディアやイメージの変遷というか、どういうことを考えているのか、ということが窺えて面白い、ということです。

一番悪い時には、自宅から出ることもできないくらいの鬱状態にあった富野監督。
そのメンタルをそのまま作品に封入するということは、さすがに彼もしていないのですが、とはいえ、書き手の精神状態から作品が完全に解き放たれるべくもなく、本作のそこかしこには、その鬱の気配が濃厚に漂っていて、それが個性というか、富野作品の中でも少々独特の空気を感じさせるものにもなっています。

描かれているのは人が生きるということ、その過程で生じる愚かしさや悲しさ、優しさ、美しさ、哀しさ、悪しき様や善き様、つまりは「業」とでもいうべきものであり、しかしそれを越えてみせれば生命は希望に至ることができるかもしれないということです。
それは富野由悠季の常なるテーマですが、それが特に際立ったいる、極みにあるのが、『王の心』という作品なのかもしれません。
その分、観念を文章で弄んでいる感があって、エンターテインメントになれずにいる部分もあるのですが、「文学」というものに憧れを抱いている富野監督にとっては、文筆業のところでこういう作品を描けたというのは、結構な達成感もあったのだろうなというのは、想像に難くありません。

多くの死を呑み込んでフローランドし、宇宙を往く船となった、未来のカロッダの地でのとあるシーンが語られるエピローグも、歴史になる、というのはこういうことだよな、と感じさせられて、しみじみとさせられました。
なるべく精神的にも肉低的にも元気な時に読むこと、という条件付きで、富野小説のキモの部分を濃厚に味わえるものとして、興味をちょっとでも覚えてもらった人には、是非ご一読をと、お勧めできる作品なのですが……。

何せ、平成8年の出版から既に20年以上が経過していますし、メジャーな作品でも無いので、モノは既に絶版。
今からだと、入手することも難しいかもしれません。

そういうものをここで採り上げるというのも酷い話かもしれませんが……非常に刺激的に、面白く読ませてもらったので、そういうところはこの際目をつぶって、紹介させていただきました。



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫