「旅猫リポート」

 2017-04-10
最初は文芸春秋から、続いて講談社から単行本が刊行され、その後、一部の難読漢字をひらがなにし、総ルビを振って児童書レーベルでの発売となった、有川浩の『旅猫リポート』が、今回、「本館」更新前に紹介する読了本。
ちなみにその後に通常の文庫にもなっている本作なのですが、私が買ったのは、それよりも前に出ていたこの青い鳥文庫版なので(つまり、それだけの間、積読状態になっていたということでもあります)、以下は、それを前提として描かせていただきます。

実のところこの作品については、村上勉の挿絵のイメージもあって、有川浩が典型的な児童小説を書いたんだなと、どうせ猫と少年の一夏の旅的な話なんだろうなと思って、あまり触手が動いていませんでした。
が、実際に読んでみると、そういう私の予想とはちょっと違っていて、これは、なかなか面白い。

とある事情から愛猫を飼えなくなってしまったサトルと、その飼い猫であるナナ。
彼等が新たなる飼い主候補のところを廻るという物語は、前述の通り、作品タイトルと表紙イラストから予想してたものとはちょっと違っていましたが、ペットと飼い主の交流を、ペット側の視点から描く、という基本認識はズレていませんでした。
この旅を通じてサトルは各年代で出会ってきた友人達と会って旧交を温め、ナナはサトルと友人との会話などから、サトルのこれまでの人生を振り返ることになる、というのが本作の仕掛けです。
完全に児童向けかどうかと問われると、若干、どうかなと思う部分もあるのですけれども、しかし概してこれは、児童文庫化する価値のある作品だと感じました。

ベタに徹しているようなストーリーはいかにも有川浩らしいもの。
それはありきたり過ぎてつまらないということに繋がりかねないのですが、しかしこういう題材だとそのベタさは実に有効に働きますね。
一歩間違えば感動の押しつけに堕すところを、微妙なところで踏みとどまることができていますし。

こういう作品を十代前半の少年少女に読んでほしいというのは、出版側の好判断、だと思います。



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫