「怨讐星域Ⅲ 約束の地」

 2017-09-23
全3巻の作品の完結編となる、梶尾真治の『怨讐星域Ⅲ 約束の地』。

太陽フレアの異常膨張により焼き尽くされ、消滅してしまうことが分かった地球から、選ばれた一部の人間を乗せて脱出した世代間宇宙船ノアズ・アーク。
そのノアズ・アークと、ノアズ・アーク出航後に開発された星間転移技術を使って地球を脱出した、切り捨てられた人々。
5世代を重ねる程の年数を要して両者が、移住先である「約束の地」ニューエデンで再会するというのが、今回のストーリーのヤマ場です。

転移組が抱いている恒星間航行組への憎悪と恨みとで捻じれまくった感情が、ノアズ・アークからニューエデンに降下してくる人々を本当に惨殺してしまうのか。
それともそのような血まみれの再開は回避されるのか。
その結果がどうなるのかは、これから本作を読む人のお楽しみとして、ここでは触れないでおきますが、もしかしたら人によって、その内容に不満を抱かれるなんてこともあるかもしれません。
というのも、本作にはラストのカタルシス的なものがあまり無いから。
とはいえ、これは梶尾真治が物語の紡ぎ手として失敗したというようなことを意味しているのではなくて、要するに、作品の方向性がそもそもそういうところを向いていなかったということなのでしょう。

私がそう思うのは、シリーズ第1巻の後書きにおいて梶尾真治自身が、「年代記のようなものが書けないかな」と思って本作の連載(雑誌『SFマガジン』に不定期掲載)を始めた、と記しているから。
もちろんこれだけで断定するのは危険です。
それでも、SFで「年代記」、かつ、梶尾真治の発言ということからイメージされてきたのが、レイ・ブラッドベリの 『火星年代記』 だったんですよね。
で、ああいう作品に仕上げることができないかと模索をされたのであれば、おそらく、散りばめられた要素が最終巻で一気に集結されて一つの大きな物語を描き出す、というようなことは無いだろうなということは、そこから想像されていたという次第。

コアなSFファンだと技術的なところに突っ込みを入れたくなるかもしれませんが、本作が描こうとしているものが、そういうガチガチの技術的な設定を必要としていない、「様々なことが一変してしまった世界においても営まれる人の日常」というようなところにあるのだとすれば、それ等は些末なことだと言ってしまってもいいのかもしれません。
面白かったです。



タグ :

読書の秋

 2017-09-17
この週末にまとめ買いした本が、下の写真。
……思いっきり趣味にはしてますが、そもそも自分の趣味では無い本まで買うようなことは(それが仕事上もしくは勉強上必要だというのでもない限り)絶対にやらないので、このような趣味的ラインナップになっているのは、むしろ私にとっては、それだけ「こいつは買いたいな」と思う本が多かったということであって、むしろ非常に幸せなことだと言えます。

ちなみに、これ等を買うのには万単位の費用がかかっていますけれど、それ以上の楽しみを与えてくれるのは確定的だと信頼している作家の作品ばかり(ただし、1つだけ、ちょっと毛色の違う、初めて読んでみるものがまじっていますが)です。
つまり、どこから見ても妥当な出費です。
どちらかというと、これ等の読書体験から得られるものを考えれば、いっそ安いくらいかもしれません。

まぁ、例によって、何を、いつ、どのタイミングで読むのかは、まったく未定なのですが……
あまり積読状態で放置することなく、サクッと読み進めていければ、いいなぁ。



タグ :

「マツリカ・マトリョシカ」

 2017-09-16
シリーズ3冊目にして、初の長編となったのが、これまでと少し肌合いを変えて本格推理に寄せてきた、相沢沙呼の『マツリカ・マトリョシカ』。

私があれこれ書くよりも、帯に描かれている粗筋を読んでいただいた方が分かりやすいかなと思ったので、少し長いのですが、引用させてもらいます。

「柴山祐希、高校2年生。彼は学校の近くにある廃墟ビルに棲んでいる、謎の美女・マツリカさんに命じられて、学校の怪談を調査している。ある日、偶然出会った1年生の女子から『開かずの間の胡蝶さん』の怪談を耳にする。2年前、密室状態の第一美術室で起きた、女の子が襲われるという事件。解決されないまま時が過ぎ、柴山の目の前で開かずの扉が開くことになったが、そこには制服を着せられたトルソーが、散らばる蝶の標本と共に転がっていた。現場が誰も出入りできない密室という状況で再び起きた事件。柴山が犯人と疑われる事態になってしまい……。彼はクラスメイトと共に、過去の密室と現在の密室の謎に挑む!!」


殺人は起きていませんが、密室、そして推理合戦という、実に「らしい」ミステリーであり、そしてなかなかに優れた青春小説でもあった本作。
これまでのシリーズ2冊と印象が結構変わっていますが、私としては、それも問題無し。

これを単体で読んでも楽しめるとは思うのですが、できればシリーズを最初から読んでいただいた方が、各キャラクターの関係とか、性格、背景などが分かるので、お薦めです。
ヘタレでありつつ、どこか芯のある主人公に感情移入できるかどうか、という点はあるでしょうし、その太腿へのこだわりの強さにドン引きすることもあるかもしれませんが、面白さは保証します。
今回はそれに加えて、女子制服のプリーツスカートに対するこだわりも明らかになりましたが、その辺がどういうことになっているのかは、読んでみてのお楽しみとしておきましょう。
それを「お楽しみ」と言っている時点で私もどうかしていると思われるかもしれませんが、実はこれ、物語上、意味のあることなのです。本作は推理要素が前面に出ているので、ミステリーのルール違反をしない為にも内容にはほとんど触れずに済ませますけれど、これは、かなり面白い1冊でした。

なお、タイトルには「マトリョシカ」と書かれていますが、これは、シリーズのタイトリングの都合によるものであり、本作において、マトリョシカは出てきません。
そこを期待している人が(そんな人がいるとして)、この感想を読んだ結果本作を手にして、「何だ、マトリョシカが出てこないじゃないか」とがっかりしてしまうと申し訳ないので、最後にその点をお断りさせていただきます。


タグ :

「Little Witch Academia Chronicle」

 2017-09-10
今年の前半に放送されていたTVアニメ 『リトルウィッチアカデミア』 の公式資料本、『Little Witch Academia Chronicle』 が角川から発売になっています。
税抜で3,600円と、決して安くは無い値段ではありますけれども、これは、それに見合うだけの充実した内容の1冊ではないでしょうか。

設定資料集としては、それぞれの図版のサイズが小さくて、個人的な理想でいえば1枚の設定書につき1ページを割り当てて欲しかったので、その点ではマイナス評価もそれなりに付けざるを得ないのですが……
ただ、スタッフの証言だったりインタビューだったりといった、文字情報が、すごく豊富なんですよ。
その分、活字もかなり小さいので、人によっては「読みにくい」と文句を言いたくなるかもしれませんが、いやいや、そこがむしろ良いんじゃないですかねぇ!

あと、表紙を外した状態での、エンボス加工が何気に素晴らしい。
角川、かなり本気を出して作ってますよ、この本。


タグ :

「スーパーカブ」

 2017-09-09
1冊丸々、いかにスーパーカブが好きかという情熱がほとばしっているのが、トネ・コーケンの『スーパーカブ』。
物語は非常にシンプルなもので、山梨の北杜市で無利子の奨学金をもらいながら高校に通う一人ぼっちの少女、小熊を主人公にして、何に対しても欲の無かった彼女がある日、中古のスーパーカブに出会うことで、その世界が開けて行く様を描く、というもの。

非常に地味で、尖った部分もほとんど無いなと思うかもしれません。
そう思うのは、全くもって当然であり、実際、内容的に地味であることは、否定できません。
とはいえ、これは、そういう派手さを求めるタイプの作品では、ありませんね。

小熊が一歩一歩成長するところ、スーパーカブが次第に相棒になっていくところ等、何気に充実した読書体験を得ることのできる、そういうタイプです。
多分、私が二輪車乗りであり、かつカブを持っている(もしくは、持っていたことがある)と、作中に出てくる色々な「あるある」を更に楽しめたのかもしれませんが、そういうのを抜きにしても、これは非常に面白く、佳作と言っていいのではないでしょうか。

ちなみに、スーパーカブはこの2017年で世界生産累計台数が1億台を突破する予定ということを以前にどこかで読みました。
本作にも、帯に「ホンダ・スーパーカブ総生産台数100000000台記念作」の文字が。
とはいえ、それで特に HONDA とタイアップをしたりとかはしていないようなのですけれども、そういうところもまた、ちょっとした好感度を覚えます。

とにかく、作者がカブに抱いている愛情が全てで、それだけにフォーカスして書かれた小説であり、その割きりが、かえってこの読後の清々しさを生んでもいる部分は、あるでしょう。
角川が運営するネット小説投稿サイト、カクヨムには、本作の第2部も掲載されていて、それも、まもなく刊行されるので、こちらも楽しみです。



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫