FC2ブログ

ルルティア 「トロイメライ」 他

 2019-06-26
ルルティアの音楽に私が初めて触れたのは、たしかTVアニメ 『ポポロクロイス』 を視聴してOPの「トロイメライ」を聴いた時だったと思います。
ちょっと儚い感じのあるウィスパーボイスで、歌詞はともかくとして、楽曲の雰囲気としては作品世界に合った楽曲が歌われていて、すぐに気に入りました。
そこで、シングルを買い、さらにアルバムにも手を出してみるという、定番な流れで彼女の音源を次々と聴き始めてみたのです。

当時の話になりますが、基本的に、ウィスパーボイスで歌うようなスタイルは、私の好みのド真ん中からは外れていました。
それでも音源を揃えよう、揃えなくてはならないというような気になったのは、それだけ、ルルティアの楽曲のクオリティーが高かったからだと言うことができます。
まず言えるのは、メロディーラインが美しいこと。
そして、アレンジが何気に攻めの姿勢を貫いていたりして、ツボにはまった楽曲が多いこと。
肌にヒリつくような歌詞がいいこと(ヤンデレ路線だと言われてしまうかもしれませんけれど、繊細で、触れたら壊れそうな危ういところがあるのが、楽曲のスタイルにも合っていて、良い感じなのです)。
そんなところが、私がルルティアで気に入っているところになるでしょうか。

それでは、まず、『ポポロクロイス』絡みの楽曲を2つ。
ルルティアの中では毒の少ない部類の楽曲になると思いますので、入り口としては最適化と思います。





続いて、攻めの姿勢が出ている楽曲も2つ紹介します。
私が彼女の音楽に本格的にハマることになったのは、これらを聴いてからということになります。
好みの割れるようなところもあるかもしれませんけれど、それくらいに尖っていなければ、数多のミュージシャンの中で個性を出すことはできないでしょうからね。
ただ、それだけ尖って一般的なウケる楽曲から離れたが故に、メジャーとの契約が続かなかったというのも、あるのかな……
それが彼女の音楽性だから、仕方がないですけど……
本当は、こういうのが広くウケるような日本ミュージックシーンであれば、個人的には凄くうれしいなと思います。
これは、ルルティアだけでなく、他にも多くのミュージシャンについて、常々感じていることではあるのですが。





今回のエントリーを読んでルルティアに興味を感じていただけたなら、嬉しいです。
今からだと入手し辛いアルバムも多いのは難点ですけれど。

タグ :

陣内大蔵 「いと小さき君のために」 他

 2019-02-07
陣内大蔵のことを私に教えてくれたのは下の姉でした。
その姉は姉で、彼女の友人から陣内大蔵の1stアルバム 『Moratorium』 や 2ndの 『PRAYING NIGHT』 をカセットに録音したものを借りていたのであり、それを私も聴かせてもらったというわけです。

それで、特に 『Moratorium』 の完成度と質の高さに私はすっかりやられてしまい、一発で陣内大蔵のことが好きになってしまいました。
歌詞、曲、クセがあって陰影の強い、ちょっと内に籠ったようなサウンド。
そこに鼻にかかったような彼の歌声が乗ることで、強烈な世界観を醸し出すことに成功している1枚であり、デビューアルバムというものが、そのミュージシャンの音楽性を伝える、自己紹介のような意味を持つものであるという風に考えるのであれば、おの先制パンチは見事に決まっていると言っていいでしょう。
世間的な認知度が高まるのはもっと後でしょうから、この1stのセールス的なことがどうだったのかは分からないのですが、おそらく、自身も相当のこだわりをもって制作したのであろうと想像できます。

まず、このアルバムの1曲目である、「いと小さき君のために」の動画を貼ってみましょう。



これをいきなり聴かされた私が即座にノックアウトされたということ、ご理解いただけるでしょうか。
『Moratorium』 は他の曲も良くて、いわゆる「捨て曲ナシ」の名盤なのですが、たまに、デビューアルバムからいきなり、こういったハイクオリティーのものをリリースしてくるミュージシャンがいますよね。
さすがに全10曲の動画を全て貼って行っても仕方が無いので、次にアルバムの最後を飾った「かなしくて」を紹介して、『Moratorium』 は終わりにします。





陣内大蔵が次に出したのが、2ndアルバム 『PRAYING NIGHT』。
これは、1枚目の世界観をそのまま延長して、少し一般的なポップスに近寄ってきたという内容になっていました。
おそらく、陣内大蔵の心の底の方にある根源的な世界観・音楽性と、ポップミュージックとしての大衆性(もちろん、それもまた、彼の内にある資質なわけですが)とのバランスが一番いいのは、これと3rdアルバム 『深呼吸』 だと思います。
前者の色合いが強いのが 『PRAYING NIGHT』 で、後者が強いのが 『深呼吸』 という感じですね。

これ以降の、ポップスに寄って行った陣内大蔵も嫌いではないのですが、より好きなのはどちらなのか、と問われると、私は間違いなく初期の2枚を挙げるでしょう。
ですので、今回紹介するのも、その2枚に絞っているというわけです。
『PRAYING NIGHT』 からは、3曲目のタイトルトラック 「PRAYING NIGHT」 と5曲目の 「First Snow」 の2曲を紹介します。
個人的に、陣内大蔵の真骨頂は、こういう楽曲にあると思うんですよね(あちこちから異論が浴びせられそうな気がしますが)。






タグ :

GODIEGO 「SHE NEEDS HER DADDY」 他

 2018-10-30
私がゴダイゴの音楽に初めて触れたのは、いつだったのか。
はっきりと覚えているわけではないのですけれども、多分、小学生の時に校内放送で流れた「Beautiful Name」か、映画『銀が鉄道999』の主題歌である同名楽曲か、あるいはTVドラマ『西遊記』のエンディングだった「ガンダーラ」か、その辺りだったと思います。
その当時は、何だか良い楽曲を作るグループだなぁというくらいの認識でした。
その後、大学時代にレンタルでベスト盤を借りて、それで自分が聴きたいと思っていた曲は大体揃ったので、それで満足してゴダイゴはこれでいいかな、と、かなり長い間、思っていました。

その認識がガラッと変わることになったのは、1999年、彼らが解散から復活して行ったライブの様子を伝える番組を、NHKで観たことがきっかけです、
それまで漠然とポップスグループというイメージでとらえていたゴダイゴへの印象を大きく変化させたそのライブから、私が一番好きな「SHE NEEDS HER DADDY」と、そして「SILENT」の動画を貼ります。





特に後者を聴いていただけばよくわかると思うのですが、明らかにポップスグループのやる音楽ではありません。
これはちょっとプログレも入っているなと思っていたところ、後で調べてみたら、実はゴダイゴはそちらの方向でも有名だったようですね。
ともあれ、これはちょっと復活時にリリースしたアルバムを聴いてみなければなるまいと買ってみたのが、これです。



このアルバムには上記の2曲以外にも12曲、全14曲が収録されているのですが、これがどれも絶品。
古くからのファンには怒られるかもしれませんが、実は彼らのアルバムの中で私が一番好きなのが、これだったりします。
収録曲の方向性に統一感が無いという人もいますけれども、それがむしろこのアルバムのいいところでもあり、大いにお勧めできる1枚だと個人的には思っているのですが……今は中古で手に入れるか、さもなくばダウンロード購入しかできないようなのは、残念です。

そんなわけで、今回はゴダイゴの「SHE NEES HER DADDY」他を紹介させていただきました。
最後に、有名どころの曲とベスト盤をちょっと紹介して、今回のエントリーは終わりとしましょう。
私のようにオリジナルアルバムを今から全部揃えるべきだとは言いませんけれど、このベスト盤と上記 『What A Beautiful Name』 くらいは、持っておいてもいいかもしれませんよ?







タグ :

Echo and The Bunnymen 「The Killing Moon」他

 2018-09-12
こういうのが好きだと私がしばしば言及している、「ヨーロッパ的な陰影の強いサウンド」。
当然、ヨーロッパのミュージシャン、バンドには、そういう音楽をやっている人も多いわけですけれども、人によっては「暗いだけ
」とか「単調だ」と受け止められるかもしれないそれの、典型例とも言えるかもしれない名曲を、今回は紹介したいと思います。

“エコバニ” こと Echo and The Bunnymen の 「The Killing Moon」です。
彼等の4枚目のアルバム 『Ocean Rain』 に収録されている、代表曲の1つですね。

結構有名な曲とはいえ、こちらのジャンルに興味が無ければ接点は一切ないとも思いますし、まずは聞いてみてください。





ジャケットからして、陰が濃いのが一見して分かるかと思いますが、実際の楽曲も、なかなかにクルものがあると感じていただければ、ここに紹介する私としては嬉しいのですが、いかがでしょう。

この時期の代表曲でいうと、3rdアルバムの 『PORCUPINE』 に 「THE CUTTER」 という曲があって、こちらは 「The Killing Moon」 に比べるとアップテンポでポップなものとなっています。
そちらも、貼ってみましょう。





何となく、「なる程、あなたはこういう音楽が好きなんですね」ということが伝わったでしょうか。
正確には、こういう音楽「も」好きなわけですけれど……

この手の音楽って、非常に尖っていてエキセントリックさがあるとか、特異な音作りをしていて一般性が無いとか、そういうのとは別の次元で、好みの大きく割れるところかなと思っています。
あるいは、自分の外側の世界に向けて自身のことを主張しアピールする為に発信している音楽というより、非常に内省的で己の内側を向いているような音楽と言ってもいいのかもしれません。

なので、個人的にはズップリと浸れるくらい好きな曲なのですけれども、実際問題、皆さんの耳にどう聴こえるかは、分からないというのが、私の本音です。

なお、そんな彼等も、一時の解散を経て再結成後にリリースしたアルバムでは、こんな曲もやったりしています。
こちらは、かなり一般性もあるかな?




タグ :

a-ha 「Take On Me」 他

 2018-08-16
a-ha を私が知ったのは、デビュー曲である「Take On Me」のPVを、当時毎週チェックしていた洋楽MTV番組で視聴したことでした。
同様の経緯でこのグループを知ったという人が、日本中にいらっしゃるでしょうし、日本のみならず、世界に範囲を広げてもそれは同じことだろうなと思います。
それだけ、このデビュー曲は全世界的なヒットを記録しているのです。



しかし、その後長らく私にとっての a-ha は「Take On Me」のバンドという枠から脱することがありませんでした。
つまり他の曲が印象に残っていなかったのです。
強いていえば、映画 『007 リビング・デイライツ』 の主題歌を担当したということが知識としてあったくらいです。

そんな状況が大きく変わることになったのは、数年前、ふと思い立って彼等のベストアルバムを買ってみたことがきっかけです。
率直にいって、それを買った動機の9割は 「Take On Me」 にあって、どうせならばベスト盤で、彼等の他の楽曲についてもどのような感じかを確認してみようという、一種、ナメてかかっているようなところがあったのですけれど……
これが、想像していた以上に、名曲・佳曲揃いのベストだったのです。

透明感のあるボーカルとサウンド、しっかりしていて、時にはかなりハードなのに、耳にすっと通りのいいアレンジ。
いかにもヨーロッパのロック・ポップスという感じの陰影。
もう、これ以上は無いのではないかというくらいに、私の好みのツボを突いてきてくれたわけです。
そうなれば当然の帰結として、その後に私が、彼等のオリジナルアルバムを全部揃えにかかったことは、言うまでもありません。

今回は、そのベスト盤を紹介するとともに、いくつかの楽曲の動画を貼ることとしますが、このベスト盤は a-ha の音楽の入門編としては最適なものだと思います。
動画を観て気になったらベスト盤を買ってみる。
ベスト盤が気に入ったのであればオリジナルアルバムにも手を出してみる。

そんな感じで、a-ha の音楽に触れてみるというのは、いかがでしょうか。











タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫