FC2ブログ

「青ノ果テ 花巻農芸高校地学部の夏」

 2020-02-22
伊与原新の『青ノ果テ 花巻農芸高校地学部の夏』は、文庫書下ろし作品。
まずは、裏表紙に印刷された粗筋を読んでみてください。

東京から深澤が転校してきて、何もかもおかしくなった。壮多は怪我で『鹿踊り部』のメンバーを外され、幼馴染みの七夏は突然姿を消した。そんな中、壮多は深澤と先輩の三人で宮沢賢治ゆかりの地を巡る自転車旅に出る。花巻から早池峰山、種山高原と走り抜け、三陸を回り岩手山、八幡平へ。僕たちの「答え」はその道の先に見つかるだろうか。「青」のきらめきを一瞬の夏に描く傑作。


つまり、花巻他を舞台に、宮沢賢治をストーリーの軸として描かれる、青春小説です。

このブログだけでなく、「ぱんたれい」の本館を隅から隅までご覧になられている方はご存じでしょうが、私は小さい頃から実家に宮沢賢治全集があり、また、賢治の童話の朗読LPを聞かされて育った関係もあって、結構な賢治ファンです。
自分自身でも ちくま文庫版の全集を揃えてしまっていますし、賢治ネタを絡めた小説や漫画やCDとなれば、それだけで無条件に「買ってみようかな」と思ってしまったりもします。

本作に関しては、それに加えて、私が結構意識していて、その著作は全て揃えていこうかなと思っている伊与原新が作者なのですから、これは、買わないという選択肢は初めから存在しませんよね。

そんなわけで、結構な期待ともに読み始めた『青ノ果テ 花巻農芸高校地学部の夏』。賢治モノというよりは部活モノ、そして青春モノとしての色彩が強いという印象です。
賢治はあくまで、それを語るための題材の1つに過ぎない。
とはいえ、それが悪いというわけではなくて、逆に効果的に賢治要素をストーリーに絡めているため、青春小説としての本作に賢治は不可分にして欠かせないものとなっています。

つまり一言でいうならば、伊与原新、上手いなぁ、ということでしょうか。

「銀河鉄道の夜」とその異稿の相違が物語上の重要な要素になるというのは、最近どこかで読んだなと思ったのですが、山田正紀の『カムパネルラ』がそういう話でしたね。
あちらは歴史改変的なSFでしたので、本作とはジャンルがそもそも異なる、テイストも大きく違う作品ですが。

本作を読んで、花巻その他、作中に出てきた地域への関心が更に増してきてしまいました。
賢治ファンを自任しているにも関わらず、まだ花巻に行ったことが無いという事実に、改めて恥じ入るばかりです。




タグ :

今日からアンダルシアが始まります

 2020-02-19
私が主に自転車ロードレース中継の視聴の為に有料放送の受信契約をしている J-Sports が、2020年に放送する同競技の大会第2弾が、スペインで開催されるブエルタ・ア・アンダルシア。
いよいよ、今日から開幕です。

名前が示している通り、アンダルシア地方を舞台に全5日間の日程で行われるステージ・レースな、このブエルタ・ア・アンダルシア。
中継第1弾のツアー・ダウンアンダーは南半球のオーストラリアで行われたレースでしたから、これが本場ヨーロッパでのレースの今季初の中継放送ということになりますよね。
それもあって、私個人の気分的にはいよいよシーズンが開幕するなという感があります。
実際には、ブエルタ・ア・アンダルシア以前にもシーズン開幕期のレースは、主に南欧でいくつも開催されていて、なかなかの選手たちが出場しているのですけれども、残念ながらそちらは放送がありませんから……

とはいえ、このアンダルシアにも、ビッグネームが多く出場しているのは間違いありませんし、
それぞれが今シーズンで目標としているレースが何なのかによって、現在のコンディションには当然ですが差があるでしょうけれども、どんな感じでシーズンインをしてくるのかを、実際に確認できるのは楽しみです。


公式サイトはこちらから

タグ :

「宝の地図をみつけたら」

 2020-02-15
「宝探し」というのは、ロマンのある響きを感じる言葉です。
しかしながら、小学生がちょっとした遊びでやるのはいいとしても、それなりの大人が本気で人生をかけて取り組むとなると、少々はた迷惑なことにもなったりするものですよね。

後者の場合に追い求めることになるのは、大体の場合が、いわゆる埋蔵金や隠し資金。
代表的なのは江戸城開城時に隠されたと言われる徳川埋蔵金だったり、第二次大戦後に進駐軍が接収した財産を隠しているとされるM資金等が挙げられるでしょうか。
そんな宝探しのうち、山梨県に隠されているとされる武田信玄の埋蔵金を探す大学生を主人公にした作品が、大崎梢の『宝の地図をみつけたら』です。

公式の粗筋を紹介してみましょう。

小学生の頃、祖母からこっそり手に入れた「金塊が眠る幻の村」の地図。それは晶良と伯斗の友情の証、そして秘密の冒険の始まりだった。「探しに行かないか、昔みたいにふたりで」。渋々と宝探しを再開する晶良だったが、直後、伯斗の消息が途絶えてしまう。代わりに“お宝”を狙うヤバイ連中が次々に現れて……! ? 手に汗握る“埋蔵金”ミステリー!


この粗筋から、小学生の頃に知ることになった埋蔵金の情報を追いかけ続けた2人の、インディー・ジョーンズばりの冒険小説、と考えると、それはちょっと違います。
前述の粗筋で言うところの「ヤバイ連中」というのがポイントで、それがあるから、本作は純然たる冒険小説というよりは、どこか犯罪小説的な匂いが漂っているわけですね。

とはいえ本作、アクション小説、サスペンス小説として本作を捉えると、それはそれで不満が出てくるというか、物足りなさを覚えてしまうのも事実。
面白いか面白くないかでいえば間違いなく面白い方に分類されるのですけれども、こういう題材でこういう物語を書くのであれば、もう1つ2つ、何かしらが欲しかったところです。
その方が話に深みや重みが出てきて、作品としてのクオリティーがグッと上がっただろうにと思うんですよね。

ただ、この辺は難しいところもあって、今のレベルで書かれているからこそ、本作が読みやすい……という言い方はちょっと違うかもしれないので、娯楽作品として、という表現を使ってもいいかもしれませんが、要するに、普段そんなに小説を読んでいないような人にもすんなりと読める一般性のある作品になっているという側面もあるでしょう。
であれば、サスペンス小説とか犯罪小説としての完成度を高める方向を推し進めるのも、それはそれでどうなんだろうという考えも成り立つわけです。
幻冬舎としては、そして大崎梢としては、そこを承知していて敢えてこれくらいの「濃さ」で物語を収めているのかもしれません。
とどのつまり、私がここで書いているのは私個人の勝手な好みの話に過ぎないわけですしね。




タグ :

これも1つの風物詩ですね

 2020-02-13
先日、ちょっとした用事で某税務署に昼頃に行ったところ、そこにはかなり多くの人が押しかけていて、大混雑となっていました。
その税務署が急に観光名所になったとか、そういうことではなくて、当たり前ですけれども、それは確定申告をしに押し掛けた人達だったわけですが……
毎年、この時期はいつもこんな感じでしたね、そういえば。
「名物」とまで言ってはさすがに過言でしょうけれども、日本の春の、一種の風物詩、季節の移ろいを伝える兆しの1つかもしれません。
こんなもので、季節を感じたくない?
それはそれで、ごもっとも。

そして、季節の風物詩と言えば、スギ花粉の飛散開始も、そろそろでしょうか。
以前に比べれば、ここ数年は症状も少し軽くなっていますし、アレグラとか、その辺りの薬がドラッグストアで市販されるようにもなって、最近は耳鼻科にも行かなくなっていますが、それは花粉症が治った、無くなった、ということを意味するわけではありません。
そもそも、花粉症って、完治するようなものではないですよね。
新型コロナ肺炎の影響で、マスクが欠品しているというような話もあって、花粉症患者には例年以上に厳しい状況ではあるのですが、これはもう、致し方ないと思って、ここ1ヶ月半~2ヶ月くらいを凌ぎ切るしかありません。


タグ :

CYNDI LAUPER 「Girls Just Want To Have Fun」他

 2020-02-11
CYNDI LAUPER の楽曲を初めて聴いたのは、おそらくTVKが放送していた洋楽のPVを流す番組でのこと。
何気に眺めていた画面から流れてきた「Girls Just Want To Have Fun」に、えらい派手な格好の女性がポップでキャッチーな曲を歌っているなと思い、一発でその存在が脳に刷り込まれました。
インパクトのある出会いだったと言っていいでしょう。
まぁ、何もそれは CYNDI LAUPER に限った話では無くて、私が所有し、アルバムを集めているミュージシャンであれば、その出会いは大概、インパクトが大いにあるのですけれど。





この時期に出会って、しかし当時は財力が無かったのでアルバム等を手元にすることができず、後になってから揃えたミュージシャンは多いです。
例えば、前回に紹介した DURAN DURAN 等もそうですね。
他にどんなものがあるか、というのは、挙げていくとキリがないのでやめておきますけれど。
なお、そのミュージシャンにより、実際に音源を手元にすることになった時期には、大学時代のアルバイト収入で買ったのか、就職してから買ったのか、そこに色々と違いはあります。
確か、CYNDI LAUPER は就職後だったはず。

なお、「Girls Just Want To Have Fun」で存在を認識した後には、「Time After Time」や「True Colors」といったバラードの傑作がリリースされて、それを聴いて「これは本物だ」と私は確信するに至ったのですが……
同じく初期の、私も好きな「She Bop」と一緒に貼っておきます。

その後の彼女の活躍等は、ここでわざわざ書かずともいいでしょう。
キラキラ輝き続けるポップスを送り続けている、素晴らしいミュージシャンです。







今回は私が彼女にハマることになった最初期の楽曲を紹介しましたが、それだけだと寂しいので、最後に、比較的最近の(といっても、2008年の作品ですが)楽曲を貼って、終わりたいと思います。
ベスト盤から入るのでも全然かまわないと思いますので、今まで CYNDI LAUPER を聴いたことが無い、あるいは、改めてちゃんとした音源を聴いていないという人は、ぜひ一度、試しに聴いてみてください。
凄く、いいですよ。





タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫