「怨讐星域Ⅲ 約束の地」

 2017-09-23
全3巻の作品の完結編となる、梶尾真治の『怨讐星域Ⅲ 約束の地』。

太陽フレアの異常膨張により焼き尽くされ、消滅してしまうことが分かった地球から、選ばれた一部の人間を乗せて脱出した世代間宇宙船ノアズ・アーク。
そのノアズ・アークと、ノアズ・アーク出航後に開発された星間転移技術を使って地球を脱出した、切り捨てられた人々。
5世代を重ねる程の年数を要して両者が、移住先である「約束の地」ニューエデンで再会するというのが、今回のストーリーのヤマ場です。

転移組が抱いている恒星間航行組への憎悪と恨みとで捻じれまくった感情が、ノアズ・アークからニューエデンに降下してくる人々を本当に惨殺してしまうのか。
それともそのような血まみれの再開は回避されるのか。
その結果がどうなるのかは、これから本作を読む人のお楽しみとして、ここでは触れないでおきますが、もしかしたら人によって、その内容に不満を抱かれるなんてこともあるかもしれません。
というのも、本作にはラストのカタルシス的なものがあまり無いから。
とはいえ、これは梶尾真治が物語の紡ぎ手として失敗したというようなことを意味しているのではなくて、要するに、作品の方向性がそもそもそういうところを向いていなかったということなのでしょう。

私がそう思うのは、シリーズ第1巻の後書きにおいて梶尾真治自身が、「年代記のようなものが書けないかな」と思って本作の連載(雑誌『SFマガジン』に不定期掲載)を始めた、と記しているから。
もちろんこれだけで断定するのは危険です。
それでも、SFで「年代記」、かつ、梶尾真治の発言ということからイメージされてきたのが、レイ・ブラッドベリの 『火星年代記』 だったんですよね。
で、ああいう作品に仕上げることができないかと模索をされたのであれば、おそらく、散りばめられた要素が最終巻で一気に集結されて一つの大きな物語を描き出す、というようなことは無いだろうなということは、そこから想像されていたという次第。

コアなSFファンだと技術的なところに突っ込みを入れたくなるかもしれませんが、本作が描こうとしているものが、そういうガチガチの技術的な設定を必要としていない、「様々なことが一変してしまった世界においても営まれる人の日常」というようなところにあるのだとすれば、それ等は些末なことだと言ってしまってもいいのかもしれません。
面白かったです。



タグ :

「交響詩篇 エウレカセブン ハイエボリューション1」

 2017-09-19
週末に公開が始まった映画、『交響詩篇 エウレカセブン ハイエボリューション1』を観てきました。
もともとのTVシリーズは2005年の4月から1年間放送されてたので、今から12年前のことになりますよね。
2009年に公開された、TV版の画像を再編集して全くのアナザーストーリーとして構成した、最初の劇場版、『交響詩篇 エウレカセブン ポケットは虹でいっぱい』 からでも、7年。
その間に、続編である『エウレカセブンAO』が2012年にTVシリーズとして放送されたりもしていますが、仮にそこからカウントを始めても、5年も経過しているわけです。

確かに、TVシリーズはすごく面白い、いい話の傑作ではありました。
とはいえ、このタイミングで、しかも3部作で、なぜ今、『交響詩篇 エウレカセブン』 の劇場版なのか、というのは、疑問があります。
また、4クール、全50話(ここでは敢えて「ニューオーダー」は含めないでおきます)もある物語を3本の劇場版にするのは、新作カットも多く加えるらしいとはいえ、さすがに、ただのダイジェスト版になってしまうのではないか、ということも、疑問です。

つまり、その疑問に対する答えを知りたいという気持ちと、懐かしさに誘われて、映画館へと足を運んだのです。

そしてエンドロールを迎えたわけなのですが……。
なる程。
制作側の思っていることとは違うかもしれませんけれども、完全に一見さんを切り捨てている作りの映画ですね、これは。
映画の構成は、前半が新作部分であり、物語の前段であった 「ファースト・サマー・オブ・ラブ」 の、圧倒的にぐりぐりと動き回る美しくも格好良い戦闘シーンで、後半は、主人公であるレントンが、どうしようもない「ガキ」の状態から、大人へと成長する階段を一歩上りだすところまでを描く、という感じ。
TVシリーズの前半部分を大胆にカット&アレンジして、映画を、「チャールズとレイとレントンの物語」としてまとめあげています。
こう来たか!という感じで、なかなかグッとくるものもあったのですが、それでも、これが、TVシリーズを観たことがないような人には、色々と、「何が何だかさっぱり分からない」というところばかりの、説明不足な作品であることは、残念ながら否めません。
もしかしたら、最初から、そういった説明をする気は無かったのかもしれませんが(それをやっていたら、冗長になる上、筋書きを読み上げるだけの映画になってしまいますし)。

「ちょっと、全面的に肯定することはできない作り方だけれども、個人的には結構好きな映画化」というのが、今の時点での、私の偽らざる感想です。
第2部以降も、必ず観よう、と心に誓うくらいに。

ただ、これ、世間的な評価は、かなり厳しくなるんじゃないかな……。
この構成で行こう、とGoサインを出した人は、自分のセンスが一般とはズレているということを真剣に考えた方がいいかも。いや、私は、こういうのも結構好きですけどね。
第2部以降の制作が凍結される、なんていうことにだけはならないよう、願っています。
第2部と第3部が、どのような物語になるのか、私が密かに期待しているように、「エウレカとレントンの物語」「アネモネとドミニクの物語」になるのかは分かりませんけれど、いいものを観させてくれるのではなかろうか、というこの期待感があるだけに、そこが、心配です。
スタッフロールの後に流れた予告は、あれは果たして冗談なのか、本気なのか……?



タグ :

読書の秋

 2017-09-17
この週末にまとめ買いした本が、下の写真。
……思いっきり趣味にはしてますが、そもそも自分の趣味では無い本まで買うようなことは(それが仕事上もしくは勉強上必要だというのでもない限り)絶対にやらないので、このような趣味的ラインナップになっているのは、むしろ私にとっては、それだけ「こいつは買いたいな」と思う本が多かったということであって、むしろ非常に幸せなことだと言えます。

ちなみに、これ等を買うのには万単位の費用がかかっていますけれど、それ以上の楽しみを与えてくれるのは確定的だと信頼している作家の作品ばかり(ただし、1つだけ、ちょっと毛色の違う、初めて読んでみるものがまじっていますが)です。
つまり、どこから見ても妥当な出費です。
どちらかというと、これ等の読書体験から得られるものを考えれば、いっそ安いくらいかもしれません。

まぁ、例によって、何を、いつ、どのタイミングで読むのかは、まったく未定なのですが……
あまり積読状態で放置することなく、サクッと読み進めていければ、いいなぁ。



タグ :

「マツリカ・マトリョシカ」

 2017-09-16
シリーズ3冊目にして、初の長編となったのが、これまでと少し肌合いを変えて本格推理に寄せてきた、相沢沙呼の『マツリカ・マトリョシカ』。

私があれこれ書くよりも、帯に描かれている粗筋を読んでいただいた方が分かりやすいかなと思ったので、少し長いのですが、引用させてもらいます。

「柴山祐希、高校2年生。彼は学校の近くにある廃墟ビルに棲んでいる、謎の美女・マツリカさんに命じられて、学校の怪談を調査している。ある日、偶然出会った1年生の女子から『開かずの間の胡蝶さん』の怪談を耳にする。2年前、密室状態の第一美術室で起きた、女の子が襲われるという事件。解決されないまま時が過ぎ、柴山の目の前で開かずの扉が開くことになったが、そこには制服を着せられたトルソーが、散らばる蝶の標本と共に転がっていた。現場が誰も出入りできない密室という状況で再び起きた事件。柴山が犯人と疑われる事態になってしまい……。彼はクラスメイトと共に、過去の密室と現在の密室の謎に挑む!!」


殺人は起きていませんが、密室、そして推理合戦という、実に「らしい」ミステリーであり、そしてなかなかに優れた青春小説でもあった本作。
これまでのシリーズ2冊と印象が結構変わっていますが、私としては、それも問題無し。

これを単体で読んでも楽しめるとは思うのですが、できればシリーズを最初から読んでいただいた方が、各キャラクターの関係とか、性格、背景などが分かるので、お薦めです。
ヘタレでありつつ、どこか芯のある主人公に感情移入できるかどうか、という点はあるでしょうし、その太腿へのこだわりの強さにドン引きすることもあるかもしれませんが、面白さは保証します。
今回はそれに加えて、女子制服のプリーツスカートに対するこだわりも明らかになりましたが、その辺がどういうことになっているのかは、読んでみてのお楽しみとしておきましょう。
それを「お楽しみ」と言っている時点で私もどうかしていると思われるかもしれませんが、実はこれ、物語上、意味のあることなのです。本作は推理要素が前面に出ているので、ミステリーのルール違反をしない為にも内容にはほとんど触れずに済ませますけれど、これは、かなり面白い1冊でした。

なお、タイトルには「マトリョシカ」と書かれていますが、これは、シリーズのタイトリングの都合によるものであり、本作において、マトリョシカは出てきません。
そこを期待している人が(そんな人がいるとして)、この感想を読んだ結果本作を手にして、「何だ、マトリョシカが出てこないじゃないか」とがっかりしてしまうと申し訳ないので、最後にその点をお断りさせていただきます。


タグ :

2017年のブエルタが終わりました。

 2017-09-12
2017年のブエルタ・ア・エスパーニャも、先週の日曜日に無事にマドリードのゴールまでたどり着きました。

今大会で総合優勝の赤いジャージ、マイヨ・ロホを獲得したのはチームスカイのクリストファー・フルーム。
7月に開催されたツール・ド・フランスに続いての、グラン・ツール2連続制覇になるわけですが、ブエルタの開催が9月になってから、この形でのダブル・ツールは史上初だとのこと。
同一年に2つのグラン・ツールで総合優勝するダブル・ツール自体が非常に希であり、最大級に難しいと言える中、特に厳しいとされる連続する大会でのダブル・ツールは、改めてフルームの強さ、スカイというチームの強さを見せつける結果となりました。

ちなみに、今回のブエルタを自身の引退レースに選んだトレック・セガフレードのアルベルト・コンタドールは、第3ステージで体調不良により3分以上もタイムを失ったものの、その後コンディションを戻してきてからは毎ステージ、チャンスを作り出して積極的な攻撃に終始し、果敢な攻めの走りを繰り返した結果、総合では5位になっています。
しかし、コンタド-ルについては、それよりなにより、前回のエントリでも書いた、第20ステージの超級山岳アングリル頂上ゴールステージでの走りに尽きるでしょう。
なお、今大会を通してのアグレッシブな走りの結果、コンタドールは総合敢闘賞を受賞しています。
これは、偉大なチャンピオンの引退に花を添える功労賞というようなものではなく、21ステージ3週間を通じての彼の走りが勝ち取った、妥当な、そして正当であって、彼以外の誰がこの賞を手に出来ようか、というような受賞だと言えます。

ポイント賞の緑色のジャージ、マイヨ・プントスは、第20ステージを終了した時点で3位につけていたクイックステップ・フロアーズのマッテオ・トレンティンが獲得に大いに意欲を示いたのですが、フルーム要するチームスカイが、トレンティンのポイント加算許すまじ、という感じで、クイックステップの動きに張り合おうという走りを見せました。
結果、この賞は最終ステージのゴールスプリントに参加して11位にすべりこんだフルームがトレンティンとわずか2ポイント差で手にしたのですけれど、おそらく自分がグラン・ツアーのポイント賞を獲得できる最初にして最後であろうチャンスが目の前にある以上、それに挑戦しないわけにはいかなかった、というフルームのコメントを聞くと、その気持も良く分かるので、これは仕方ないかな、と思います。
クイックステップ・フロアーズというチームで考えれば、トレンティンの4勝だけでなく、イヴ・ランパルトとジュリアン・アラフィリップがそれぞれステージを獲っているので、全21ステージで6勝という圧倒的な成績を残したわけで、ポイント賞は惜しかったけれど、大成功のブエルタだと言えるでしょう。

山岳賞の水玉ジャージ、マイヨ・モンターニャは、総合争いの選手達が山岳ステージの勝負で結果的にポイントを加算して追撃してくるのを、積極的に逃げを打つことでそれ以外の山岳ポイントを稼いで何とかかわしきった、キャノンデール・ドラパックのダヴィデ・ヴィレッラが、見事にその手にしています。

総合、ポイント、山岳の3賞の順位を足した数が一番小さい選手が獲得することになるコンビネーション賞は、毎年、総合首位の選手が結果的に獲るのですが、今年もそのパターンを踏襲する結果、つまりフルームが獲得することになりました。何しろ総合1位、ポイント1位、山岳3位ですから、これはもう、圧倒的です。

チームのセレクションから当初は漏れてしまったものの、チームメイトが直前に負傷してしまったことで、急きょメンバーに選ばれたロット・ソウダルのアダム・ハンセンは、今回も見事にブエルタを完走。
グラン・ツールの連続感想記録を19回に伸ばしています。これで、来年のジロにも出場して完走したら、いよいよ記録は20回という大台に乗るわけですが、さて、どうなるでしょう。


公式サイトはこちらから

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫