FC2ブログ

2020年冬期 終了アニメ 雑感

 2020-04-06
番組改編期には、放送が終わった番組の最終回を視聴した感想を書くことにしているのが、このブログにおけるマイルールの1つ。
ですので今回は、先の3月に放送が終わったアニメについて、簡単な感想を書いていきます。

1) ID:INVADED

最近にしては珍しいくらいに物語に難解性があった作品でしたよね。
それが嫌だという人も、もちろんいたのでしょうけれど、娯楽作品であるアニメはもう少し視聴者に対して分かりやすさを重視すべきという主張にはうなづく部分もあるものの、個人的にこういうタイプの作品は好きです。
クセのあるキャラクターデザインも4話くらい観た辺りで慣れてきましたし。
どこかでまた第1話から観直してみたいかな、と思いました。

2)映像研には手を出すな!

良いアニメでした。
この作品について何かを言うのであれば、それは「友達ではなく仲間」ということに尽きるのではないかという気がします(実際のセリフはこれとは異なりますが)。
作中でこれが出てきた時に震えたという人は、私だけではないはず。
湯浅監督の独特なクセも、この作品には実に合っていたと思いますし、登場するキャラクターが、端役まで含めてみんな魅力的で、実に生き生きとしていました。
原作のストックには若干の問題がありますけれど、是非、第2期を作ってほしいと思います。

3)ちはやふる3

続きを作ってほしいといえば、こちらも同様です。
原作を丁寧にアニメ化していること、全てのキャラクターの魅力が爆発していること等、『映像研~』との共通点も多いですよね。
もちろん、高校の部活モノという枠組みは一緒でも、中身は全然異なっているのですけれど。
原作は今おそらく物語の最終局面に入っているので、半年なり1年なりのスパンを開いて第4期2クール、というのは可能な話では無いかと思います。
こちらは、未アニメ化の原作ストックもしっかり溜まっていますし。
なお、もともと制作する予定は一切なかった第3期が、ファンが熱く待望する声を受けて制作されるに至ったという本作の経緯には、これ以外の作品でも同じようなことができないかな、と思わされます。
例えば、『宇宙兄弟』とか。

タグ :

「PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR」

 2020-04-03
新型コロナウイルスを巡る状況が皆さんご存じの通りなので、映画館まで観に行くかどうか、悩みに悩んでいたのですが……
結局、Amazon Prime で視聴をすることにしました。
何の話かというと、1回1時間、全8話で放送されたTVシリーズの続きを描いた映画、『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』のことです。

正直、TVが終わった時点では、残されている物語のボリュームを考えれば、さすがに映画1本でビフロストを巡る今回の物語を終わらせるのは無理だろうと思っていました。
つまり、こういう流れになるのではないかと想像していたのです。
① とりあえず劇場版を1つ制作して、ここまで描かれたストーリーにひとまずの区切りを付けることをする。
② それから、未完となってしまう、その続きとなる全体的な決着については、改めて 『PSYCHO-PASS サイコパス 4』 として、新たなるTVシリーズでやる。

しかし、実際の作品がどうだったのかというと、これが少し意外だったことに、ビフロストを巡る物語それ自体は、今回でしっかりと幕が引かれていました。

最近の劇場版としては長い上映時間、2時間超というのは、TV放映時のフォーマットで言えばちょうど3話に相当するくらいですよね。
実際、配信でも3つに分割して行われていますし。
ということは、もともとの構成としては、1話あたりCM等込みで1時間の枠で全11話、30分モノだと全22話というものになっていたと考えられます。
それはしっくりときて、大いにありそうなことに思えますよね。
当初から最後は劇場版で、という流れだったのか、それとも放送スケジュールの都合で構成通りにTVで放送できそうもないから劇場版で完結という形にしたのか、それは分かりませんけど、ともあれ、『PSYCHO-PASS サイコパス 3』 の物語は、これで一応の完結を見たことになりました。

過去作からの引き続き登場組も、今回のシーズン3から新たに登場したメンバーも、それぞれに見せ場があって、いい映画(私は配信で観ていますけれど)でした。
物語の密度がとんでもなく濃かったので、正直、2時間程度というよりも、3時間か4時間くらいの作品を観た気分です。
……ということは、これを劇場で鑑賞していたならば、コストパフォーマンスがとんでもなく高い映画だと言うことができるのかも。
と、まぁ、それは冗談ですけれども、実際、いい作品だったと思います。

ところで、ビフロストに係わる物語は一応の終結となったものの、残された謎、今回の劇場版でも語られなかったモノが結構あるのですけれど、この続き、TVシリーズでやってくれますよね?
『PSYCHO-PASS サイコパス 4』 の発表、待っています。


公式サイトは こちら から

タグ :

劇場版「SHIROBAKO」

 2020-03-01
2014年から2015年にかけて放送された全2クールの作品、『SHIROBAKO』 の新作劇場版の公開が始まりましたね。
ちょうど新型コロナ対策で様々な施設の休館、ライブの中止などが報じられているところでの封切りとなったのは、作品にとってはマイナスでしたけれど、私の行った回は、客の入りはそこそこ。
皆、この作品を劇場で観たい、という思いを強く抱いていたようです。

で、前置きはさておいて、劇場版『SHIROBAKO』の感想です。
公開したばかりの映画のストーリーを具体的に書いてしまうのは興醒めですけれど、下の予告編で分かるくらいのことは、ある程度書いても構わないでしょう。
今回の劇場版は、TVシリーズの4年後、主人公の属する武蔵野アニメーション、通称ムサニが、自社制作作品の制作中止により多額の負債を抱え、社長が引責辞任、多くのスタッフが他社に移ったり独立したりした後の、下請けスタジオとして細々と存続している状態から始まります。
つまり本作は、そのような状態から、主人公の宮森が、そしてムサニ(旧ムサニ)の面々や関係者たちが、どのように立ち上がっていくのかを描いているのです。

夢を仕事にすることの重さ、夢は夢のままにしておけば苦しい現実など知らずに済んだのではないかということ、そしてそれでも尚、夢を追うことを捨てられないこと、夢を追おうとすることの意味、動機。
自分のあこがれや夢を職業にできた人の中でも、それを明確に自覚できている人は世の中にそんなに多くないのではないかとも思うのですが……
新人から中堅になっていくにつれて、当然ながら周囲から求められることはレベルアップしていくものですけれど、そのことと、自分がそれに応えられるかどうかは別問題ですよね。
これはアニメ業界に限らず、どの仕事でもあることです。
宮森達がそれにどう向き合い、抗い、前に進んでいくのか、劇場版『SHIROBAKO』とは、つまりそういう作品だったのかなというのが、現時点での私の感想。
今後、Blu-ray が発売されて、それを何度か観返していくうちに、また別の感想も出てくるかもしれませんけれど。

一言でいうならば、いい映画でした。
『SHIROBAKO』 でオリジナルの新作劇場版を作ると聞いて、どういうものになるかと抱いていた期待は裏切られず、望んでいたもの、あるいは望んでいたもの以上のものを見せてもらったという感じです。


公式サイトは こちら から

タグ :

「GのレコンギスタⅡ ベルリ 撃進」

 2020-02-23
昨年12月に2週間の限定公開された映画、『GのレコンギスタⅠ 行け!コアファイター』 に続く、劇場版Gレコの第2弾、『GのレコンギスタⅡ ベルリ 撃進』 が、今回も2週間の限定公開となりましたので、早速観てきました。

第1弾は、確かに細かいところで色々とセリフや描写をいじったりはしていましたが、基本的にはTVシリーズ序盤のダイジェストとでも評せるような感じでした。
だから劇場でそれを鑑賞した時点での私は、やや不遇な結果となったTVシリーズを受けて、可能であれば新たなファンを獲得していかなければならないはずの劇場版ではあるのですけれども、これだとちょっとそれは難しいかもしれないなと、そんなことを考えていました。
要するに、少しばかり悲観的になっていたのですね。

ところが、公開されてしばらくしてからネットで目にするのは、第1弾に対するかなりの好評さ。
いかにしてもかなりの駆け足な展開なのは否めないし、物語をじっくり理解しながら鑑賞するような作品にまではなり得ていないと思っていたのですけれど、ネットの評判をどこまで信じていいのかという問題はありますが、話半分くらいに受け止めるとしても、これくらいの感じで好意的な感想を目にするのであれば、劇場版の 『Gのレコンギスタ』 は、とりあえず上場の滑り出しをしたのだと思っていいのでしょう。

で、そういった状況を受けての、劇場第2弾です。

戦闘シーンを含めて物語が整理されてきているな、ということとか、キャラクターの心理描写、特にアイーダの心の動きが分かりやすくなっているなということは、第1弾と同様です。
その為、全体的にストーリーがスムースに流れている感があります。
とはいえ、ちょうど今回の辺りからGレコの物語は複数の勢力……具体的には、主人公が成り行き的に属しているメガ・ファウナ、メガ・ファウナの背後に控えているアメリア軍、主人公の母の属するキャピタル・ガード、そこから分派した急進的武装部隊のキャピタル・アーミー、世界にエネルギーを供給するスコード教、そして月面付近で何やら文sh気な動きを見せている謎の宇宙勢力といった辺りが複雑に絡み合い、それぞれの思惑で動くようになってきます。
つまり、複雑さをどんどんと増していくのですね。
それぞれの勢力が全面対決、総力を挙げての戦争状態に突入していったりするわけでもないから、余計に。
カントクはそういう物語を描きたかったのだろうし、その気持ちは十分に分かるのですが、さて、今回のこの劇場第2弾を、これまでGレコに批判的だった人や、そもそもGレコを観たことがなかった人が、どのような感想を抱くのか。


公式サイトは こちら から

タグ :

「メイドインアビス -深き魂の黎明-」

 2020-01-23
当初の想定よりも高いR15という年齢制限が課せられたことも話題になった映画、『メイドインアビス -深き魂の黎明-』 を観てきました。

まぁ、普通に考えて妥当な年齢制限ですよね。
『メイドインアビス』という作品は、一見すると可愛らしいキャラクターデザインと色彩豊かで緻密な背景が織りなす、ファンタジー冒険絵巻という皮を被っていて、その実、かなりエゲツない展開を見せる作品なのですから。
さらに、今回の映画は「深き魂の黎明」という副題で、TVシリーズの続編とうことなのだから、当然そこで描かれるのは、あの辺のエピソードになるに決まっているわけで……
そりゃあ、どう考えたって、可愛らしい児童冒険者たちによる可愛らしい冒険、になるわけがありません。
むしろ、期待通りの胸糞展開だったと言えましょう。

黎明卿、新しきボルドンド、ボ卿、ゲス外道、呼び方は色々ですけれど、いずれにせよ、本作の敵役であるこの人物がどうしようもないロクデナシなのは、誰しもの意見の一致するところでしょう。
そのロクデナシっぷりを楽しめるかどうか。
この 『メイオインアビス -深き魂の黎明-』 をエンターテンメント作品として受け止められるかどうかは、そこがポイントです。
なお、それ以外の、画面構成や、キャラの動きや、背景美術や、音楽といったものは最高に素晴らしく、制作側の本作に対する本気度がうかがえました。

TVアニメの続編なのだから、映画ではなくTV放送の方がいいのではないか、とか、第2期は無いのか、とか、そういう話もあるでしょうけれど……
いやぁ、この内容をTVで放送するのは、倫理的にどうなんでしょうね。
ここ以降をTVで第2期放送、というのも……


公式サイトは こちら から


タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫