「泣くなブタカン! ~池谷美咲の演劇部日誌~」

 2017-02-25
今週紹介する、青柳碧人の『泣くなブタカン! ~池谷美咲の演劇部日誌~』は、シリーズ3冊目にして最終巻。
非常にざっくりと内容を説明するならば、前2作品で強烈な個性を放っていた早乙女先輩たちが卒業し、最高学年の3年生になった主人公の演劇部生活を描く内容となっています。

ちなみに今回は、帯にも背表紙のあらすじ紹介にも「青春ミステリ」の文字がありませんでした。
全4章のそれぞれが軽く謎解きの形式にはなっていて、一応「日常の謎」系と言えなくもないかな、という感じではあるものの……
作中に読者に必要十分なヒントを与えて、真相を独自に推理することを可能にしておくというミステリーの文法から考えると、これをミステリーだと言うのはさすがにちょっとアレかなという判断がなされたのかも。

とはいえ、そのことと本作が面白いか面白くないかということの間には特に関連性はありません。
青春部活モノとしてはきっちりと楽しませてくれましたし、個人的にはもともと第1作目からこれをミステリーと称することには疑問を持っていたというのもあって、その辺は、まぁそうなるよね、という感じです。

ストーリーを読者に楽しませる、という点ではしっかりしている本作。
私が今回一番評価したいのは、高校生活と部活道との結末を、よくあるような美辞麗句的なものに終わらせず(そういう作品は、それはそれで好きなのですけれど)、そこに一定のリアリティーを持ち込んできたことです。
具体的に書くのはネタバレにもなるので本来は避けるべきではありますが、そこを敢えてちょっと触れるとするならば、例えば大学受験と部活動のどちらを優先すべきかとか、高校卒業後も演劇を続けようとする人間がどれくらいいるのかとか、そういった話。

もともと出だしからして、いくら高校演劇とはいえ、経験の全く無かった人間が突然舞台監督なんて重要な仕事をこなせるものだろうか、というリアリティー欠如に関する疑問を内包して始まっているシリーズでしたけれども、それも、このラストで差引プラスになった、かな?

 泣くなブタカン!
 ~池谷美咲の演劇部日誌~

 (2016/11/28)
 青柳 碧人
 商品詳細を見る

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫