FC2ブログ

「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」

 2019-04-22
武田綾乃の小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』前後編を原作にする劇場アニメ、『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』を新宿で観てきました。
本作が以前にここに感想を書いた劇場作品『リズと青い鳥』とは原作を同じくする姉妹作とでもいう関係にある、というのは、わざわざ書かずとも皆さん既にご承知のことでしょうか。
2度のTVシリーズから続く正当な続編となるのはこちらであり、だからタイトルも『劇場版 響け!ユーフォニアム』となっています。

物語は、2年生に進学した主人公達が所属する北宇治高校吹奏楽部が前年は叶わなかった吹奏楽コンクール全国大会の金賞を目指して頑張る、というものであり、その点だけを見るのであれば、まぁ、凄くベタですよね。
原作はそこに共依存関係とか、先輩後輩のアレコレとか、そういうものを色々と絡めている作品でしたが、今回は1本の劇場作品としてまとめることから来る時間的制約もありますし、ストーリーとしては大筋の部分にグッと絞ってきている感じです。
その過程で切り捨てたもののうち、青春小説としてかなり重要となる部分については、既に『リズと青い鳥』で山田尚子監督が丁寧にかつ執拗に描いていますしね。
つまりこの2つの劇場作品は、ある意味で車両の両輪とでも言うべき関係にあるのかもしれません。

文庫2冊分のボリュームの物語を、焦点の1つを別作品に切り離したとはいえども100分余りの映画にするとなると、やはりダイジェスト的にならざるを得ない部分もあるのですが、そこは結構上手く処理していた、かな?

原作は最終章の前編が発売されたところで、来月にはシリーズ最終巻となる(その後に外伝集的なものが出るかどうかは分かりませんが)後編が出るわけで、今回の劇場版のスタッフロール後の映像を見ても、そこまでアニメ化する気が京アニにはあるんだろうなというのは、簡単に察せられます。
同じように劇場版にしてくれてもいいのですが、どうせなら、TVシリーズで観たものだなと思います。
どうですかね、京アニさん。


公式サイトは こちら から

タグ :

「やがてはるか空をつなぐ」

 2019-04-20
少し前に購入していた山之臨の『やがてはるか空をつなぐ』を、ちょっとした気分転換的に読了。

本作に関する感想を簡潔に表現するならば、モデルロケット(ペンシルロケット)の打ち上げと青春、高高度バルーンと恋愛モノは相性がいいということを、改めて感じさせてくれる作品であるいうことになるでしょう。
これ等の要素を並べただけで、その作品についてはある程度の成功が約束されると言ってもいいくらいだと私としては思っています。
例えばこれがロボコン、ロボットコンテストを題材にした作品であっても同様のことが言えますよね。
つまり、工学系のこういう部活モノは、協力して何かを作り出す、それも、はっきりと形のあるもが成果になるので、青春モノとして分かりやすい定型がある。

とはいえ、どれだけ勝てる要素を並べたとしても、それだけであっさりと勝てる程に世の中は甘くないわけであり、残念ながら世の中には「素材は良かったのにねぇ」という失敗作も一定数存在するのも事実です。
それを踏まえた上で、この『やがてはるか空をつなぐ』がどうだったかというと……

地方都市と思しき町にある高校で物理部に所属する男女が高高度バルーンやモデルロケットを打ち上げようと活動する様を、彼らそれぞれのこれまでを振り返りつつ描く本作は、率直にいって、ストーリーを語るという点でちょっと書き込み不足の面もありました。
また、そんなにあっさりと事態が好転するわけ無いだろうという無理目な展開もあったのは、いなめません。
しかしながら、ラノベという媒体であることや、一冊完結作品ということからくるボリュームその他の限界を考慮すれば、それも止むを得ないところでもあるのでしょう。
ですので、そこはあまり無理を言えないかもしれません。

青春小説としてオーソドックスな物語でしたし、こういう作品ならばこういうものを読ませてほしいというこちらの期待を裏切らずに、期待通りのモノを読ませてくれたので(その分、意外性は皆無ですが)、まずまず悪くない出来と言えるのではないでしょうか。
何だかんだいっても基本的に面白かったので、満足か不満かということでいえば、結構満足できた作品でした。


タグ :

2019春シーズン 新番組 雑感

 2019-04-18
ちょっと遅くなりましたが、今月になって放送が始まった2019年春ク-ルの新番組について、番組改編期にはいつもそうしているように、私が視聴をしたものの簡単な感想を、市長をした順に掲載していきたいと思います。

1) フルーツバスケット

現在放送中の「どろろ」しかり、前クールの「ブギーポップは笑わない」しかり、かつて一度アニメになっている原作を再アニメ化することに関して、流行りのようなものがあったりするのでしょうか……
それは原作になる様なものが枯渇しているということを意味するわけでは、さすがに無いと思います。あるいは、かつてのアニメを観ていた世代が、企画を通せるところの立場まで出世してきていて、今度は自分の手でアニメ化してみたいという意志を持ったということなのでしょうか。
この「フルーツバスケット」に関して言えば、物語の中途で終わってしまっている旧アニメに対し、今回は最後まできっちりとアニメ化しようという狙いもあるのかもしれません。そう考えれば、このタイミングでの再アニメ化も、分からなくもないかな。
とりあえず今のところは丁寧に作っていますし、今後に期待できそうです。

2) 消滅都市

うーん……
題材的にはなかなか魅力的だとも言えるのですが、展開に説得力が無さすぎだったような気がしないでもありません。
かなり疲れまくっている状態だったという私の側の問題から、今一つ身が入らずに試聴していたので、きちんと物語を受けられなかったという可能性も無くはないのですけれども、でも、第1話の物語が少しばかり独りよがりなものであったのは否定できないかも。
細かいところは第2話以降で説明していく、というスタイルは嫌いではないけれども、本作の第1話については、もうちょっと上手い見せ方はなかったかなと思いました。
とはいえ、基本的にこういう話は嫌いでは無いから、しばらくは視聴を続けていくつもり。

3) Fairy gone

これは、雰囲気があっていいですね!
P.A.WORKSの作品ということで作画は安定して綺麗でしたし、物語も、なかなか思わせぶりで面白くなっていきそうです。
どこまでドロドロさせるのか、あるいはアクションの方に重きを置いていくのか、意外と人間ドラマになって行くのか、現段階では色々なパターンが考えられますけれども、さて、どうなっていくのでしょうか。
シビアにしていこうと思えばいくらでもシビアにできそうですし、コメディータッチな要素を入れようと思えば入れられなくもなさそうですし、恋愛モノやバディーものにだってできるでしょう。
第1話はかなりいい感じだったので、物語を破綻させること無く、その辺りも上手いバランスを取って、良い作品になってくれることを願います。

タグ :

ジルベール!?

 2019-04-16
14日に開催された、北のクラシックの最後を飾るパリ~ルーベ、通称「北の地獄」の2019年大会の録画をようやく観ることができました。

今大会は明確な優勝最有力候補がいないと言われていつつも、優勝するに値する実力を有する選手やチームがひしめいていて、誰が勝つのか様々な意見が割れる状況。
そんな中、チーム力と駒の多さで言えば何といってもここが一番ということができるのが、今年も既にチームとして大量の勝利を挙げているドゥクーニンク・クイックステップ。
今回もゼネク・スティバール、イヴ・ランパールト、フィリップ・ジルベールと、優勝を狙える選手を3名出走させて展開次第で誰でも行ける体制を作り、終始自分達に有利な形になるように計算されたレース運びを見せていました。
もちろん、それだけで勝てるならば、誰も苦労はしないわけですが……

終盤の展開は、集団から抜け出すことに成功して5人に絞られた優勝候補の中に2人を送り込むことに成功したクイックステップと、昨年覇者であるボーラ・ハンスグローエのピーター・サガン他の勝負となったのですが、最後の最後にサガンとEFエデュケーションファーストのセップ・ファンマルクが、ハンガー・ノックで失速をしてしまいます。
最終的に、ルーベの競技場で、カチューシャ・アルペシンの若手選手ニルス・ポリッツとの駆け合い勝負を見事に制したクイックステップのジルベールが36歳にして見事に初優勝を獲得しました。

ベテランがこうして活躍する姿を観れるのは非常に嬉しいですし、それを抜きにしても全体的に非常に面白いレースだったと思います。
ジルベールは、これで5つのモニュメントの内の4つで優勝。
モニュメント全制覇まで、あとは、ミラノ~サンレモを残すのみです。
来年が楽しみになってきました。


公式サイトはこちらから
タグ :

ニッポン制服百年史

 2019-04-14

どんな展示をやっているのかな見てやろうかなという冷やかし半分で、文京区の弥生美術館で現在開催中(4./4~6/30)の「ニッポン制服百年史」展を見てきました。
不忍池から東京大学沿いに暗闇坂を登って行った右側にある、小さな美術館です。
まぁ、実際には東京メトロ南北線の東大前駅か、同千代田線の根津駅から行く人の方が多いと思いますが。

日本における制服の誕生から、その変遷、そしてそれがポプカルチャーと化していく過程を丁寧に解説している展示で、なかなか好印象な企画でした。
展示室もそんなに広くないのでどうしても展示品の数は限られ、アレもコレもというわけには行かないから、かなり厳選されたものになったのだろうなというのは、察することができます。
そんな制約の大きな中で、全てに目を配った展示は当然できないでしょう。
それを踏まえれば、様々な要素をピンポイント的に並べ、そして市立美術館である以上は企画展に客を呼び収入を得ることも重要であるということも押さえた今回の展示は、なかなか良いものであったと思います。
日本における制服、特に女子制服の歴史を概略的に理解できて、ちょっとした勉強になりました。

今回の展覧会の図録的なポジションになるのが、下にアマゾンへのリンクを貼った、河出書房新社の『ニッポン制服百年史 女学生服がポップカルチャーになった!』で、一般販売されているものになります。
これを読めば弥生美術館に行く必要は無いのではと思われるかもしれないくらいに充実した内容なのですが……やはり実物を目にすると写真とは違います。
それに、弥生美術館周辺は他にも観光的なスポットが多いので、土日にでも、それも一緒に回るようにして行けば、充実した1日となるのではないでしょうか。
例えば、東大に入って安田講堂や三四郎池や赤門を見るのもよし、根津神社や根津教会を見るもよし、谷中商店街や谷中霊園、上野公園、不忍池、アメ横、湯島天神、神田明神などなど、歩き回ってみても楽しい地域だと思います。




タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫