「魔導の系譜」

 2017-03-25
第1回創元ファンタジイ新人賞優秀賞受賞作であるという、佐藤さくら の『魔導の系譜』を読了。

本作、この賞の審査員の1人だったらしい三村美衣の解説文によると、主に異世界を紙面に幻出させる表現力という点でふさわしくないという意見もあったのを、そこを全面的に改稿するという条件を付しての受賞となったのだそう。
つまり、そうして手を入れた後に出版されたのが、つまり本書ということになるわけですが……
投稿版は当然読むこともできないので、その辺りがどのように変わったのか、というようなことは分からないながら、とりあえず、この発売版では特にそこで気になるようなことはありませんでした。
そこは、作家本人と担当編集とが頑張った結果ということでしょう。

魔導士が虐げられている国で、絶対的な知識を誇りながらも、根本的な実力不足により三流の烙印を押されて田舎で私塾を開いている魔導士レオン。
そんな彼の元に、被差別民族の出身で幼い頃に野盗に家族を殺されて、潜在能力は桁違いながらも魔導を学ぶことを拒み続けてきた少年ザクスが預けられることから物語は始まります。
端的に言えば、いかにも東京創元社から出された作品という感じの、渋い王道ファンタジーですね。
ライト要素は、ほぼ無いので、本格ファンタジーが好きな人でなければ手に取りにくいだろうなとは思いますが、そこそこ、楽しませてもらいました。

活字が小さい上に全470ページというボリュームで腰が引ける人もいるでしょう。
とはいえ、読み応えがあると同時に、最初から最後まで一気に読ませる程度の魅力はあるので、そこは安心して手に取ってみてください。

ただ、あらかじめ言っておきますが、本作は終わり方にちょっと難ありです。
破綻しているとか、物語としてどうかしているとか、そういうことではないのですけれども、正直「えっ、そこで終わり?」と感じてしまうのは否めません。
まぁ、作品のテーマはあくまでもレオンとゼクスの師弟関係にあるのだから、そこが描けていればいい、とするのであれば、これはこれで問題無しなのですが……
個人的には、そうだとしても、もう少し色々と描写をしておいてほしかったと感じました。

幸いにもこの第1作がそれなりに講評だったようで、シリーズ第2巻が既に発売されていますから、そちらを読めば、この不満は多少、解消されるのかな?



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫