黒猫や日本郵便には、常々お世話になっています。

 2017-03-15
先月くらいから、Amazon.com に代表されるネット通販が大隆盛であることの影響で、ヤマト運輸や日本郵便といった配送業者に過剰労働という皺寄せが行ってしまっているというニュースが、散々報じられていますよね。
即日発送、翌日配達というようなスタイルは、Amazon が他社に勝つ為の戦略の1つとして積極的にやっていることで、これまではそれが有効に働いてきたのかもしれません。
が、普通に考えても、Amazonプライムの月額会費だけで、その体制が維持運営できているとはとても思えなかったのも事実。
案の定、その分だけ下請けの配送業者に負担がかけられていたわけで、その蓄積された軋みが、電通の過労自殺問題あたりをきっかけにして噴出した、という感じでしょうか。

私も、色々と便利なことが多いのでネット通販はしばしば使わせていただいます。
が、実際問題、初回配達が平日の日中だったりすると、サラリーマンにはそこで荷物を受け取るのはなかなか難しいというのが、正直なところですよね。
なので、どうしても再配達を依頼せざるを得なくなってしまいます。

それでも、何度も無駄足を運ばせるのは申し訳ないと、指定した時間には絶対にアパートにいるように(たまに、残業をせざるを得なくなる例外はありますが)余裕を持って帰宅できるようにしてはいるのですが……
TVニュースのインタビューなんかを観ている限りでは、気軽に再配達依頼をするだけしておきながら、その時間に家にいないことばかりだと悪びれずに言う人や、宅急便はそういう商売なのだから何度も配達するのがむしろ当たり前のことで気にすることは一切無い、と考えているような人が、案外と多いような感じです。
確かに私も、急な残業などでどうしても帰ることができなくて、結果的に再々配達を依頼することになってしまったことが、それなりにあります。
そんな時はかなりの申し訳なさを感じて依頼をかけているのですが、インタビューを受けていたあの人達には、そういう感覚が希薄なのか、あるいは、もしかしたら、最初から無いのでしょうか。
マスコミお得意の印象操作による誇張なのか、それとも本当にそうなのか、ニュース映像を見ただけでは私には分からないのですけれども、もし後者だとしたならば、個人的には、その感覚はちょっと信じられません。

宅配ロッカーやコンビニ受取をもっと活用するというプランも、あるにはあるようなのですけれども、コンビニが倉庫化してしまう恐れも言われていて、後者はどうなんだろうと疑問を感じてもいます。
前者も、設置に意外と費用がかかるようですし、複数の荷物を受け取るのには向かないらしいですから、とかく小分けにして送ってきがちなネット通販の荷物を受け取るのには、今一つ、適さないような気が……

再々配達時から有料にして別途料金をとるとか、時間指定枠を変更する等という対策、そして、そもそもの宅配料金を値上げするとか、そういうことが現時点で報じられていますが、それもこの際やむを得ないのかな、というのが私の現時点での感想でしょうか。
ヤマトにも日本郵便にもお世話になっていますから、なるべく、両者にとって良い解決策に話がまとまればいいのになということを、強く思うこのごろなのでした。



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫