太宰

 2017-07-10
「太宰は言った……」 と書き出すと、まるで先月末に終わったアニメ 『月がきれい』 の主人公のようですが、太宰の墓参りもしたことだしね、というわけで、今度は、太宰の最後の地を訪れてきてみました。

三鷹駅の南口から井の頭公園方向に、玉川上水沿いを少し歩いて行った先に、その場所はあります。
彼が入水自殺をしたのは1948年なので、ごく単純に計算をすれば、今からおよそ70年前のことだった、ということになりますね。
三鷹駅からは、徒歩で5分というところでしょうか。

玉川上水沿いにまっすぐ歩いていくだけなので、迷うようなところではありません。
特に目立つようなモニュメントがあるわけではなく、玉川上水とは反対側(南側)の歩道の一角、その辺りで太宰が入水したのだろうという場所に、彼の故郷である青森県五所川原市金木町産の玉鹿石(ぎょっかせき)が置かれています。
一応、横には表示板もあるのですけれども……
それと思って探しつつあるくくらいでなければ、うっかり見落として通り過ぎてしまいそうなくらい、ひっそりと設置されているという印象を受けました。
三鷹市が、これについて積極的に宣伝をしようと思っていない、というわけではなさそうですが、道や町の雰囲気を壊さないようにしている、のかな?

その向かい側辺りの玉川上水の写真も、合わせて撮影してみたのですけれども、今は水量もそれ程ではないように見えます。
太宰が入水した当時は、これとは随分と様子も違っていたのでしょうね、きっと。




タグ :

林太郎と修治

 2017-06-21
所要があって三鷹駅の南口の方に行くことがありましたので、せっかくだからとちょっと寄り道をして、駅からまっすぐ連雀通りに向かって歩いた辺りにある、禅林寺に行ってきました。

文学好きならば、「三鷹」の「禅林寺」と聞いて、ぴんと来たかもしれません。
そう、ここの奥の墓地には、日本文学史にその名が燦然と輝く偉大な2人の作家が眠っているのです。

それが、下の写真。
左が、1922年(大正11年)7月9日に亡くなった森鴎外(森林太郎)の墓所。
そして右の写真は、1948年(昭和23年)6月13日に亡くなった、太宰治(津島修治)の墓所になります。

特に、彼の太宰の命日をきっかけにして三鷹に行ったというわけでは無いのですが、まあ、結果的に、そんな感じになってしまいました。
ところで、この2人の墓はちょうど互いが斜め向かいの位置関係になっています。
これは、元々は森鴎外がこちらの墓地に眠っていて、それを知った太宰が、その作品「花吹雪」にてそのことについて書いたのを受けて、玉川上水に入水して亡くなった彼の遺骨を、その一周忌にこちらに葬ったのだとか。
ちょっと、その文章を引用してみましょう。

この寺の裏には、森鴎外の墓がある。(中略)ここの墓地は清潔で、鴎外の文章の片影がある。私の汚い骨も、こんな小奇麗な墓地の片隅に埋められたら、死後の救いがあるかもしれない


この写真にはアングル的に写っていませんが、太宰の奥さまが葬られている津島家の墓石も、太宰の墓の横に平成10年に建立されています。
夫婦仲良く、というわけですね。




タグ :

聖悠紀 超人ロック生誕50周年展

 2017-06-11
1967年に作者である聖悠紀が、同人グループである作画グループの肉筆回覧同人誌にその第1作『ニムバスと負の世界』を発表。
それから月日が流れて、途中に中断期間を含みながらも、未だに少年画報社の 『ヤングキングOURS』 と KADOKAWA の 『コミックフラッパー』 という、出版社の違う2つの雑誌でシリーズの連載が継続中である、SFマンガの名作 『超人ロック』。

これまでにも何度かこの「別館」にも書いてきましたが、今年はつまり、その 『超人ロック』 がこの世に生まれてから、50周年というメモリアルイヤーになるわけです。
知る人ぞ知る、というようなポジションにあるのかなと思われる本作ですが、その影響を受けた人はマンガ家、小説家、アニメ関係者などなどは何人もいて、多くのファンを得ている作者のライフワークです。

50周年に際しては、少年画報社がトリビュート短編を連載したり、水道橋駅ホームにポスターを貼りだしたりと、色々と活発に動いているのですが……
そんな流れの中、昨日、6月9日、ファンの間では「ロックの日」と呼ばれているその日から約3ヶ月半の会期で、東京はお茶の水の明治大学米沢嘉博記念図書館において、「聖悠紀 超人ロック 生誕50周年展」 が開催され始めました。
公共の図書館とか博物館・美術館ではないのもあって、毎週火曜日~木曜日が休館日という、ちょっと変則的な施設ですけれども、もともとサラリーマンなこちらとしては週末に行くくらいしかできないわけで、そこは問題なし。
会期中、展示内容は3回入れ替えが行われるそうなのですが、とりあえずはその最初のモノを、ということで、開催直後の週末に、行ってきました、千代田区猿楽町。

いやぁ、眼福、眼福。

ファンでは無い人には、あまり興味の無い展示でしょうけれども、もう随分と長いこと 『超人ロック』 を読んできている私には、実に嬉しい企画でした。
もしも、ちょっと興味があるよという人で、お茶の水や神保町、水道橋辺りに用事があって、時間に余裕があるのであれば、是非、一度、ぶらりと寄ってみて下さい。



公式サイトはこちらから

タグ :

「メッセージ」

 2017-06-06
テッド・チャンの原作は、あんまり評判がいいもので却ってまだ読んでいないという、私の天邪鬼的な性格が出ている状態なわけですけれども、せめて映画くらいは観てみようかな、と思い、新宿でのTOHOシネマズで 『メッセージ』 を鑑賞してきました。
実は、色々と毎週末忙しかったりするので、あまり観に行くつもりは無かった、むしろ睡眠時間を確保したかったくらいなところがあったのですが、でも、まぁ、これは観ておいた方がいいんだろうな、と。
ちょっとストレスを溜め込んでしまうことがあったので、その発散というか、気晴らしというニュアンスもあります。
この 『メッセージ』 がストレス解消に向いた映画かどうか、は、ともかくとして。

ジャンル分けをするならば、この 『メッセージ』 は、いわゆるファーストコンタクトもののSF映画ということになるのでしょう。
とはいえ、基本的にはどんなジャンルであろうとも、それで面白さが左右されるわけではありません。
そこはあくまでも目安の1つと考えるべきでしょう。
つまり、肝心なのは、自分がその手の映画を好きか、嫌いか、です。

その基準だと、こういうSFテーマは私にとって好物の1つなので、つまり 『メッセージ』 は私向きの作品かもしれないと言えましょう。

そんな風に考えて観てみた 『メッセージ』 は、事前に聴いていた通りに地味ではありました。
それは、こういうファーストコンタクトものであれば、むしろ当たり前とも考えられるでしょうし、じんわりとくる面白さもあって良かったと思います。
一般受けと興行収入、ということを考えたならば、もっと分かりやすく視覚的なクライシスがあってもよさそうなものではありますけれども、それを選択していないというのも、好印象です。
最初に書いたように原作は未読なので、相違点の比較などはできないのですが……
なる程、色々な人が褒めているわけですね。

ちなみに、下のポスターの画像をクリックすると、例のコラボレーションが別画面で表示されます。
……こういう冗談、やろうとする方も、それを受け入れる方も、何だかいい感じですよね。



公式サイトはこちらから
タグ :

同姓同名

 2017-05-18
Amazon を始め、あの手のネット通販会社で、自分の好きな作家やミュージシャンを「お気に入り」に登録しておくと、新作の発売予定などを事前にメール他で通知してくれるというサービスがありますよね。
それは、こちらのチェック漏れをフォローしてくれるというという意味で、わりと役に立つものなのですが、たまに、うざったく感じることが無いわけではありません。
この手のユーザーデータの活用、マーケティングというようなものは、流行ではあるのですが……

時々、なんでそんなものがお知らせされるのか理解不能だったり、明らかにジャンルその他の設定ミスだろうというような、そんなメールが来ることが、ありますよね。

そんな誤送信お知らせメールの1つとして、先日、HMV から次の商品の紹介が届きました(HMV からの通知なのに、Amazon のアフィリエイトなのは、お許しを)。



これがどういうジャンル分けで通知されたのか、もう分かったという人もいらっしゃるかもしれませんね。

そう、TOKIO 関連の新作として、です。

いやいや、いくら著者が 山口達也 という名前だからって、それは無いでしょう。
でも、TOKIO のあの 「棟梁」 山口達也 であれば、一級建築士製図試験に関する本を出したとしても、全く不思議では無いというか、まるで違和感が無いというのが、この話のポイントとなるところ。
違和感、無さすぎです。

腹を抱えて、笑わせてもらいました。

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫