「リズと青い鳥」

 2018-04-22
京アニ製作の映画、『リズと青い鳥』を観てきました。
タイトルには一言も書かれていませんけれど、これが『響け!ユーフォニアム』シリーズの1作品であるということは、わざわざ私が言及するまでもないでしょう。
主人公である久美子たちが2年生に進学してから大会に挑むまでを描いた、『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』前後編が、原作です。

ただし、今回のこの映画は久美子たちの出番はほとんどありません。
いっそ、カメオ出演と言ってしまってもいいくらいのものです。
これは、原作の中から、主人公の1年上の先輩である 鎧塚みぞれ と 傘木希美 の関係にのみフォーカスして、そこを抜き出して、主に みぞれ の側から、この2人がお互いを思う気持ちのすれ違いと、和解と、解放を描いているわけですが……
山田尚子監督がこういう作品をやりたいと言ったのか、それともこういう作品を作ろうと考えた時に山田尚子監督の名前が挙がってきたのか、そこの辺りがどうなっているのかは知らないのですけれども、ひかし、いずれにしても実に山田監督向きのテーマであり、作品であると感じました。

演出、色彩設定、演技、全てにおいて、抑制されたというか、張り詰めたというか、ものすごく物静かなのですけれども、常にどこかに緊張感が漂っているようで……息をするのも忘れてしまいました。
何より、作画の脚へのこだわり、そして、ローファーでアスファルトを歩く足音、ゴム底の上履きで廊下を歩く足音、衣擦れの音、などなど、マニアックともいえる音響のこだわり(そしてそれが、作品の空気感をこれ以上なく豊かにしている)は、必見・必聴です。

この作品の為にキャラデザインも変更してきた(基本的なところはもちろん一緒ですが、デザインラインを、かなり繊細で、透明感を前面に押し出したようなものに変えた)のも、作品には大いにプラスに働いていました。
もちろん、その効果を狙ってのデザイン変更だったわけですけれど、こういう感じで、こういう演技をさせるような、こういう物語を作らせたら、山田尚子監督は、さすが上手いですねぇ。

画的にドラマティックなことは、ほとんどないような映画ですが、最初から最後まで、全く目が離せませんでした。
これもまた、傑作です。



公式サイトはこちらから
タグ :

2018年 春期アニメ 雑感 その2

 2018-04-18
今期放送開始作品の第1話を観た雑感、その第2弾です。
いつものように、視聴した順番でさらっと書いていきたいと思います。

1)ピアノの森

原作が素晴らしいマンガであることは、誰に聴いても疑いの無いところでしょう。
それだけに、それをどこまでしっかりとアニメ化するのか、できるのか、やる気があるのか、というところに問題があります。
NHKでの放送ということは、普通であれば、ある程度の数字がとれれば最後までやってくれるだろうと思いはするのですが、全12話、となっているのが多少気になるところ。
まさか、12話足らずで一気にあれだけの物語を描き切れるとは思えないので、続編を作れることを前提として、ひとまず切りのいいところまで第1シーズンとしてアニメ化したのだ、と思いたいですね。
ひとまず第1話の出来は良かったので、今後に期待です。
キワどいネタを、どれくらい原作準拠で行けるのか、できればそのままで行ってほしいのですが……

2)シュタインズ・ゲート ゼロ

ゲームはやっていません。
シュタゲについては、先のTVシリーズと劇場版を観に行った程度ではあるのですが、その面白さについては、私が敢えてここで改めて書くまでもないことでしょう。
もともと非常に満足度の高いストーリーだったシュタインズ・ゲートの、ラストを改変してそこから更に物語を続けていくということの是非はどうなんだろうと、敢えて無視していたようなところもあったのですが、こうしてアニメになるのであれば、やはりそれは観ておかなければいけないかな、と。
第1話のツアミはまずまずで、ここから先の展開にも大いに期待できそうな感じではありますが、果たして、牧瀬紅莉栖の取扱いが本作ではどのようになっているのか、ゲーム未体験で事前情報も敢えて入手しないままにアニメを視聴開始しましたから、なかなかに楽しみになります。

3)ひそねとまそたん

始まって早々に、太くてやや粗い主線に、なんだか面白いことをやるとしているんだろうな、と思いましたが、こういう話だとは、思っていませんでした。
このままほのぼの路線で行くのか、それとも何らかの不穏な展開になっていくのか、個人的には前者であってくれて全然かまわないのですが……
OTF(変態飛翔生体)はこれ1体では無いでしょうし、国内だけでなく外国の軍隊でも管理されていたりするのであれば、そこに対立やら争いやら戦いやらが入ってくることも、考えられなくはありませんけれど、まぁ、この第1話の感じだと、それは無いのではないかな。
世の中に「絶対」なんてありませんけれど。
そんなに期待しないで視聴した第1話でしたが、思わぬ拾いものになりそうなアニメです。

タグ :

2018年 春期アニメ 雑感 その1

 2018-04-12
終わる番組の感想を書いたならば、次は始まった番組の感想を採り上げるというのが正しい流れでしょう。
そんなわけで、この2018年春クールに放送が始まった、新番組のアニメについて、その第1話を観た簡単な感想を視聴順に書いていこうと思います。

1)ルパン三世 PART5

ルパン関係のテレビシリーズはPART4から今作の間に複数制作されているわけですが、ここで敢えて「PART5」を名乗ってきたのは、何か1つのテーマ、特定の登場事物がずっと絡んで、全体を通じて1つの物語が紡がれるというのではなく、オムニバス形式で行くからだ、と思って良いのかどうか……
「PART4」は2015年~2016年に2クールで放送された『ルパン三世』のことを指すわけだから、かならずしも完全なるオムニバスとは限らないのかな?
ともあれ、またしばらくの間、毎週楽しんで視聴することができそうです。
ただし、ルパンが仮想通貨を盗むのに使った手段が他人任せだったのは、ちょっと、なぁ。
シリーズ半ばのエピソードであればそれでもいいのですが、これは新シリーズの第1話なのだから、「不可能への挑戦」を生きる目的としているルパンならではの、その真骨頂が見られるようなストーリーを持ってきてほしかったかな、というのが、現時点で感じている、不満らしい不満。

2)重神機パンドーラ

オリジナルでハードめの設定のSFでロボットもの。
いかにも河森正治っぽい設定の作品で、良い感じにキマるかコケるかのどちらかだろうと思いつつ第1話を観てみたのですが、うん、とりあえず掴みはだいぶOKなのではないでしょうか。
このままとことんまでハードに行ってほしいのですが、さて、そこがどうなるかはまだ何とも言えませんよね。
多少のご都合主義はエンターテインメントな映像作品ならば仕方がないとして、どこまでシリアスなドラマをやれるか、やろうとしてくれるのか、が個人的には大いに関心を持っているところです。
とりあえず、様子見でしばらくは視聴を続ける予定。

3)ヒナまつり

原作は最高に面白いギャグ漫画ですが、何しろ主要登場人物にヤクザが多いわ、抗争の話も入ってくるわで、どこまでそれをアニメにできるのかという問題と、あと、原作の笑いの大きな要因になっている「間」をどこまで再現できるかが不安視されたアニメ化でした。
で、第1話を観てみたわけですけれど……
私が原作を読んでいて感じていたテンポとはちょっと異なっていますけれど、そこはマンガと映像作品の違いということで、これはこれでいい感じに収まっていたんじゃないかなと思っています。
ちょっとしたほのぼの感が先行していますが、この作品の本質はそこではないので、その辺りが今後、どのように(良い意味で)馬脚を現してくるかが楽しみになってきました。

タグ :

今期放送終了アニメ 雑感 その2

 2018-04-08
3月末から4月頭にかけて放送が終了したアニメの簡単な感想、その第2弾です。

1)ハクメイとミコチ

前回 感想を書いた『魔法使いの嫁』と同じく原作を上手くアニメにして、最初から最後まで素晴らしいクオリティーで、美しい美術や作画を見せてくれた作品として、『ハクメイとミコチ』が挙げられるでしょう。
最近はこういう作品のアニメ化で、1クール~2クールくらいであれば超絶的なクオリティーを保って走りきってくれるパターンも増えていますが、それは基本的に、作品に対する理解と愛がスタッフの側にもある場合の話。
そう考えると、前回の 『魔法使いの嫁』 もこの 『ハクメイとミコチ』 も、実に幸運な出会いに恵まれた作品だと言えます。
原作にはまだアニメ化されていないエピソードがいっぱいありますし、第2シーズンも期待したいところです。

2)ヴァイオレット・エヴァーガーデン

率直に言って、ベタであること極まりない作品だとは、思うんですよ。
こういうのが泣けるんでしょう?こういうのが感動できるんでしょう?と、明け透けに言われているようで、素直に「良い」と言いたくなくなるという、そんなところが正直ありました。
しかし、ベタであることもここまで徹底して丁寧に追及されると、これはもう降参するしかありません。
泣くか泣かないかでいえば泣きはしませんし、感動に心打ち震えるというようなこともなかったのですが、むしろそうならない私は「物語」に対してスレてしまいすぎていて、素直に受け止めることができなくなっている可哀そうな人間なのかもしれません。
特に、ネットで「ボロボロに泣いた」的なコメントが溢れているのを見ると、つくづくとそう思わずにおれなかったりします。
美麗な作画、考え抜かれた演出、秀逸なBGM、そして抑えられた声優の演技。
そういうものが綺麗に調和して、素晴らしい作品となったと言って差し支えないでしょう。
新作の制作が決まったのは喜ばしいことですが、せっかく良い終わり方をしたこのTVシリーズの余韻や完成度を壊さないものであることを、切に願います。

タグ :

今期放送終了アニメ 雑感 その1

 2018-04-05
番組改編期ですね。
そこでいつものように、この3月末~4月頭にかけて放送が終わったアニメの簡単な感想を書いてみます。
今期は、当初予想していた以上に面白かった番組と、想定通りに面白かった番組があり、総じて、「当たり」の多いクールだったのではないかなと思っています。

1)魔法使いの嫁

2クールをかけて、丁寧に物語を描いた作品でした。
あの絵のクオリティーをよくぞ最後まで保ったなという感じで、ちょっと取っ付きにくさもある原作を上手く料理していたと思います。
音楽も最高でしたし、雰囲気も良くて、原作モノのアニメ化作品の中ではかなり幸運なケースになったのではないでしょうか。
智世の父と弟がどうなったのかというところがはっきりしないまま作品が終わってしまいましたが、それは原作も同じことであり、原作では続けて描かれていく「学院篇」で、その辺りは描かれる、のかな?

2)宇宙よりも遠い場所

こちらは、オリジナル作品。
最初に作品情報を目にした時に思っていたのは、もう少し萌え寄りの、女子高生4人がキャッキャウフフしながら南極を目指すものというイメージでしたが、実際の作品は、それとは違っていましたね。
非常に上質な、成長物語であり、自分のいるべき場所をさがす物語であり、目指すべきところを求める若者の物語でした。
実に良質、主要キャラクターの掘り下げとエピソードの描写、そして考えられた演出、綺麗に回収されていく伏線など、教科書にしてもいいんじゃないかとまで思える作品。
思わず Blue-ray を全巻予約してしまったくらい、思わぬ掘り出し物でした。

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫