ん、んん~?

 2017-05-07
2週続けて週末に皇居周辺に行っているのですが、赤坂の方で用事があったりしたついでに、散歩がてら、そこからゆっくり神保町方面に歩くということをしてきました。
で、その途中、ちょうど国立劇場の前あたりの内堀通りで、ちょっと首をかしげる表示を見つけたのです。

それが、下の写真なのですけれど……

街路樹の一部が途中で伐採されているのが、見て取れると思います。
これは、下水道について何らかの工事を行っていて、その支障となる為にこういうことになったようです。
せっかく立派な街路樹なのにもったいないな、とは思いますが、工事の為に根や枝が邪魔になるというのならば、これもまた致し方が無いことでは、あります。

しかしここで強烈に違和感を感じたのは、伐採された木の幹に貼られた通知文です。

写真をクリックすると、その分を拡大した画像が別画面で立ち上がるようにしてあるので、一度、見てみていただければと思うのですが、「一時的に撤去しております」というのは、ちょっと、それは表現としてどうなんでしょう。

これだと、工事中はどこかよその場所に動かして、工事が終わったらそのまま戻してくるかのようです。
それにしては、根から丁寧に掘り起こして運んだ、という体でも無いですし、これはどういうことだ、と思って、そのまま通知を読み進めたら、とりあえず、その疑問は解消。
要するに、実際には、ここにも書かれているように、工事終了後に苗樹を植えるということのようです。
ですが、ちょっと待て。
それを「一時的に撤去」とは言わないのでは?

私自身、これまでに、他人のことをどうこう言えないようなことを色々とやらかしてしまったことがあるので、正直、偉そうにすることはちょっとできないのですけれど、しかし、うーん、これには、もう少し良い表現があったのではないか、という気持ちが湧き出てしまうのを止めることはできませんでした。



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫