ZABADAK 31周年ライブ

 2017-03-26
今年になってからというもの、何かと細かいことで慌ただしくなっているので、しばらくはライブに行ったりするのも封印かな、と思っていました。
音楽好きを自認する身としては、ちょっと寂しいものがあるのですけれども、今の自分がまず何からやっていかなければならないか、というのを考えていくと、ライブよりも優先順位が上のものが、あるのです。
それでも、ちょっと、これだけは行かなければというライブがありました。
それが、25日の夕方に、鶯谷の東京キネマ倶楽部で行われた、ZABADAK の31周年ライブ。

昨年7月3日に 吉良知彦さんが急死してしまって、これは解散になってしまうのだろうなと覚悟した ZABADAK。
けれども、残された小峰公子さんやサポートメンバーの意思でユニットの継続が決まって、開催が決まっていたライブをこなしてきました。

思えば、吉良知彦さんが最初に倒れたのは、昨年の3月21日、30周年ライブの2日目でした。
「因縁」と言ってしまうとちょっとアレですけれども、そういう流れの中で、約1年後に同じ会場で行われる31周年ライブです。
なんでも、吉良知彦が倒れた後に、来年もここでライブをしないか、というような話を、東京キネマ倶楽部側から提案されたということのようなのですが……
これは、吉良知彦のファンとして、どうしたって行かないわけにはいかないでしょう。
昨年のお別れ会等は、某国家試験の直前だったので涙を呑んで行かないことを選択しただけに、なおさらです。

ZABADAK のサポートメンバーは実力者揃いなので、吉良知彦がいなくなってしまったとしても、演奏の内容自体はハイクオリティーで圧倒的になるだろうということは、心配していませんでした。
それでも、コアとなっていた吉良知彦の存在がそこから永遠に失われてしまったということが、バンドにどのような影響を及ぼすのか分からず、どんな変質をしてしまっているのかが、実のところ、ライブ前は少し不安でもありました。

ですが、それは杞憂であったようです。

もちろん、吉良知彦の歌とギターがそこに無い以上、それは以前の ZABADAK と同じものではありません。
けれども、そこに流れている魂は同じだった。
感じられるものはこれまでの ZABADAK と確かに陸続きだと言えるものだった。
思うところがあまりに多すぎて、今はこれ以上何も書けないような状態なのですが、それでも一つだけここに感想を書くとするならば、非常に感動的なライブだった、ということに尽きます。

ZABADAK はこれからも活動を続けるそうなので、これは応援をしていかざるを得ないですね。




タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫