「ニルヤの島」

 2017-05-27
以前に読んだ 『クロニスタ 戦争人類学者』 がかなり面白かったので、文庫化もされているデビュー作も読んでみようかと、実在の戦国武将の名をペンネームにした柴田勝家の 『ニルヤの島』 を購入。

個人の人生の全てをログとして記録し再生できる生体受像(ビオヴィス)の発明により、自分という存在が世界から永遠に失われてしまう死というものに対する恐怖が薄れていき、その結果、死後の世界という概念が否定されることになった未来世界。
円環状の大環橋(グレートサーカム)で繋がれた太平洋の諸島国家であるミクロネシア経済連合体(ECM)を訪れた文化人類学者イリアス・ノヴァクは、現地ガイドとして雇用した日系の若者ヒロヤ・オバックの祖父である、死出の船を作る老人と出会います。
バチカンの法王さえも天国の存在を否定した時代において、死した後に人は「ニルヤの島」に行くと訴える「世界最後の宗教」統集派(モデカイト)が勢力を拡大しつつあるECMで、人の生と死、そしてその魂を導く実験とは、いかなるものなのか。
というような話なのですが……

改めてこの紹介文を書く為にストーリーラインを頭の中で整理してみると、わりとシンプルな物語であることに気が付きます。
しかし、実際読んでいる時には色々な要素が錯綜する複雑な話だと感じていたのは、おそらく、前述のノヴァクの他にもスウェーデン人の女性脳科学者ヨハンア・マルムクヴィストが主役となるもの他、全部で4つのエピソードが並行的かつ複層的に、そして時間軸を前後したりしながら綴られるという構造を、本作が持っているから。
もちろん、そうなっているのにはストーリー的な意味でも作品のテーマ的な意味でも必然があるのですけれど、それ故に一読状態では取っ付きにくい、ちょっと難しい物語に感じられてしまったのは、確かなことでしょう。

先に読んだ 『クロニスタ~』 での「自己相」という設定もそうでしたし、人の記憶や意識の外部へのバックアップ、もしくは共有化というのは、柴田勝家という作家が目下追いかけている大きな軸となくテーマなのかもしれませんね。
彼が大学院で研究しているという文化人類学的な要素は、本作では 『クロニスタ~』 より更に色濃くて、それが本作に独特の雰囲気をもたらしています。

ちなみにこの 『ニルヤの島』 は、2014年の第2回ハヤカワSFコンテスト大賞を受賞しており、その際には審査員にかなりの絶賛を受けたそうなのですが、それもなる程なと納得できる、そんな力作でした。



タグ :

「BLAME!」

 2017-05-24
全面的にCGを導入したアニメ作品については、その日本における導入期の違和感の印象が強くて、何となくの苦手意識がありました。
しかし、ここ数年の技術の進歩により、アクションにしても顔の表情や動きにしても、あまり違和感を感じさせないようなものが作られるようにもなってきていますし(それでも、まだ、違和感バリバリの作品はあるのですが……その辺りは、予算の関係もあるのでしょうね)、アレルギー的な拒否感は、かなり薄れてきています。
それでも、実のところ、当初は観に行こうという気がほとんど湧いてこなかった作品が、あります。

それが、弐瓶勉のマンガを劇場作品として仕上げた、『BLAME!』。
SF作品ですし、かなり渋めに、硬派に作られているようですから、好みか好みでないかで言えば、間違いなく私の大好物。
なので、普通であれば間違いなく、確実に、映画館に足を運ぶところなのですけれど、そこで前述のCG作画に対する抵抗感というものが、出てくるわけです。
TVシリーズとして製作された作品をその放送時に、基本、電気代以外はタダである状態で観るのと、出費を伴って映画館まで行く、というのとでは、やはり、事情は違いますからね。

そんな私を、強烈に後押しし、こいつはやはり映画館に行かなければいけないか、と思わせた要素は、大きく2つあります。

1つ目が、早川書房が出した、『BLAME!』のアンソロジー本の存在。
ここには、私がその著作を追いかけている 小川一水 が手掛けた作品が収録されていて、それを読みたい、読もうというのであれば、やはり、原作に対する知識は無ければだめだろうと考えたから。

2つ目が、劇場版のノベライズを、これもまた、私が著作を追いかけている作家である 冲方丁 が手掛けているということ。
ならば、冲方版のノベライズを読んで、それからアンソロジーを読めばそれでOKなのではないか、という考えもあるのですけれども、ノベライズを楽しむ前提に、映画を観ておくことは、必須条件とまではいかないまでも、結構大事なことではないか、と思えたのです。

と、こういうわけで、私は劇場アニメ 『BLAME!』 を観に行くことに決めた次第なのですけれども、この流れで行くのであれば本来ならば、その前に原作マンガを読むべきです。
ただ、それなりのボリュームのある作品ですし、実のところ個人的な事情により、今すぐにそれを読む時間は確保できなさそうであること、そうこうしている内に、映画の公開が始まってしまいそうなことから、ここは敢えて先に映画を観てしまうことに。
せっかくならば音響のいいところで鑑賞したかったので、立川のシネマシティに行ってきました。

増殖する都市、そしてそこから排除される住民、という世界設定は、ついこの間読んでこの「別館」でも紹介したばかりの柞刈湯葉『横浜駅SF』を思い出させますが、時系列的には 『BLAME!』 の方が先に発表されています。
実際、柞刈湯葉自身が『横浜駅SF』について、同作は 『BLAME!』 へのオマージュ、パロディーの色合いが濃い作品であると言及しているので、両者に類似性があって当たり前、と言えますね。
徹底したハードさを描いていた『BLAME!』と、どこかユーモラスだった『横浜駅SF』とでは、受ける印象はかなり違いますけれど。

さて、そんな 『BLAME!』 をジャンル分けするならば、「ディストピアSF」ということになるでしょう。
人類の黄昏、ネット接続機械文明の弱点、などなど、語ろうと思えばかなりのネタを用意できる作品でもありますが、公開が始まったばかりでネタバレは避けたいですし、その辺りの論評は、それを得意としている人に席を譲ります。
1つ言えるのは、全体的にテンションが張り詰めている、シビアな物語の作品であったということ。
逆に、そうやって始終、ギリギリの緊迫感があるが故に、物語の進行がちょっと単調になってしまったところがあるように感じられるのが、いかにももったいないということ。
緩急がつけ切れていない感じ、と書けば、お分かりいただけるでしょうか。
まぁ、気を抜くシーンの入れどころもそんなにありませんでしたし、むしろ構成的にはかなり濃密に詰め込んだ感がありますから、結果、こういう風にしかできない、ということなのかもしれません。
100分程の映画であれば、それでも勢いで突っ走れてしまいますしね。

そういう、ちょっと気になるところはありつつも、これは、かなりの傑作映画だと感じています。
特に、私のようなSF好きには、徹底してツボでありましょう。
上映終了後、即座に原作マンガも読むことを決めましたし、何ならサントラCDも買ってしまおうかというくらいに、気に入りました。

昨年は 『君の名は。』『聲の形』 、そして 『この世界の片隅に』 を始め、アニメ映画がなかなかの豊作でしたけれども、今年もそれに負けず劣らずいい年になるのではないか。
そんなことを、強く感じさせられました。

お勧めの、作品です。



公式サイトはこちらから
タグ :

ベネット!

 2017-05-22
アメリカ西海岸、カリフォルニア州において、7日間にわたって開催された自転車ロードレース、ツール・ド・カリフォルニアがゴールを迎えました。

正直、レースの途中経過を見ている限りだと、ポーラ・ハンスグローエのラファル・マイカが総合優勝を獲得するのではないか、と思っていました。
しかし、いざ終わってみると、総合首位のジャージを表彰台で纏ったのはロットNLユンボのジョージ・ベネット。
マイカは、コンディションのピーキングの問題も現時点では無いわけではないのでしょうけれども、実際、タイムトライアルの走りをもう少しでも改善しなければ、こういうレースでの優勝はまだ難しいということなのでしょうか……。

その他の各賞についても触れておきましょう。

ポーラ・ハンスグローエは総合優勝は逃したものの、ポイント賞は、ペーター・サガンが貫録の獲得。
そして山岳賞はユナイテッドヘルスケアのダニエル・ハラミーリョが熱戦を制し、ヤングライダー賞はディメンションデータのラクラン・モートンが獲得をしています。

中継放送は早朝に行われていましたし、何かと忙しくもあったので、録画したものを 1.5倍速の再生で観るというスタイルがメインとなってしまいましたし、時にはチャプターを飛ばしたりもしていたので、各ステージをきちんと観戦していたとは、お世辞にも言えない状況ではありました。
それでも、要所はしっかりと観ていましたし、結構な面白い大会だったと思います。


公式サイトはこちらから


タグ :

「横浜駅SF」

 2017-05-20
大胆なタイトルが書店で思い切り目を惹いたのが、柞刈湯葉の 『横浜駅SF』。

今でも結構目立つような陳列がされていますが、発売当時、所要があったので立ち寄った横浜駅前の有隣堂では、壁を埋め尽くすようにポスターが貼られていましたし、本書が表紙を向けて平台と壁にズラリと並んでいたものです。
地元プッシュというのが多少あるとしても、作品そのものが面白くなければ、書店員もそこまでのことはやりませんよね。

私にとって横浜駅というのは一時期、数年にわたって日常的に利用していたことがあり、その意味で、個人的にかなり親しみがある駅です。
日本初の鉄道が品川から横浜の間に敷設されたのは1872年のことなのですが、その当時の横浜駅は現在の桜木町駅であり、その後、1915年に高島町駅のところに移転、更に現在地に移動したのは1928年になってから。
それ以来現在に至るまで、常にそのどこかしらで何らかの工事が行われ続けている為に、「日本のサグラダ・ファミリア」だとも称される横浜。
1ヶ所の工事が終わる頃には、別の場所で新しい工事が始まるという繰り返しが続いている為に、もしかしたら永遠に建設中なのではないかとすら思えてしまう。
それこそが横浜駅のアイデンティティーであり、むしろ完成しないことこそが完成形ではないか、というような声まで聞こえてくるくらいです。

その駅名を大胆と題名にいただいた小説で、それも「SF」と堂々と名乗っているのですから、読まずに済ませるという選択肢は無かろうと、書店でこれを発見した時には思ったものです。

工事中であることが完成形である「横浜駅」の姿。
時代の要請に応えて絶えずその姿を変化させていく有様というのは、生物、例えば人間が、酸素や栄養を外部から摂取し、老廃物その他のモノを外部に排出して、常に構成要素の入れ替わりを続けるという流動的な状態を維持することで生きているのと、同じことだと言ってしまえるのではないか。
そんな発想から、まるで生き物が成長するように自己増殖を続けて行く横浜駅の姿を描いた本作。
なかなか刺激的で面白い小説となっていました。



タグ :

同姓同名

 2017-05-18
Amazon を始め、あの手のネット通販会社で、自分の好きな作家やミュージシャンを「お気に入り」に登録しておくと、新作の発売予定などを事前にメール他で通知してくれるというサービスがありますよね。
それは、こちらのチェック漏れをフォローしてくれるというという意味で、わりと役に立つものなのですが、たまに、うざったく感じることが無いわけではありません。
この手のユーザーデータの活用、マーケティングというようなものは、流行ではあるのですが……

時々、なんでそんなものがお知らせされるのか理解不能だったり、明らかにジャンルその他の設定ミスだろうというような、そんなメールが来ることが、ありますよね。

そんな誤送信お知らせメールの1つとして、先日、HMV から次の商品の紹介が届きました(HMV からの通知なのに、Amazon のアフィリエイトなのは、お許しを)。



これがどういうジャンル分けで通知されたのか、もう分かったという人もいらっしゃるかもしれませんね。

そう、TOKIO 関連の新作として、です。

いやいや、いくら著者が 山口達也 という名前だからって、それは無いでしょう。
でも、TOKIO のあの 「棟梁」 山口達也 であれば、一級建築士製図試験に関する本を出したとしても、全く不思議では無いというか、まるで違和感が無いというのが、この話のポイントとなるところ。
違和感、無さすぎです。

腹を抱えて、笑わせてもらいました。

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫