FC2ブログ

「あとは野となれ大和撫子」

 2018-11-17
2017年の第157回直木賞で候補作品となった、宮内悠介の『あとは野となれ大和撫子』を読了。

同じく2012年の第147回直木賞で候補になっていた『盤上の夜』は、結構渋めの内容のSFであり、けれども娯楽要素もしっかり入っていて非常に面白い作品でした。
なので、あちこちで私の信頼している書評家等に大好評となっていた本作にも、大いに期待するのは当然というものといえましょう。
ここでちょっと、出版社である角川書店の作品紹介ページに書かれた粗筋を紹介しましょう。

中央アジアのアラルスタン。ソビエト時代の末期に建てられた沙漠の小国だ。この国では、初代大統領が側室を囲っていた後宮(ハレム)を将来有望な女性たちの高等教育の場に変え、様々な理由で居場所を無くした少女たちが、政治家や外交官を目指して日夜勉学に励んでいた。日本人少女ナツキは両親を紛争で失い、ここに身を寄せる者の一人。後宮の若い衆のリーダーであるアイシャ、姉と慕う面倒見の良いジャミラとともに気楽な日々を送っていたが、現大統領が暗殺され、事態は一変する。国の危機にもかかわらず中枢を担っていた男たちは逃亡し、残されたのは後宮の少女のみ。彼女たちはこの国を―自分たちの居場所を守るため、自ら臨時政府を立ち上げ、「国家をやってみる」べく奮闘するが……!?内紛、外交、宗教対立、テロに陰謀、環境破壊と問題は山積み。それでも、つらい今日を笑い飛ばして、明日へ進み続ける彼女たちが最後に掴み取るものとは―?


実際に読み始める前は、例えば酒見賢一の『後宮小説』(新潮社 新潮文庫)のようなものだったりするのかなぁと勝手に考えていた本作。
読後の感想としては、それは半分くらい当たりでした。

ちなみに本作については、無茶のある設定だとか、ご都合主義的に物語が展開し過ぎるとか、そういう批判をしばしば目にします。
が、娯楽作品としては、これくらいでもまるで構わないのではないでしょうか。
アラルスタンが隣国のエゴに無残に蹂躙されたり、革命勢力が跋扈して主人公たちが酷い目にあったり、無残な死、無慈悲な死が大量に発生したり、というような展開は、例えそれこそがリアルな姿なのだとしても、それをこういう作品に求めようとは、私は思いません。

無論、人の好みはそれぞれなので、自分としてはそういうものをこそ読みたいのだ、という人もいることを否定はしませんけれど。

『あとは野となれ大和撫子』はそういうハードなタイプの小説ではなくて、もっと気楽に、余計なことを深く考えず、頭を空っぽにして、後宮で学ぶ少女達の活躍を素直に楽しむタイプの作品だと思います。
カリカチュアライズしながらも中央アジアの政治的状況を何気にシリアスに盛り込んだりしているので、地に足がついている感もありますし、すっかり楽しませてもらいました。

これは、宮内悠介の他の作品も、もっと色々と読んでみなければならないかな?



タグ :

秋ナスせいろ

 2018-11-15

暦の上では既に11月7日に立冬が過ぎているので、とっくに冬になっていることになるわけですが……
感覚的にはまだまだ秋という感もあるこの頃。

それでも、仕事の方では年末の準備が着々と進んでいたりするわけですから、そういうところで2018年もそろそろ終わりなのかなぁと実感させられたりします。
街も、ハロウィンが終わったと思ったらすぐに、すっかりクリスマス気分になってしまってますし。
そういう意味では秋ではなくて既に師走なのかもしれない、と言ってしまっても過言ではないのかもしれませんね。

……さすがに過言か。

とはいえ気持ちのうえではまだ秋。
で、そんなことが動機になったわけではないのですが、ちょっと思い立って出かけて私の気に入っている蕎麦屋に行ってきました。
写真はそこで食べた「秋ナスせいろ」です。

「秋ナスは嫁に食わすな」ともいいますけれども、あれって、悪い意味と良い意味の2つの解釈がありますよね。
本当のところがどうなのかはともかくとして、私は別に何者の嫁でも無いので遠慮なく秋ナスの天ぷらを満喫させていただきました。
うん、やっぱりこの店の味、好きです。



タグ :

「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」

 2018-11-13
前作がちょっとアレな感じだったので、どうしようかなと迷っていた映画 『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』 を、思い切って観てきました。

……こう来ましたか。

とりあえず、「ハイエボリューション」はTVシリーズの 『交響詩篇エウレカセブン』 や 『エウレカセブンAO』、劇場版の『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』 のどれとも違う作品で、解体&再構成もいいけれど、ちょっとこれは失敗かなと、第1作を観た時には思っていたわけですよ。
しかし、2作目が、これかぁ。
いい意味で予測を裏切られたという感がありますね。

つまり、アレがコレでそうなっているという解釈で、いいのでしょうか。
度肝を抜かれる斬新な展開というわけではありませんが、そういうことであれば、1作目の評価も、また変わってきたりするのかなぁ……?
Blu-ray を買うのはやめていましたけれども、こうあれば、思い切って購入して1作目を再び観てみなければならないかもしれません。

ネタバレをするのは特に避けたいタイプの作品なので、多くを語らないことにします。
ですが、「ハイエボルーション1」を観て失望した人がいたとして、その時の印象のまま本作をスルーするのは、ちょっともったいないかもしれません。
理屈が先に立っているようなセリフ回しもあるので、理解に苦労する部分もあるかもしれませんが……(実際、私もいま一つはっきり理解できていない部分アリ)。

あと、一部、作画のクオリティーにちょっと不満が。
劇場版であり、大きなスクリーンに映し出される作品なのですから、もうちょっと何とかならなかったかな、と感じてしまうところが数ヶ所ありました。
あと、3Dでのキャラクター描写は、やはりちょっと不自然さが残りますね。
出始めの頃から比べれば格段の進歩がみられるとはいえ、ちょっと微妙に思えたシーンがあったのは残念です。

しかし、そういう部分を除けば個人的には満足のいく作品。
こういう展開に持ってきて、完結編であるはずの第3部でどのようなラストに持っていくのか。
俄然、興味が出てきたという感じです。


公式サイトは こちら から

タグ :

「ぬばたまおろち、しらたまおろち」

 2018-11-10
第2回創元ファンタジイ新人賞の優秀賞を受賞したという、白鷺あおい の『ぬばたまおろち、しらたまおろち』(を読了。
筑波大出身だという著者はこの前に別名義で2冊の歌集を出している歌人らしく、1967年の生まれだそうなので2016年に本作で受賞した時の年齢は49歳ということに計算上はなります。
作家デビューとしては遅めですが、まぁ、他にもこんな例は幾つか思い浮かびますし、これくらいはそこまで珍しいことでは無いのかなという気もします。
十代の多感な少女を主人公としたジュヴナイルなファンタジーを書く際にネックとなるかもしれませんが、本作は、まさしくそのジャンルの小説なわけで、そこがどのようにこなされているかを楽しむというのも、少し意地は悪いかもしれませんけれども、読みどころの1つになるのではないでしょうか。

裏表紙にある粗筋を、引用してみましょう。

「両親を失い、叔父の家に引き取られた綾乃。村祭りの夜、サーカスから逃げたアナコンダに襲われた彼女は、危ういところを箒に乗った魔女に助けられる。魔女の正体は、村に来ていた女性民俗学者。怪我を負った綾乃は、救い主の母校で治療を受け、そのまま入学することに。だがそこは、妖怪たちが魔女と一緒に魔法を学ぶ奇妙な学校だった。」


巻末の選評で各選考員が書いているように、基本、本作は「どこかで読んだ」ような要素の積み重ねで成り立っている物語です。
それをどのようにアレンジするかとか、あるいはアレンジとまではいかないまでも組み合わせを工夫してみるか、というところも書き手の腕の見せ所ですが……。
うん、やりたいこと、そして自分の好きなものを詰め込むだけ詰め込んだ上で、ガール・ミーツ・ボーイ的なところに落とし込んだ構成とか、ちょっとみえみえだったけれどもお約束を踏襲したオチとかは良かっです。
しかしながら、主人公が学園に行く経緯に、大いに疑問を覚えてしまい、その違和感が最後まで抜けきれなかったのは、結構なマイナス要素なのではないでしょうか。

そこで学園に行くという展開にならなければ、その後の話が回らないのは分からなくもありませんが、ああいう形での入学にしなければいけない必然性はありません。
何より、どう考えても社会常識的に問題があり過ぎです。
というか、刑法的にも問題があるんじゃないでしょうか、アレ。

オーソドックス過ぎる気はあるものの、まずまず面白いとも言える作品であるだけに、そこがもったいなかったですね。
本作はシリーズ化されて第2巻も出ているので、一応、そちらも読んでみるつもりです。




タグ :

さいクリ2018 の 表彰台

 2018-11-07
今年の さいたまクリテリウム を観戦に行った話は前回のエントリでしましたが、そういえば、写真を何もアップしなかったなと思ったので、改めてここで、レース後の表彰式で撮影したものを掲載します。
これ以外にも、最優秀日本人賞とかヤングライダー賞とか、最優秀日本チーム賞とかもあったのですが、とりあえず、主だったところを。

<総合表彰台>

1位 アレハンドロ・バルバルデ(モヴィスター チーム)
2位 ゲラント・トーマス(チーム スカイ)
3位 新城幸也(ツール・ド・フランス ジャパンチーム)

<スプリント賞>

アレクサンドル・クリストフ(UAE チーム・エミレーツ)

<山岳賞>

ヴィンツェンツォ・ニーバリ(バーレン・メリダ)

<敢闘賞>

マッテオ・トレンティン(ミッチェルトン・スコット)

<チーム賞>

ツール・ド・フランス ジャパンチーム

<スプリントレース勝者>

マルセル・キッテル(カチューシャ・アルペシン)

さいクリ2018 の 表彰台 の続きを読む

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫