「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」

 2017-03-21
高校時代からの、一番仲の良い友人と、神山健治監督の、オリジナルとして初めての劇場作品という 『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』 を観てきました。
誘ったのは私の方で、仕事の年間最繁忙期も何とか切り抜けて、4月からは新しい展開も色々と控えている中での、貴重な息抜きとしてこいつを観てみたいなと、そしてどうせならば友人と久しぶりの話もしたいなと、そんなことを思ったのです。

前置きはそれくらいにして、本題に入りましょう。
まず、全体的な感想を簡潔に述べさせていただくならば、「良い映画ではあるんだけど……」という感じに尽きます。
そこにある物語の本筋をすんなりと語ってしまえば結構地味なものを、夢の世界と現実とを交錯させて描くことで、アニメーション的見せ場を持たせると同時に深みを増そうというのは、なかなかチャレンジ感あふれる手法で良かったですし、テーマも私好みだったのですが、現実と夢の世界との入れ子構造の見せ方と、序盤のテンポの悪さが、どうしても気になってしまって、仕方が無かった、というところ。
一方で、プラス評価の点を挙げるならば、作画もキャラの動きも良かったですし、主題歌に 「デイ・ドリーム・ビリーバー」(THE MONKEYS の原曲ではなくて、ザ・タイマーズがカバーした、忌野清志郎による歌詞の日本語版の方) を選んだのも、物語の内容と歌詞がリンクしていて、実に良かったです。高畑充希の歌も、実に上手いですしね。
それだけに、もう1つ、何かが足りない、もうちょっと練り込みがあれば、というようなことを感じずにおれなかったのが、非常に残念でした。

最後、ハーツがどうしてあそこに現れたのか。
「自宅」の設定の故なのか、あるいは、魔法により心を得たのか、それは語られていませんが、まぁ、その辺は、観た人それぞれが自由に想像してほしいということなのでしょう。
エンドロールの映像と、そこに流れる「デイ・ドリーム・ビリーバー」が最高だったので、それだけで全てがOKだと思いたくなったりもした、そんな、魅力溢れる、けれども私にはどこか微妙な、そんな作品でした。

この歌詞を、別れた恋人にあてたものだという人が多い中、私は個人的には、「別れ」は「別れ」でも、これは死別した恋人……というか、少なくとも結婚生活が10年以上に及んだ妻を亡くして、さらにそこから数年以上が経過した夫が、かつての妻との生活の思い出を振り返っている歌だ、というように思っていました。
だから、忌野清志郎が歌詞を書くにあたって念頭にあったのが、その頃に亡くなった育ての母と、彼が3歳の時に亡くなっていて一切記憶に残っていない実の母のことだということを知った時には、ものすごく納得してしまった、というのは、『ひるね姫』 の感想としては蛇足もいいところの、あまり関係のない話ではあるのですけれども、上述のように、この歌詞が、この映画の内容ともかなりリンクしているということもあるので、ここに掲載させてもらいます。

普段、映画の紹介をする時には、その作品の予告編の動画を貼るようにしているのですが、今回は、そんなわけで、映画の映像を使った 「デイ・ドリーム・ビリーバー」 のPVを貼らせていただきます。
ご堪能ください。



公式サイトは こちら から

タグ :

「ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」

 2017-02-21
何かと仕事が忙しい時期になってきているのですが、休日返上で出勤しなければならずに、本当に身動きができなくなるくらいバタバタするようりも前に行ってしまおうと、公開されたばかりの映画 『ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』 を観てきました。

原作読者、またはTVアニメの視聴者だけをターゲットにして作品を作る場合に楽なのは、舞台設定や状況説明、キャラ紹介などが一切いらず、いきなり本題に入れるというところにありますよね。
とはいえ、それは逆に言えば初見を全く切り捨てることにもなってしまうわけですが、まぁ、SAO くらいの人気であればそれで問題ない、という判断なのでしょう。
それはそれで、アリだとは、思います。
問題は、これまでの物語の中でのサブエピソードというようなものでは無いような新規のエピソードを持ってきて、それを映画の枠内でちゃんと物語として語りきれるのか、というところで、そこが、私が劇場に行く前に一番危惧していたところでした。
中途半端に駆け足のモノを見せられても、それは嫌だな、という。

で、実際の映画がどのようになっていたのか、です。
ネタバレにならないように軽く説明をすると……上手く綺麗にまとめてきたな、というか、思っていた以上に、物語としてきっちりと成立している作品でした。
もちろんそれは前述のように、TVシリーズにおいて基本的なことが語られているからこそ可能になったことであって、だからこそ2時間程の上映時間内に一通りのストーリーを、ダイジェストのようにならずに入れきることができた。
とはいえ、全くの新規でエピソードを組み立てようとしたならば、それはやはり難しい。
そこを考慮した結果なのかどうか、というのは分からないのですが、今回の映画は、これまでTVで放送されてきた3部の全て、特に第1部の内容にかなり密にリンクしていて、細かい説明はそれ故にパスされる、というような構造になっています。
それは半面、私が当初予想していたよりも、一見さんお断りな性格が強かったということでもあります。
これから本作を観に行ってみようかな、ということを思っているような人は、ですから、その点は事前に了承しておいた方がいいでしょう。

それを分かった上で観るのであれば、この 『ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』 は、画は綺麗で演出もいいですし、アニメーションとしての出来は非常に高い良作である、と言えると思います。
特に、シリーズのファンだという人であれば、間違いなく大満足できるはず。

エンドクレジットの後のオマケ部分は、SAOというシリーズとしては、今後の展開もあるのか、と期待させるという点で、アリです。
まぁ、それが実現化しなければ、1本の映画としては無用の蛇足だ、という側面の方がクローズアップされることになってしまうのでしょうが、それは、これからの動きを見ていかなければ分かりません。


公式サイトは こちら から

タグ :

「虐殺器官」

 2017-02-06
2009年の3月に34歳の若さで肺ガンにより亡くなったSF作家、伊藤計劃。
その著作をノイタミナで劇場アニメ化する、Project-Itoh は、本来の第2弾として計画されていた 『屍者の帝国』 と、第3弾として計画されていた 『ハーモニー』 は2015年の年末に公開されたものの、第1弾だった 『虐殺器官』 は、当初の制作スタジオの倒産などの影響もあって、新スタジオを設立しての制作の継続こそは発表されていたけれども公開時期だけは決まらないままになっていました。

しかし、その 『虐殺器官』 が、2月3日に満を持して公開開始。
伊藤計劃の作品はもともと好きですし、まさしく待望の、と形容していい映画ですので、これを観ないという選択肢は、存在しません。
早速、チケットの予約をして映画館まで行ってきました。

端的に言えば、渋い作品に仕上がっていたな、という感じです。
それは、物語が、というだけではなく、キャラクターも、演出も、そして登場してくる様々なもののデザインも含めて。
もともとの原作が、そんなに派手なものではなかっただろう、という意識もありますし、村瀬修功が監督をするのだから、必然的にそういうものになってくるに違いない、という予想もしていました。
なので、映画のテイストについては、まぁそうなるだろうね、という感じで、意外なことはありませんでした。
戦闘シーンの派手さとか、そういう画的な見どころもありつつも、基本は会話劇、それも、かなり情報が詰め込まれた密度の高いものなので、読み直しのきかない映像だと厳しいところがあるのと、どうしても地味目になりがちなのは、エンターテインメントとしてはマイナス要素ですけれど、『虐殺器官』を映像化するとなれば、その辺は致し方の無いことでしょう。
色気のあるキャラクター、ストイックな軍事描写等、村瀬修功が本作を担当することになった経緯は分かりませんが、その決定をした人は、実にいい判断をしたと思います。

こういう原作モノの映像化の場合には、原作との相違点、改変ポイントというのが問題になるわけですが、この 『虐殺器官』 においても、原作と違っている部分というのは、存在します。
それも、結構大きな要素がバッサリとカットされていたりしるので、そこについては、原作読者の賛否を呼びそう。
個人的には、その結果として、主人公のクラヴィスと彼が追い詰めようとしたジョン・ポールとの間に、ある種の同類性というか、両者が表裏一体の関係性を持っているかのような印象が出てきているので、これはこれで、アリな改変だと思っています。

本作はかなりストイックにアニメ化された作品ですので、セリフを含む映像から与えられた情報を自分で咀嚼しないと、話の流れが分かりにくいところがあるかもしれません。
多少のバイオレンスな描写もあるので、そういう意味では、単純で爽快な物語を観たいと思う人には、向かない作品と言えます。
それを踏まえて、本作を観に劇場に行くか行かないか、後は、好みの問題ですね。
個人的にはかなり気に入った映画ですので、是非、多くの皆さんに観てもらいたいところですが。


公式サイトは こちら から



タグ :

2017年冬クール 新番組 雑感

 2017-01-22
番組改編期のお約束として、新たに放送が始まった新番組の感想を書くことにしていますので、かなり遅くなってしまいましたが、今回もそれに倣って、1月開始の番組の簡単な雑感を書いてみたいと思います。
といっても、今期は、ここで感想を書こうと思えたタイトルがあまり無かったのですが。

なお、これもいつものように、掲載順は私がその番組を観た順番であり、そして内容は、あくまで第1話を観た段階での感想だということも、お断りしておきます。
中には既に2話が放送されているものもありますが、それは反映されていないもの、ということですね。

1) 青の退魔師 京都不浄王篇

以前のTVシリーズの放送は……2011年ですか。
翌2012年末の劇場版公開というのもありましたが、そこからでも約4年のスパンが開いての第2期放送というのは、探してみれば他にも似た事例はあるかもしれませんけれど、昨今のアニメ界ではなかなか無いことのようにも思えます。
それはつまり、それだけこのタイトルに人気があった、ということですね。
ちゃんと確認はしていないのですが、第1話を視聴した感じ、キャストも変更は無いよう。
こういうので、第2シーズンになったら声が変わったりすると興ざめですからね。

2014年3月で放送が終わった「宇宙兄弟」も、原作が完結した辺りで、第2シーズン放送開始、となってくれないかな……?

2) リトルウィッチアカデミア

今期、一番待ち望んでいたタイトルです。
Youtube で観たアニメミライ版も、2015年に公開された劇場版も、実に私好みでしたので、このTV版にも大いに期待をしていました。
その期待は裏切られず、第1話からグリグリと動き回っていますし、キャラは魅力的で、話も導入部としては満点。
アニメミライ版の時から、昨今では逆に珍しいくらいに非常にオーソ-ドックスな作りの作品なのですが、そのオーソドックスさをしっかりと保っていてくれたのは、嬉しい限り。
第1話でいきなり、アニメミライ版~劇場版とは違う流れで主人公がシャイニーロッドを入手していましたし、今回のTV版は、過去の2作とは別の時間軸にあるものだと考えるべき、かな。
2クールの放送予定がどのような構成になっているのかは分かりませんが、個人的には、ずっと日常話を続けてくれても構わないくらい、この作品の空気感がすきです。

3) 弱虫ペダル NEW GENERATION

すっかりシリーズが定着した感がありますね。
この第3シーズンからは、3年生が卒業しての新体制、ということですが、第1話の時点では、まだ新入部員云々ということにはなっていません。
ならば、3年の引退がここでのハイライトになるはず、と思ったのですけれど、意外とあっさりと流されてしまいました。
特に、巻島が卒業を前にしてイギリスに行ってしまう、というところが、かなりサラッと済まされたのは、ちょっと消化不良というか、違和感があるというか、それでいいのか、と思ったところ。
第2話以降で、その辺はちょっとフォローがあるのかもしれませんが……

タグ :

「傷物語Ⅲ 冷血篇」

 2017-01-12
2017年の最初に観たアニメ映画は、2016年1月に観た 『鉄血篇』、同8月に観た 『熱血篇』 に続く、『傷物語』3部作の完結編。

制作発表から実際に映画が完成するまでに、えらい長い時間のかかった作品ではありましたが、いざ劇場公開が始まってからは、半年ごとのペースですから、まずまず順調だったと言えるのではないでしょうか。
1作辺り1時間程度の作品では、あるのですけれど。

内容的に、1時間×3部作とするよりは、1時間半×2部作、またはいっそ2時間~2時間半書ける1作で終わらせた方が、映画としてもストーリーとしても、もっとずっとすっきりしたのではないかという思いは、今回の 『冷血篇』 でも変わらず。
まぁ、そういう無駄にも思える演出や、長回しのセリフこそが、本作の制作スタジオであるシャフトの持ち味、「らしさ」であり、これまでのシリーズも全てそんな感じだったではないか、と言えばそれまで。
もともと、西尾維新の原作も、一人称での冗長な語り口が特徴ですしね。

『傷物語』 というエピソードのストーリーについては、既に原作をだいぶ前に読んでいるので、今回、とりたてて思うことはありません。
強いて書くならば、ああ、こんな話だったよね、という感じ。
なので私の関心は、どういった作画をしてきて、そこにどういう演出をしてくるのか、というところに行くことになる、のですが……

いやぁ、今回も、前2作を引き継いで、かなりエッジの効いた、切れ味のよい作画と演出が繰り広げられていました。
別の表現をすれば、クセが強い(強すぎる、とも言えます)ということなのですが、いわゆるシャフト的な演出の中でも、際立って攻めている作画と演出で、これは受け付けない、と拒否感を示す人も結構多そう。
監督の作家性だとか、アーティスティックな感じだとか、そう言ってもいいでしょう。
「生」と「死」を扱っているということもあり、スプラスティックなドギツい表現、ショッキングな描写も多いのですが、それは、この物語には、必要にして不可欠なものでしょう。
延々と続く会話やモノローグが多いのは、もともと原作がそういうもの(そこが持ち味にもなっているのですけれど)だから仕方が無いのですし、カット割りその他が工夫されていて、そんなに違和感は無いのですけれども、退屈だという人もいるでしょう。
ただ、後半のアクションの圧倒的な描写は、誰しもがうなるところではないでしょうか。
血みどろ(ただし、結構コミカルな感じに観ることができます)、ですけどね。

物語以外のところで言うなら、今回、改めて凄いな、と気づかされたのは、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードを演じた坂本真綾の、年齢別の演じ分け。
これには、やっぱろプロって凄いんだな、と、素直に感心させられました。
後は、スタフロールの時に流れていたED、クレモンティーヌの歌う「étoile et toi [édition le blanc]」が絶品。
「熱血篇」 のEDのリアレンジですが、もともと良かった曲が、さらに素晴らしくなっていました。

アニメマニアか、「物語」シリーズという作品のファンにしか、お勧めできないような映画ですけれど、個人的には、結構好きですよ、この3部作。


公式サイトは こちら から



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫