バルベルデ、そしてスカルポーニ

 2017-04-24
その歴史の古さから(何しろ今回が第103回です)、「ラ・ドワイエンヌ」すなわち「最古参」とも呼ばれる、リエージュ~バストーニュ~リエージュ。
ベルギーのワロン地方で行われるこのレースを以って、春のクラシックシーズンは終わりを告げることになります。

水曜日のフレーシュ・ワロンヌを制して絶好調のアレハンドロ・バルベルデを優勝候補筆頭として、今年も様々な有力選手が出走するこのレース。
一番最初にゴールラインを走り抜けるのが誰になるのか、大いに興味を覚えつつ、生中継を待っていたのですが……


この週末は、リエージュの事よりも何よりも、(アルベルト・コンタドールがドーピング疑惑に絡んで総合優勝の座をはく奪された結果とはいえ)2011年にジロ・デ・イタリアで総合優勝をした偉大なるチャンピオン、ミゲーレ・スカルポーニが、まもなく始まる今年のジロに備えた早朝練習で自宅から出た後に、交差点にさしかかったところで前方不注意のトラックと衝突、亡くなってしまったという
ニュースの衝撃が、あまりに大きすぎました。

穏やかな性格の人格者として知られたスカルポーニ。
最近はアシストとしてグラン・ツールでエースをアシストする姿を見ることが多かったですが、その雄姿は、今でも私の記憶に残っています。


そんなスカルポーニへと勝利を捧げようというのでしょう。
ライバルを振り切って天を指さしながらゴールラインを先頭で通過したのが、優勝候補のアレハンドロ・バルベルデ。
スカルポーニとバルバルデは同年代ですし、方やイタリア、方やスペインと国籍は違えども、おそらくジュニア時代から多くのレースを一緒に走ってきたという、長い付き合いの友人とも言える間柄だったことでしょう。

バルベルデはこのレースこれで4勝目。
今年も好調な彼は今年も秋のシーズン終了まで、勝利を量産して行くのでしょうね、きっと。


公式サイトはこちらから

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫