「クォンタムデビルサーガ アバタールチューナー」

 2017-06-24
「本館」に先がけた読了本紹介、今回は、今更ながら全5巻をじっくりと読ませてもらった、五代ゆう の 『クォンタムデビルサーガ アバタールチューナー』です。

いや、これは、なかなか素晴らしいものを読ませてもらったと言わなければならないでしょう。
正直、第1巻を読み始める前は、そこまでの期待をしていたわけではなかったりしたのですが、良い形でそれを裏切られたという感じです。

本作の最終第5巻は2011年の10月発売……ということは、今から5年と8ヶ月前に発表されているわけです。
そもそもそれよりも10年も前の2005年1月に、本作の内容を原案とするゲームが発売されているわけで、今さらネタバレを警戒することもないかな、と、いつもよりも少し緩い基準で内容について言及させていただきます。
「神」について語る物語は、この第5巻の比較的冒頭に近いところで、作品中における「神」の正体、作中に出てくるキュヴィエ症候群という奇病を何故「神」が人類にもたらしたのか、というようなことが明らかになります。
そこから物語はさらに大きく動き出し、そしてSF大作と呼ぶにふさわしい最終展開と、穏やかで幸せな終わりを迎えるわけですけれども……
キャラクターそれぞれの言動にも無理はなく、そして、収まるべきところに全てがきちんと収まって、描写不足だったり言及されずに終わってしまったこと等もない、見事に円環を閉じた完結を読ませてくれました。

作者の後書きによると、ゲーム版の企画会議上、アトラスからは、光瀬龍の 『百億の昼と千億の夜』 のような多重世界を扱った物語を考えてほしいという要望があったそう。
それを受けて、同作に思い入れのある作者が紡ぎ出したこの物語は、見事に、『百億の~』 の遺伝子を継ぐものになっているのではないでしょうか。

ただし、不満が無いわけではありません。特に気になったのが、第1部終盤と第3部終盤における、連続する戦闘シーン。
その描写に迫力が無くて駄目だとか、戦闘状況の流れに強引さがあるとか、そういうことではありません。
要は、その戦闘は物語上で本当に必要なのか、とか、ラスボス的な相手が続きすぎだろう、というようなことです。

そういう、ちょっと引っ掛かりを覚えるところもありはしたものの、全体として、人が何故生きるのか、生きるというのはどういうことなのか、ということを突き詰めた、かなりの傑作だと思いました。
まだこの物語を読んだことが無いという人には、SFが苦手でなければ、とか、エグい描写は一切駄目だ、というのでなければ、という条件付きではありますけれど、絶賛、お勧めの作品です。



タグ :

「古書カフェすみれ屋と本のソムリエ」

 2017-06-17
すっかり積読になっていたものを消化したのが、里見蘭の 『古書カフェすみれ屋と本のソムリエ』。
これは、古書店が併設されたカフェ(つまり、カフェの客は自由に古書店の本をそこで読むことができるという形態の店舗です)を舞台にして、そこに訪れる客が持ち込む「日常の謎」を、古書スペースの担当が差しだす本をきっかけに解き明かしていくというライトミステリーです。

正直、「古書」と「カフェ」とのミクスチャーという、柳の下のドジョウを狙うのも大概にしとけよ、と思ったのは、否定しません。
ウケたものを掛け合わせればそれでOKと思っているだとしたら、戦略的といえば戦略的なのかもしれないけれど、明らかに芸が無くて、編集者も作家もとんだ無能だぞ、とか、そういうことを考えずにはおれない設定です。

当然、私も書店で最初にこの作品を目にした時には、そのように考え、そのままスルーしようとしていました。
しかし、作者が里見蘭だということで、これまでに読んできた作品は悪くなかったなぁ、ということが思い出されたんですよね。
だから、文庫本でそこまで値が高いわけでも無いから、これも一応一読しておこうかな、と、そんなくらいの感じに考えて、購入してみたのです。
まぁ、そこから先、実際に読み始めるまでに、結構な時間がかかってしまってはいるのですが……

ともあれ、ついに読み終えた本作、結論から書きましょう。
類似作品との差別化ができているかといえば、そこは残念ながらイマイチですけれども、読み物としてはしっかりと面白かったです。
よくある定型に嵌め込んで「どうです、いい話でしょう?」と差し出されているような部分もありましたが、ベタなことはあながち悪いことではない、という私の普段からの主義主張からすれば、それも許容範囲内の程度という感じでしょう。
ロマンス要素もちょっと匂わせているのも、私の好みに合うところです。
出版サイドの狙いにまんまと嵌められてしまうようで、ちょっとばかり、不快にならないでもありませんけれど、楽しんで読ませてもらったから、まあいいか。

シリーズの第2巻も今年の3月に出ているので、それも引き続き読むつもりです。



タグ :

「王の心 再臨飛翔の書」

 2017-06-10
富野由悠季の書いた「王の心」3部作の最終巻が、今回紹介する『王の心 再臨飛翔の書』。
カロッダの大地が人々のアウラ・エナジィの力で天空を目指して浮上し、宇宙を旅することを目指す様を描いた本作は、グラン王の一族が織り成す、血と策謀と死と性とに塗れた物語です。

地球から浮き上がって宇宙を目指す大地(≠舟)とオーガニックなエナジィという設定は、おそらくではありますが、『機動戦士Vガンダム』以後、精神的に少し病んで本作を執筆していた富野監督の、復帰作品であった『ブレンパワード』の原型となったのではないか、とも思えますね。
「アウラ・エナジィ」というのはつまり「オーラパワー」ですから、その辺は一連の「バイストン・ウェル」サーガにも連なる部分が無きにしも非ずですし、砂漠のように荒れた大地と空に浮かぶ島、という設定からは、同じく富野監督のオリジナル小説である『シーマ・シーマ』全3巻も思い出します。

ただし、これは別に、それぞれの話に歴史的な繋がりがあるとか、登場人物や物語がどこかで共有化されているとか、そういうことは意味していません。
あくまで、富野由悠季という1人のクリエイターの頭の中、アイディアやイメージの変遷というか、どういうことを考えているのか、ということが窺えて面白い、ということです。

一番悪い時には、自宅から出ることもできないくらいの鬱状態にあった富野監督。
そのメンタルをそのまま作品に封入するということは、さすがに彼もしていないのですが、とはいえ、書き手の精神状態から作品が完全に解き放たれるべくもなく、本作のそこかしこには、その鬱の気配が濃厚に漂っていて、それが個性というか、富野作品の中でも少々独特の空気を感じさせるものにもなっています。

描かれているのは人が生きるということ、その過程で生じる愚かしさや悲しさ、優しさ、美しさ、哀しさ、悪しき様や善き様、つまりは「業」とでもいうべきものであり、しかしそれを越えてみせれば生命は希望に至ることができるかもしれないということです。
それは富野由悠季の常なるテーマですが、それが特に際立ったいる、極みにあるのが、『王の心』という作品なのかもしれません。
その分、観念を文章で弄んでいる感があって、エンターテインメントになれずにいる部分もあるのですが、「文学」というものに憧れを抱いている富野監督にとっては、文筆業のところでこういう作品を描けたというのは、結構な達成感もあったのだろうなというのは、想像に難くありません。

多くの死を呑み込んでフローランドし、宇宙を往く船となった、未来のカロッダの地でのとあるシーンが語られるエピローグも、歴史になる、というのはこういうことだよな、と感じさせられて、しみじみとさせられました。
なるべく精神的にも肉低的にも元気な時に読むこと、という条件付きで、富野小説のキモの部分を濃厚に味わえるものとして、興味をちょっとでも覚えてもらった人には、是非ご一読をと、お勧めできる作品なのですが……。

何せ、平成8年の出版から既に20年以上が経過していますし、メジャーな作品でも無いので、モノは既に絶版。
今からだと、入手することも難しいかもしれません。

そういうものをここで採り上げるというのも酷い話かもしれませんが……非常に刺激的に、面白く読ませてもらったので、そういうところはこの際目をつぶって、紹介させていただきました。



タグ :

2017年6月9日は……

 2017-06-09
50回目の、「ロックの日」です。

とりあえず、多くは語りません。
生誕50周年、おめでとうございます!



タグ :

「裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル」

 2017-06-03
異世界モノのラノベ的なタイトルであることに加え、それっぽい表紙の装丁にもなっている、宮澤伊織の『裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル』。
私が定期的にチェックしている作家だったり書評ブログだったりで、かなり絶賛されていたこともあり、いかにも興味深い感じだったので、これは是非とも読まねばならないと思って購入していたものです。

端的にこの作品をジャンルで表現するならば、多くの書評サイトなどで言われているように、「怪談SF」ということになるのでしょう。
もう少し具体的に書くなら、お化け、妖怪、都市伝説といった怪談を題材に、そこに科学的な要素、考証を加えてSFとしてまとめた作品、ということです。

もちろん、実際に妖怪の存在が科学的に証明されているわけではないので、あくまで思考実験というか、「これこれこういう解釈をすれば、ある程度科学的に根拠づけられる」というような感じなのですが。
それを、どういう理論でやってくるのか面白がりつつ読むのも、この手のSF作品の楽しさの1つだというのは、敢えて言うまでもない、でしょう。

ちなみに、ここで扱われている怪談は、例えば江戸時代もしくはその前から伝えられてきているような伝統的なものでは無くて、ネット時代に語られだした、いわゆる実話怪談・ネットロアになってます。
「くねくね」「八尺様」「きさらぎ駅」等、生理的にゾワッと来るような、そういうものが本作には採り上げられているのですが、それがどのように料理されているのかは、読んでのお楽しみということで、ネタバレはしません。
前述のSF的な設定は、なる程ね、という感じで、「これは、やられた」と思わず膝を打つようなことこそなかったのですが、結構、面白く読ませてもらいました。

未解決のこともあるので続編も出そうと思えば出せそうですけれど、その辺は、作者や担当編集はどう考えているのでしょうか。
評判に違わずなかなか良い作品だったので、2巻を出せる材料があるのであれば、それも読んでみたいと思うのですけれど。

ちょっとお薦めの1作です。



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫