「シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱」

 2017-03-04
今回、「本館」に先がけて紹介する読了本に選んだ高殿円の 『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』 は、ホームズ作品の時代設定を現代に変えて描くという趣向のドラマ 『SHAROCK』 が好きな作者が、その女性化版を書こうと思って執筆した作品だとのこと。

第二次アフガン戦争帰りだったジョン・ワトソンは、タリバンとのアフガニスタン紛争帰りの女医ジョー・ワトソンになりましたが、負傷してロンドンに帰ってきた後に知人の紹介で、警察からの捜査依頼を受けて犯罪捜査などを請負う「顧問探偵」をやっているというシャリー・ホームズと同居をすることになるという流れは、本家のシャーロック・ホームズをなぞったもの。
そうして知り合ったシャーリーが、スコットランドヤードからの依頼で事件の謎を解決していくところをジョーが見る、というのが、今作の内容です。
これは、タイトルからも一目瞭然のように、ホームズシリーズの処女作である「緋色の研究」へのオマージュになっていますよね。
そこに、どのようにオリジナリティーを加えていくかが、こういう作品の見所の1つでもあるでしょう。

ラノベっぽさが前面に押し出されているのが本作の特徴で、発表媒体こそ、雑誌 『ミステリマガジン』 というガチのミステリー王道を行っていますが、内容的にはかなりラノベチック。
それは本作が、あくまで 『SHAROCK』 の女性化版であって、コナン・ドイルのホームズ物の女性化版ではない、というところからくるテイストの違いとか、シャーリーが、作中でまさに開催されている最中の2012年ロンドン五輪において、馬術競技で金メダルを獲得していたりすることとか、シャーリーやホームズの抱えている過去とか、そういうところのアレンジ、キャラクター付けが、ラノベっぽいんですよね。
といっても、萌え系のハーレムものだったり俺TUEEE系というようなことではなくて、どちらかというと古き良き少女小説やジュヴナイル小説の匂いが残っているような感じかもしれません。

とはいえ、萌え的なものを目指して書かれたわけではないから、そこに萌えが認められないかというと、それとこれとは全くの別問題ですよね。
本作、そういう目で読めば、シャーリーとジョーとの関係のライト百合的なものを楽しむことができますし、レストレード警部もホームズの兄のマイクロフトもモリアーティ教授も女性化されているので、妄想を広げようと思えば、そこも可能でしょう。
更に言ってしまえば、シャーリーもジョーも既に成人している20代後半の女性なのですが、ノリにどこか学生的なものが感じられたりもするのは、これもまた、ラノベ的なところでしょうか。

 シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱
 (2016/12/20)
 高殿 円
 商品詳細を見る


タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫