FC2ブログ

2020年春期 終了アニメ 雑感 その2

 2020-07-06
今回は、前々回のエントリーに続き、5月末に放送が終わったアニメ作品の最終回を視聴した簡単な感想を書きたいと思います。
放送中断・延期が続いたシーズンでしたが、こうしてみると、最終回の感想を2回にわたって書くくらいの視聴継続はできていたということですね。

1) 波よ聞いてくれ

怒涛の勢いで突っ走り続けた話のラストが、映像コンテンツ満載の今の時代に、それでも残るラジオの役割、ラジオの味、ラジオの強み、ラジオの面白さということを語るエピソードだったのは、ちょっと意外だったのですけれど、そうやってしっとりと終わるのもアリだなと感じました。
いやぁ、面白かったです。
放送開始前は、一応観ておくか程度の認識だった作品で、正直、ほとんど期待していなかったのですけれど、実際の作品は、めちゃくちゃ良かったです。
ところで最終回で主人公であるミナレの父の横に座っていた女性、ミナレの母なのでしょうけれど……
原作未読組なので分からないのですが、あれ、もしかしてシセル光明?

2) イエスタデイをうたって

その1 で感想を書いた「LISTENERS」同様、これも1クールでやるには無理があった作品でした。
作画は非常に良くて、キャラの演技も素晴らしかったし、声優陣も、最初は違和感があったハルの声も次第に「これはこれで合っているな」と思えるようになっていたのですが、やはり、12話足らずで原作の物語を描き切るのは無理だったということでしょう。
登場するキャラクターやエピソードを整理していたのは分かりますし、削るならソコだろうなと思えるところが順当に削られていたとは思いますけれど、それでも、やはり、全12話だと、最終回のあの展開が唐突に過ぎました。
大傑作のアニメ化にもなり得たであろう作品だったのに、もったいない。あまりにもったいない。

3) BNA ビー・エヌ・エー

落としどころとしては想定の範囲内の、無難なところに落とし込んだという感じでしたが、色々と話の魅せ方が良かったのと、作画も良かったので、かなり楽しめた作品となりました。
種族(人種)の違いと差別という、期せずして非常に旬な、オンタイムなテーマになってしまった本作だけに、あるいは変なところで注目を集めかねなかったわけですけれども、その辺り、バランス感覚はちゃんとしている作品でした。
しっかりと面白くて、毎週楽しみにしていましたし、実際、楽しんでもいました。
物語は1クールで終わる前提で綺麗にまとめられていましたけれども、その分だけ「遊び」の部分が浅くて、もうちょっとキャラを掘り下げればもっと良くなるのに、と思ったところが無きにしもあらずだったりしました。
が、でも、このスピードが今のアニメの一般的ストーリーテリングですよね。
それがいいのか、それとも悪いのか。
NHKが再放送をしている『未来少年コナン』等と、ついつい比べてしまいそうになります。

タグ :

2020年春期 終了アニメ 雑感 その1

 2020-07-01
コロナによる放送中断・延期等があった2020年春期ですが、完パケで納品されていた作品など、当初の予定通りに放送を無事に終えたものもあるので、今回は、そういった作品の最終回を観ての簡単な感想を、いつものように書いていきたいと思います。

1) かくしごと

綺麗に終わり過ぎだと思うくらいに、綺麗に終わりました。
いつもの久米田ギャグがさく裂している日常パートに挿入される、不穏な未来パートが……なる程、こういう風にまとまるんですね。
概ね予想された展開だっただけに驚きこそなかったのですが、やはりベタでもこうして親子愛、家族愛を真正面から剛球のストレートで投げられると、素直に心が動かされてしまいますね。
作画も安定していて、良かったですし。
姫の母、つまり後藤先生の奥さんが、どうして娘宛の年齢ごとの贈り物箱を用意していたのかが説明づいたとは言い切れない(病魔に襲われて余命宣告されていたわけでは無く、突然の事故死のようですから)ところがネックですが、原作を読むと、その辺も説明されているのでしょうか?
全12巻か……買うかどうか、迷うところですね。

2) 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった

想定外に面白かった作品。
私がここでアレコレ言わずとも、かなり話題になっていましたし、何がどう面白いのかは皆さんご存じでしょうけれど、完全に女性向けの作品だと思って放送開始当初はすっかり油断していました。
まさか、ここまで良い作品だったとは。先入観で侮ってはいけませんね。
第2期の制作も決定されているようなので、それを楽しみにしつつ、とりあえずは原作を買い揃えて読むとしましょう。

3) LISTENERS

うーん……
これは2クールでやるべき物語でしたね、どう考えても。
圧倒的に尺が足りず、展開が急ぎ過ぎで、かつ唐突過ぎて、さらに説明は不足しまくっていました。
本作の毎回のED画像はその回の話をキャラクター原案イラストのテイストで、イメージボード的な感じで振り返るようなものになっていましたけれども、その内容が本編とちょこちょこと微妙に異なっていたのは、本来ならばそちらの展開でやる予定だったということだったのでしょうか。
もっと話数が多くて、1エピソードに2話~3話くらいかけてじっくりと描けていたら。
その方が、話としては絶対に良かったはずです。
諸々の事情があって2クールの枠は取れなかったのでしょうけど。

タグ :

2020年 春期アニメ 第1話 雑感 その2

 2020-04-14
新型コロナウイルス問題は収束の気配もまだ分からない状態ですが、そうして基本的に仕事以外では自宅に籠って外出をしないでいると、アニメを観るのにはちょうどいい感じに時間があるとも言えます。
それでいいのか、というのは別な話ですけれど……
ともあれ、そんなこんなで 2020年 春期 アニメの第1話を視聴しての簡単な感想、第2弾です。

1) イエスタデイをうたって

原作の雰囲気をこれ以上ないくらいに上手くアニメ化できていたのではないでしょうか。
時代設定を変にいじったりせずに、そのまま1990年代後半から2000年代前半辺りの物語としてアニメにしたのも好印象です。
まぁ、スマホだLINEだが存在する時代設定にしてしまうと、物語の質が全然変わってしまいますから、その意味でも、時代設定を変えなかったのは大正解でしょう。
キャスト陣は概ね納得の感じだったのですが、ヒロインであるハルの声は、ちょっとイメージと違ったかな?
1クール全12話というのが、短すぎやしないかと少し不安もありますが、第1話の段階では、最良のアニメ化だと言ってもいいのではないかと思います。

2) BNA

異種族への差別、偏見、排斥運動、迫害。
それは当然、現実世界の人種差別や階級差別その他のメタファーなのでしょうし、テーマとしてはかなり古典的なものですよね。
真っ正面から取り組めばかなり重苦しくなるテーマですが、それを避ける為に勤めて軽く描いてしまうと、それはそれでテーマの処理方法としてどうなんだということにもなってしまうわけで、その辺をどう処理していくのか、お手並み拝見ですね。
アクション主体の、キャラクターがグリグリと動き回る作品になりそうで、製作スタッフの点から言ってもアニメーションとしての完成度については心配する余地がありません。
第1話も非常に面白かったですしね。
だから、むしろ私の興味はテーマをどういう風に料理してくるのかというところに、現時点では行ってしまっています。
……厄介で面倒な視聴者になってしまっているかな(汗)

3) 天晴爛漫!

冒頭のシーンはちょっと「あれ?」という感じでしたが、日本に舞台を移してからは悪くありませんでした。
話の軸は、アメリカ大陸横断レースになるのでしょうか……どこかで見たようなネタではありますけれども、目新しいものではないとも言えますし、まぁ、それはそれ。
ここからどういう感じにストーリーを展開させていくのか、レースの背景に何らかの野望が隠されている系の話になるのか、それとも単純にゴールの着順を争うことを目指す話にしていくのか、どちらでも面白くなってくれれば構いませんが、どちらかというのであれば、前者の方が好みかな?

タグ :

2020年 春期アニメ 第1話 雑感 その1

 2020-04-10
前々回と前回は放送が終了した番組の感想を書きましたが、番組改編の時期ですから、当然、新しい番組の放送も始まります。
そこで今回は、今期の新番組についてその第1話を観た時点で書いた簡単な感想を掲載します。
既に第2話が放送されていて、私も視聴済だったりするものもあるのですが、あくまで今回掲載するのは第1話を観た時点で書いた感想であることをご了承ください。

1) かくしごと

もともとは観る予定ではなかったのですが、たまたまTVをぼんやり眺めている時にこの番組の放送枠になったので、そのまま視聴。
いいじゃないですか!
いかにも久米田作品らしいノリはそのままなのに、スタイリッシュでお洒落な感じが出ているのがミスマッチになっていないのが、気に入りました。
この作品で一番驚いたのは、EDが大瀧詠一「君は天然色」だったことです。
主人公の娘である姫の「むしょく」には「いろんなお色、いーっぱいぬれるね!何色にだってぬれるね」というセリフにも関係づけたりしているのかな……いいチョイスだと思います。
話の出だしから、やがて来る別れを予感させる仕込みがされているように感じるのは……久米田康治だからなぁ……本当にやりそうで、それがちょっと怖い。

2) LISTENERS

勢いで押してきた第1話は、ボーイ・ミーツ・ガールなロードムービー作品の始まりとして考えれば、ほぼ理想的と言っていいでしょう。
作中で使われる特殊用語についても、無理なく説明できていましたし。
「交響詩篇エウレカセブン」っぽさが強すぎる気もしないでも無かったですけれど、まぁ、その辺はここからの物語次第というところでもありましょう。
心配なのは、どうやら1クールでの放送を予定しているらしい本作は、どう考えても物語をその長さでおさめられそうに思えないということで、続きは第2シーズンで、となるのならばまだいいのですが、その辺、どうなんでしょうね。
さらに言うならば、例えそれで分割2クール放送になるのだとしても、それでも物語をきちんと描き切れるボリュームには思いにくいところがあります。
本当は4クールくらいかけてじっくり描くべき話なんじゃないのかなぁ。
第1話を観ただけでは判断付きかねるところはあるにせよ。

3) 波よ聞いてくれ

勢いで勝負してきている部分があるといえば、これもそうですね。
札幌を舞台にした深夜ラジオものということのようなのですが、いきなりヒグマを前にする主人公というシチュエーションから始まって、何だこれはと思ったら、なる程、そういうことですか。
怒涛のセリフ量で捲し立ててきた第1話ですが、これ、多分、第2話以降もこんな感じなんだろうなと思わされます。
舞台をどこまで広げるのか、どういう物語展開をさせるのか、なかなか興味が煽られました。
これは、視聴し続けないといけないかな。
タグ :

2020年冬期 終了アニメ 雑感 その2

 2020-04-08
3月で放送が終わったTVアニメの、その最終回を視聴しての簡単な感想の第2弾を、今回は更新したいと思います。

1)ランウェイで笑って

正直、あまり期待しないで観始めたんですよ、当初は。
しかしながら、話数を重ねるにつれて物語はどんどん面白くなっていきますし、キャラクターもいいですし、これは予想外のところから当たりなアニメが出てきたな、と嬉しくなってしまいました。
1クールでは物語はまだまだスタート地点というところで、むしろ本番はこれからなのではないかという感じですが、しかし、主人公たちが本格的に自分の夢に向き合って、夢に進むことを決意するまでの物語として考えれば、これはこれでOKです。
これで、原作のどれくらいまで進んだことになるのでしょうか……コミックス、大人買いして読むか、な。

2)理系が恋に落ちたので証明してみた。

こちらは、もともとコミックスを持っていたので、ストーリー自体は元より知っていましたし、そういう点で、新鮮さは特に無かったかもしれません。
しかし、声の演技が付いたということが、思っていた以上に面白さを増していた。
物語のテンポに疑問を感じたことや、アニメ化にあたって構成がいじられた部分に違和感を覚えなかったといえば嘘になりますが、しかし、これはなかなか良いアニメ化だったのではないでしょうか。
少なくとも、この続きが再びシーズン2としてアニメ化されることがあれば、それもまたしっかりと視聴したいなと思うくらいには。

3)虚構推理

想定していた以上に面白かったといえば、この作品もそれに該当します。
キャラクターの勝利、という側面が無いとは言い切れないのかもしれないのですけれども、しかし、それも含めた全てが作品の魅力ですからね。
城平京といえば、アニメ 『絶園のテンペスト』 の原作者というくらいにしか認識していなかったのですが……そういえば、あれも(批判的な意見も世間にはありますけれど)個人的にはかなり好きな作品でした。
今回の 『虚構推理』 も、私の好みにグイグイ来る作品だったので、これはもう、原作小説をまずは買って読んでみなければなりませんよね。
そして、私が気に入ったこのアニメ版は、原作小説とコミカライズ版との魅力をアニメにアレンジして作られているのであろうことを考えれば、原作を読んだその後には、コミック版も購入を検討する必要がありそうです。
財布への負担はありますが、まぁ、この際、それはそれですよね。

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫