Francis Cabrel 「hours-saison」 他

 2017-02-02
私が Francis Cabrel のことを知ったのは、ベルギーに暮らしている長姉から、「これ、いいよ」と教えられたのが最初でした。
時期ははっきりとは覚えていないのですが、多分、2002年に姉のところに遊びに行った際に、だったかな……?

それで、とりあえず幾つかのアルバムを手に入れてみたのですが、なる程、これは確かに彼女が強くお薦めしてくるだけあって、かなりいい感じでした。
「フレンチポップ」という言葉から想像するのがどういうものか。
Sylvie Vartan だったり、France Gall だったり、Michel Polnareff だったり、Clémentine だったり、Serge Gainsbourg だったり。
挙げられる名は、人によってそれぞれでしょう。
私の中にも、単純に「これこれこういうものです」と説明するのはちょっとできないのですが、「フレンチポップ」とは大体こういうのを指すよね、というイメージがあります。
で、この Francis Cabrel は、その私の中の「フレンチポップ」のイメージの、わりとド真ん中を行くような音楽をやっています。

Francis Cabrel は1953年生まれのイタリア系フランス人、ということですから、今年で 64歳 になる、のかな?
ノーベル文学賞を受賞した Bob Dylan が好きで、ギターをつま弾くシンガー・ソング・ライター な彼は、現地フランスでは相当な人気ミュージシャンで、ヒット曲も多数あるようです。
日本では、その知名度はあまりないようですけれど……。
歌詞がフランス語で、何を歌っているのかがなかなか分からないというのが、結構大きなポイントだと思いますが、特にこういう、じっくりと聴かせるタイプの音楽である場合、パッと聴いて、歌の内容が理解できないのは、セールス的にはかなりのマイナスになるでしょうから、まあ仕方が無いのかな。
そもそも、レーベルの方で、どれだけ日本に売り込みをかけたのか、わかりませんし。
Francis Cabrel 本人にしても、日本での売り上げを求めてプロモーションなどをせずとも、既に十分過ぎる程の額の稼ぎは本国の方で叩き出しているので、何としてでもここに市場を開拓しようと、貪欲になる必要性は無いでしょうしね。

ともあれ、そうして買った数枚のアルバムの中で、私がちょっと気に入った曲の動画を2つと、それ等の収録されているアルバムのジャケット写真を、いつものように貼ってみます。
何せビッグネームなミュージシャンですので、これ以外の曲も Youtube には色々とアップされていますから、今回のエントリを読んでちょっと気になった、という人は、それ等もチェックしてみては、いかがでしょうか。





 hours-saison
 (2015/9/11)
 Francis Cabrel
 商品詳細を見る


タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫